「メール」アプリの基本:メールを書く・引用する

メールの作成と送信

iPad iPhone ホーム画面からEメールのアイコン E-mail をタップしましょう。 Eメールが起動すると、自動的にサーバーに接続して、新着メール一覧がダウンロードされます。
どの画面からでも(編集)をタップすると、 このような新規メール作成画面になります。
送信時に付く著名(シグネチャ)は、 Settings(設定)- E-mail(メール) -[著名]で設定します。 初期値は「iPhoneから送信」/「iPodから送信」/「iPadから送信」となっています。 ここに「◉(まる)」「⌘(こまんど)」などの特殊文字を入れておくと、文字化けを防ぐことができます。 詳しくはiPhoneからのメールが文字化けするをご覧ください。
iPad iPhone まずは「宛先」欄をタップして送付先メールアドレスを入力します。 「宛先」欄の右端の (プラス)マークをタップすると、このような画面になります。 連絡帳からメールアドレスを指定することができます。 メールアドレスが登録されていない人は、文字がグレーアウトして選択できなくなっています。
iPad iPhone つづいて「件名」欄をタップしてメールのタイトルを入力します。 「件名」欄の右端に現れるをタップすると、このメールスレッドに返信があった時に「自分に通知」するよう設定できます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。 キーボードが不要となるくらいの高い認識率です。
をタップするとキーボードが [日本語フルキーボード]-[テンキー(携帯タイプ)]-[英語フルキーボード]と切り替えられます。
キーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPad iPhone 最後に本文の入力エリアをタップして、メール本文を入力します。 すべて入力し終わったら、画面右上の「送信」ボタンをタップすると送信されます。
ここでもスペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
メモ帳やブラウザの画面などから、文字や写真をメール本文にコピー/ペーストすることも可能です。 クリップボードの使い方(コピー/ペーストの方法)は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
「差出人」欄をタップすると、送信に使用するあなたのアドレスを切り替えることができます。
iPad iPhone 入力途中で画面左上の「キャンセル」をタップすると、このようになります。 ここで「下書きを保存」をタップすると、「下書き」フォルダに保存されます。 あとから続きを編集することができます。

他のメールからの本文引用

iPad iPhone 他のメールから本文を引用してメールを作ることができます(iOS8以降)。 メール作成中に画面を上から下に向かってフリックすると、図のように作成中のメールが画面下に移動し、メール一覧から、ほかのメールを見ることができます。
ほかのメールの本文などから「コピー&ペースト」することが可能です。 「コピー&ペースト」のやり方については文字入力の方法/キーボードの使い方をご覧ください。

もっとメールアプリのことを知りたい