iPhoneの時間帯を旅行先現地時間に変更する

ここでは、iPhoneの時間帯を旅行先現地時間に変更する方法を解説します。
iPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法全般については下記で解説しています。合わせてご参照ください。
iPhone 時間帯の設定は設定-[一般]-[日付と時刻]メニューで行います。
ここで「自動設定」をオンにしておくと、現地キャリアに接続したときに、現地時刻に自動的に調整されます。
現地到着前に現地時間に合わせたい時には、 「自動設定」をタッチパネル:OFF(オフ)にし、現れる「時間帯」をタップします。
なお、iOS5以前のiPad(Wi-Fi)/iPod touchには「自動設定」はありません。必ず「時間帯」をタップして手動で設定する必要があります。
iPhone 「時間帯」をタップすると地名の入力画面になります。 キーボードから目的地の地名(の一部)を入力し、表示された選択肢から目的の地名をタップすればOKです。 もし、目的の都市名が登録されていなかったときは、同じタイムゾーンの、より大きな都市名を指定してください。 (例:サイパンの場合はグァムを選択)
また、カレンダーに入力した予定を、旅行先の現地時刻で見たい場合は、 設定-設定[メール/連絡先/カレンダー]画面で、 「カレンダー」の「時間帯を指定」を切り替えます。 詳しくは下記をご覧ください。
iPhone また「時計」機能を使って、複数の都市の時間を同時に見ることもできます。
「時計」機能の詳しい使い方は 時計の使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
  • 世界時計

    iPhone

    Alarm Clock Company 旅行 170円

    世界の今の時間だけでなく、「この都市が○日の○時の時、あの都市は何日の何時?」が指のスライド一つで一発で分かる世界時計アプリです。 海外旅行や海外とのビジネスに携わる人は必携かも。

このほかのiPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法については、こちらをご覧ください。