海外のイベントを現地時間で登録する:カレンダーの使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneのカレンダーに海外のイベントを現地時間で登録する:カレンダーの使い方方法を紹介します。 なお、カレンダーの使い方全般についてはカレンダーの使い方をご覧ください。
予定を現地時刻で入力する
iPhone イベントの「開始」「終了」時間を入力する時、その下の「時間帯」をタップすると、タイムゾーン(地域)を指定することができます。 海外の渡航先のイベントを入力するときは、「開始」「終了」の時間は現地時間で入力し、「時間帯」にはそのイベントが実施される地域名を入力すればOKです。
海外へのフライトを現地時刻で入力する
「開始」「終了」時刻それぞれに個別のタイムゾーン(地域)を指定することもできます。 たとえば日本から海外へのフライトを登録するときは、 「開始」の時刻は日本時間で入力し、その「時間帯」を日本(東京)に、 「終了」の時刻は現地時間で入力し、その「時間帯」を現地のタイムゾーンに、 指定すればOKです。
予定を現地時刻で見る
iPhone カレンダーに入力した予定を、旅行先の現地時刻で見たい場合は、 設定-設定[メール/連絡先/カレンダー]画面で、 「カレンダー」の「時間帯を指定」画面を開きます。 そして「時間帯を指定」を タッチパネル:ON(オン) にし、「時間帯」をタップしてタイムゾーンを指定します。
iPhone タイムゾーンを指定し終わったら、一旦 Appスイッチャー でカレンダーアプリを終了させて、再度カレンダーアプリを起動すると、表示時刻が指定したタイムゾーンに切り替わります。
帰国したら「時間帯を指定」を タッチパネル:OFF(オフ) に戻すのを忘れないようにしましょう。

もっとカレンダーのことを知りたい