iPhoneの海外からのインターネット:データ通信

ここでは、海外からインターネット:データ通信をする方法を解説します。
iPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法全般については下記で解説しています。合わせてご参照ください。

海外でのデータ通信

サファリ、Eメール、マップなど、インターネットに接続するアプリを使用するには、音声通話とは別に、データ通信の手段を準備する必要があります。
もっとも簡単なのが、現地の携帯キャリア経由でデータ通信を行う「データローミング」サービスの利用です。
しかしデータローミングの通信料金は高額です。データローミングを有効にするのは、必要なときだけにしましょう。 また、インターネットの使用を終えたらすぐデータローミングを切るようにしましょう。 より安くデータ通信するために、次のようなサービスもあります。

海外データローミングの定額制サービス

各携帯キャリアでは、海外データローミングの定額制サービスを実施しています(2010年7月より)。 これを利用すれば、1日1,980円(動画再生など、一定量を超えた場合は2,980円)で海外データローミングが使い放題となります。 使用できる国と地域、現地携帯キャリアに制限がありますが、このサービスが使える地域に行く人は、利用を考えても良いと思います。 利用方法は簡単、現地でデータローミング使用時に、定額制サービスに対応したキャリア(定額対象事業者)を選択するだけです。 海外ローミングの定額制サービスは、ソフトバンクモバイルでは「海外パケットし放題」、au/KDDIでは「海外ダブル定額」、NTT docomoでは「海外パケ・ホーダイ/海外1dayパケ」と呼んでいます。
データローミングの設定方法についてはデータローミングの利用方法のページをご覧ください。
なお、一般的に格安SIMには定額制データローミングサービスはありません。

空港やホテルの無線LANの利用

多くの空港や都市部のホテル、観光スポットなどにはWi-Fi無線LANアクセスポイントが設けられています。 成田空港/羽田空港など、最近では無料でWi-Fiをサービスする空港、ホテルも増えてきました。 Wi-Fi無線LANアクセスポイントが使える場合は、こちらを使うのも良いでしょう。 ただし、ホテルなどの公衆Wi-Fiサービスにはセキュリティの問題がある場合もあります。 VPNサービスを使ってセキュリティを強化したり、不明なソフトのインストールを要求された場合はキャンセルするなど、自衛しましょう。

ポータブルWi-Fiルーターの利用

現地の携帯電話ネットワークを使ってデータ通信ができる「ポータブルWi-Fiルーター」のレンタルサービスがあります。 これを借りていけば、一日500~1,000円のレンタル代だけで、iPhoneやiPadなど複数の機器でいつでもどこでもデータ通信が利用できます。 空港で受け取り・返却も可能。とても便利です。
また、自分でSIMフリーのポータブルWi-Fiルーターを購入し、これに現地携帯キャリアのプリペイドSIMカードをセットすれば、国内料金並でデータ通信が利用できます。 現地の携帯ショップで契約する時間と語学力がある場合は、この方法もお勧めです。
海外用ルータレンタルサービス
企業Webサイト
グローバルWiFi / VISION MOBILE http://townwifi.com/
Wi-Ho (テレコムスクエア) https://www.wi-ho.net/
http://www.telecomsquare .co.jp/
JAL ABC http://www.jalabc.com /wifi-smt /index.html
エクスモバイル http://www.wifi-park.com/
価格.comの海外Wi-Fiレンタル価格比較 http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/

SIMフリーiPad/iPhoneの利用

SIMフリーiPad/iPhoneと、現地もしくは国内で買えるプリペイドSIMを使えば、現地の通信代で通信することができます。 初期費用がかかりますが、海外に訪れる機会の多い人にとっては割安です。 詳しくは下記をご覧ください。
このほかのiPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法については、こちらをご覧ください。