Appleを騙るフィッシングメールの例

最近、iPhoneの世界的な人気を受け、Apple IDが乗っ取られたり不正使用される事件が多発しています。 フィッシングメールには十分注意しましょう。
これは2015年07月30日に実際に当サイトに届いた、Appleを騙るフィッシングメールです。 タイトルは「Important notice : Your iTunes account will be limited (重要なお知らせ:あなたのiTunesアカウントは制限されます) 」となっています。 しかし本文中には、具体的にiTunesアカウントが、なぜ、そしてどのように制限されるかが書かれていません。 また「Visit the My Apple ID website」と書かれたリンク先は、 本来の「My Apple ID」のURL:https://appleid.apple.com/jp/とは全く異なる、IPアドレス直打ちの8.36.47.59から始まるアドレスになっています。 また、差出人メールアドレスも、名称は「Apple」ですがドメイン名が「appleemail.com」とアヤシサ爆発のアドレス。
iPod/iPad/iPhoneで メールの差出人アドレスを確認するには、差出人名をタップします。 またリンク先のURLを表示するには、そのリンクを長押しします。
おそらく、このメール中のリンクをクリックすると、本物そっくりのニセ「My Apple ID」サイトでパスワードを搾取されるか、 あるいはウイルスやマルウェアが仕掛けられたページに飛ばされるのでしょう。 このようなメールが届いたときは、本文中のリンクはクリックせずに、正規の「My Apple ID」にログインしてみて、本当のアップルからの通知などがないか確かめましょう。 なお、当サイトでは下記にApple IDのセキュリティ対策を掲載しています。 併せてご参照ください。