iPhoneを持って飛行機に乗る:機内モード・充電・ネット接続

ここでは、飛行機のなかで充電・ネット接続する方法、機内モードの設定方法を解説します。
iPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法全般については下記で解説しています。合わせてご参照ください。

空港の保安検査を通る

国内線
iPod/iPad/iPhoneやヘッドホンの旅客機への持ち込みは、デジカメやゲーム機などの電子機器に準じます。 空港では、搭乗前の手荷物検査でiPod/iPad/iPhoneを衣服や鞄から出し、X線検査装置に通してください。
国際線
通常、国内線と同様の扱いで持ち込みが可能です。 ただし、機内への持ち込み制限品の指定・扱いは、各エアライン会社によって異なっています。 詳細については、出発前に、ご利用になるエアライン会社のホームページや問い合わせ窓口で確認することをお勧めします。

「機内モード」の設定/電子機器の使用ルール

携帯電話やBluetoothなど無線式のヘッドフォン、通信対戦機能のあるゲーム機など、電波を発する機器は、基本的には飛行機では使用できません。 飛行機に搭乗する前に、[機内モード]をオンにする必要があります。
iPhone 設定(設定)-(機内モード)を タッチパネル:ON(オン)にします。 画面左上の携帯キャリア名の表示が消え、代わりに (飛行機アイコン)が現れます。 これで携帯電話や無線LAN、GPS、Bluetoothなど、iPod/iPad/iPhoneが搭載するすべての無線通信機能が停止されます。
iPhone Apple Watchを使うと、iPhoneとApple Watchを同時に機内モードに入れることができます。
ペアリングしたiPhoneで (Watch)-[マイウオッチ]-[機内モード]で「iPhoneを反映」を タッチパネル:ON(オン)にしておくと、 Apple Watch/iPhoneのいずれか一方で「機内モード」を タッチパネル:ON(オン) に設定すると、もう一方も「機内モード」が タッチパネル:ON(オン) になります。 ただし「機内モード」を タッチパネル:OFF(オフ) にするには双方それぞれを操作する必要があります。

旅客機内での電子機器の使用の緩和


2013年11月に、FAA(米国連邦航空局)は、旅客機内での電子機器の使用の緩和を発表しました。 また、これを受けて国土交通省も2014年9月1日から制限を緩和すると発表しました。 今まで禁止されていた、タクシー(地上走行)中、離着陸時の機内でも、「機内モード」にしていれば、iPod/iPad/iPhoneなどの電子機器の使用が許可される場合があります。 さらに「区分1」に分類される最近の大型旅客機では機内でBluetoothヘッドフォンなど無線機能も使用可能となります。 出発前に、ご利用のエアラインのWebサイトなどで条件を権確認ください。

機内で充電する

iPhone 最近の国際線旅客機の多くは、シートの下の支柱や、肘掛けの裏などにACコンセントやUSBコネクタが設置されています。 席に着いたらあちこち探してみましょう。 海外対応のACアダプタUSB充電ケーブルを持ちこめば、機内でiPod/iPad/iPhoneの充電が可能です。
なお、旅客機のUSBコネクタに接続すると「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示されるので「信頼」をタップします(iOS7以降)。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。

機内でネット接続する

iPhone 最近のエアラインのいくつかは、飛行中の機内で無線LANサービスを提供しています。 有料で、まだ安くはありませんが、どうしてもデータ通信したいときには試して下さい。
「機内モード」を「オン」にしたあと、 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]を タッチパネル:ON(オン)にして Safari を起動します。任意のWebサイトを閲覧しようとすると、無線LANサービスの利用方法/支払い方法などを説明する画面が表示されます。 画面の指示に従い、手続きして下さい。
このほかのiPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法については、こちらをご覧ください。