キーボード使い方の基本

ここでは、ソフトウェアキーボードの操作方法のうち、特にキーボード使い方の基本をまとめました。 下記も併せてご覧ください。

音声入力(Dictation)

iOSでは、文字の音声入力ができます。 非常に高い認識率で、固有名詞以外は、ほぼ正確に話した言葉が文章に書き起こされていきます。 一度使い始めると、キーボードから文字を入力するのがバカバカしくなるくらいの便利さ。 これなら、歩きながらメールを打つのも簡単ですね。
なお、音声入力が使えるのはiOS5.0以降。また日本語はiOS5.1以降。対象機種はiPhone 4S以降、第三世代iPad以降、第五世代ipod touch以降です。
この機能を使用するには、事前に (設定)-(一般)-(Siri)を「オン」に、 または (設定)-(一般)-[キーボード]-[音声入力]を「オン」に(Siri非対応モデル) する必要があります。
iPad iPhone 音声入力が有効になると、スペースキーの左に (マイク)キーが現れます。 これをタップするとこのような画面になるので、マイクに向かって話しかけます。
をタップすると音声入力完了。
をタップすると入力言語の切り替え。
をタップするとキーボード入力に戻ります。
特に、日本語を音声入力するときには入力言語を日本語に、英語や外来語を音声入力するときには入力言語を英語に切り替えて下さい。 これをやらないと認識率が低下します。

日本語キーボード(携帯タイプ)の使い方

iPhone 「日本語-かな」キーボードを選ぶとこのような画面になります。 日本の携帯電話でおなじみの、テンキーを使ってカナを入力するタイプです。 「あ」をタップする度に、「い」、「う」、「え」、「お」と入力文字が変化していきます。
をタップすると、逆に「お」、「え」、「う」と戻っていきます。
をタップすると、現在の文字選択を決定し、次の文字入力へと進みます。 「ああっ!」のように、同じ文字を続けて入力したいときに使います。
入力中もどんどん変換候補が表示されていくので、これをタップすればより早くタイプできます。
変換候補は、「ユーザー辞書」機能を使って自分で登録することも可能です(iOS4以降)。 詳しくは、かな漢字変換とユーザー辞書の使い方をご覧下さい。
iPhone 特定のキーを長押しすると、そのまわりに、図のように文字が展開します。 これらの文字をタップして入力することもできます。
iPhone フリック入力
さらに、特定のキーをフリックすると、まわりに展開されるはずの文字を直接入力することも可能です。 たとえば「あ」のキーを上方向にフリックすると、「う」が入力されます。 これをフリック入力と言います。
この入力方法をマスターすることにより、ボタン式の携帯電話より早く文字を入力することができます。
iPhone 顔文字の選択
日本語変換中でないときには、キーボードの左下にある ボタンが に変ります。 これをタップすると顔文字を選択することが出来ます。 (iOS4以降)

日本語キーボード(ローマ字)の使い方

iPad iPhone 「日本語-ローマ字」キーボードを選ぶとこのような画面になります。 パソコンなどでおなじみのQWERTYキーボードです。
改行キーの表示が[改行]/[確定]などと日本語表記となっているときは「日本語-ローマ字」です。 改行キーは、キーボードを使用している画面によって表示が変化します。
なお、iPadの場合はノートパソコンの物理キーボード並のサイズがあるので、入力は快適です。
iPad 横長キーボード
対応しているアプリケーションでは、本体を横長にすると、横長キーボードで文字の入力ができます。 メール、サファリ、SMS/MMS、メモ、連絡先、株価、iPodアプリ等で使用可能です。 (iPhone OS 3.0以降)

英語キーボードの使い方

iPad 各種サービスのログイン画面や、パスワードの入力など、半角英数字を入力するには「英語(日本)」または「英語(アメリカ合衆国)」キーボードを使います。 改行キーの表示が[return]などと英語表記となっているときは英語キーボードです。
iPad 入力の予測機能(QuickType)
iOS8から「英語キーボード」にも日本語のような「予測」入力機能が搭載されました。 これが有効になっていると、キーボードのすぐ上に、候補が次々と表示されます。
表示される候補をタップすればそれが選択されます。 強調表示されている候補を選択するには[Space]か[.]をタップしてもOKです。 キーを長押しすると表示されるメニューで、素早く「予測」をオン/オフできます。
iPad 英語キーボードでは、特定のキーを長押ししていると、特殊記号付きの文字が候補に表示されます。 英語以外の言語も入力できます。
また、大文字を入力したいときは、その直前に Shiftキーをタップします。 すると、この次に入力する1文字が「大文字」になります。 Shiftキーをタップし、そのまま指をずらして目的の文字に移動して指を離す、でもOKです。
大文字を連続して入力することが多い場合は ShiftキーのダブルタップでCaps Lock(大文字に固定)に切り替えることも可能です。 「キーボードの特殊機能の設定」で、この機能をオンにすることができます。
iPad 数字キーボード
キーをタップすると、数字キーボードになります。
iPad 記号キーボード
数字キーボードが表示されているときに、 キーをタップすると、記号キーボードになります。
キーをタップすると、アルファベットキーボードに戻ります。
iPad 自動修正とスペルチェック
英語キーボードには自動修正とスペルチェック機能があります。 これらは「キーボードの特殊機能の設定」で、機能のオン/オフができます。
自動修正」と「予測」がともにオンになっていると、 このように予測欄に青字で候補が表示されます。 そのまま入力をつづけると、表示された候補がそのまま採用されます。
日本のユーザーは英語キーボードをID、パスワードの入力などにしか使用しない場合がほとんどです。 この場合、自動修正機能が邪魔になることがあります。 「キーボードの特殊機能の設定」で、機能をオフにしても良いでしょう。
iPad 自動修正」がオン、「予測」がオフになっていると、 このように間違った綴りの下に候補が表示されます。
候補を無視するときは、そのまま入力をつづけます。
ここで候補をタップするか、スペース、句読点、リターンのいずれかを入力すると、表示された候補がそのまま採用されます。
iPad スペルチェック」がオン(ただし自動修正はオフ)、 または「予測」と「自動修正」がオンになっていると、 間違った綴りの下に点線が表示されます。
iPad 指摘された綴りをタップすると、候補が表示されます。候補をタップすると、間違った綴りが候補に置き換わります。

もっと文字入力の方法/キーボードの使い方を知りたい