iPhoneの海外データローミングの利用方法

ここでは、海外データローミングの利用方法を解説します。
iPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法全般については下記で解説しています。合わせてご参照ください。

データローミングの利用方法

iPhone 海外に到着して、現地の携帯キャリアに接続しても、データローミングが無効になっていると、使用できるのは音声通話とSMSのみです。 サファリ、Eメール、マップなど、インターネットに接続するアプリを起動すると「データローミングがオフです」と表示されて接続できません。 しかしデータローミングの通信料金は高額です。データローミングを有効にするのは、必要なときだけにしましょう。 また、インターネットの使用を終えたらすぐデータローミングを切るようにしましょう。
インターネットに接続する:海外でのデータ通信のページで、より安くデータ通信する方法を紹介していますので、併せてご覧ください。
iPhone データローミングを有効にする前に一つTipsを。
パケット通信の使用量が気になるときは、 設定- モバイルデータ通信(モバイルデータ通信)画面で、 今までのデータローミングの使用量を知ることができます。
データローミングを有効にする前に、この画面の一番下にある「統計情報のリセット」をタップしておくと、 その後のデータローミングの使用量が「現在までのローミング合計」欄に累積表示されます。
iPhone 渡航先が海外ローミングの定額制サービス対象の国なら、データローミングを有効にする前に、定額制サービス対象となるキャリアに切り替えましょう。
自動的に定額制サービス対象となるキャリアに接続した場合には、メッセージにSMSメッセージが届きます。
しかし電波状況が悪いところに行くと、定額制サービス対象外のキャリアに切り替わってしまうときがあります。 手動設定を行うのが確実です。
SoftbankMobile
ソフトバンクモバイルの場合
iPhone iPhone キャリアの切り替えは設定-[キャリア]メニューから、「海外パケットし放題」が適用されるキャリア名を選ぶだけです。 出発前に、ソフトバンクモバイルのwebサイトで定額制サービス対象キャリアを確認しておきましょう。
つづいてデータローミングを有効にしてみましょう。
設定- モバイルデータ通信(モバイルデータ通信)で、 「データローミング」を タッチパネル:ON(オン)にしてください。
これでサファリ、Eメール、マップ、天気予報など、国内と同様にすべてのデータ通信が使用できます。
注意:4G回線のローミングを実施していない地域では「4Gをオンにする」を タッチパネル:OFF(オフ)にしないとローミングが利用できないことがあります。
SoftbankMobile
NTT docomoの場合
iPhone iPhone キャリアの切り替えは設定-[キャリア]メニューから、「海外パケ・ホーダイ」が適用されるキャリア名を選ぶだけです。 出発前に、NTT docomoのwebサイトで定額制サービス対象キャリアを確認しておきましょう。
つづいてデータローミングを有効にしてみましょう。
設定- モバイルデータ通信(モバイルデータ通信)で、 「データローミング」を タッチパネル:ON(オン)にしてください。
これでサファリ、Eメール、マップ、天気予報など、国内と同様にすべてのデータ通信が使用できます。
注意:LTE回線のローミングを実施していない地域では「LTE回線を使用」を タッチパネル:OFF(オフ)にしないとローミングが利用できないことがあります。
au/KDDI
au/KDDIの場合
iPhone iPhone まず 設定- モバイルデータ通信(モバイルデータ通信)で、 ここで「データローミング」を「オン」に、「グローバルCDMA」を「オフ」にします。
つづいて 設定-[キャリア]メニューから、「海外ダブル定額」が適用されるキャリア名を選びます。 出発前に、au/KDDIのwebサイトで定額制サービス対象キャリアを確認しておきましょう。
これでサファリ、Eメール、マップ、天気予報など、国内と同様にすべてのデータ通信が使用できます。
iPhone 早速マップ機能でナビゲーション。見知らぬ土地でもこの通り、瞬時に現在地が表示されます。 ちなみにマップ1画面ナビゲーションするのに約150KB程度のデータ通信が発生します。
海外ローミングの定額制サービス対象でない国の場合は、メール/ウェブのデータローミングは1KBあたり2円程度の場合が多いようです。 150KBだと300円程度でしょうか。
海外ローミングの定額制サービスの場合は一日1,980円(動画再生など、一定量を超えた場合は2,980円)で使い放題ですが、課金は日本時間の0時を基準に行われます。現地時間ではないので注意してください。
データ通信を終えたら、すぐにデータローミングを無効にしておいてください。
このほかのiPhoneを飛行機・海外旅行で使用する方法については、こちらをご覧ください。