かな漢字変換とユーザー辞書の使い方

ここでは、ソフトウェアキーボードの操作方法のうち、特にかな漢字変換とユーザー辞書の使い方をまとめました。 下記も併せてご覧ください。

かな漢字変換の使い方

iPhone 日本語キーボード(携帯タイプ)、 または日本語キーボード(ローマ字)で文字列を入力すると、次々と変換候補が表示されます。 この変換候補を直接タップして、単語を選ぶことができます。 また、変換候補の表示部分を左右にフリックすると、他の候補を呼び出すこともできます。
変換候補は、「ユーザー辞書」機能を使って自分で登録することも可能です。 詳しくは下記のユーザー辞書を編集をご覧下さい。(iOS4以降)
iPhone 変換候補の選択
変換候補の右端の をタップすると、変換候補が画面いっぱいにリスト表示されます。 このなかから候補をタップすると選択されます。
iPhone 変換候補欄を上下にフリック/ドラッグするとキーボードが隠れ、さらに候補をたくさん表示させることができます。
画面下部の「読み」をタップすると音読み別に、「部首」をタップすると部首別に候補が分類表示されます。 候補が多いときは、これらの分類方法を切り替えることにより、正しい候補がより見つけやすくなります。
iPhone 変換範囲の変更
変換中に文字列をしばらく押さえていると、このような画面になります。 カーソルを左右にドラッグすると、変換範囲(文節)を変更することができます。 (iPhone OS 3.0以降)
iPhone 学習結果のリセット
変換結果は学習され、つぎに同じ変換を行うと自動的に最初の候補として過去の変換結果が表示されます。 しかし、間違った変換を学習してしまったり、二度と使わないような変換が学習されて、かえって不便になることもあります。 そんなときは、 設定(設定)-[一般]-[リセット]の画面で「キーボードの変換学習をリセット」をタップします。

内蔵無料辞書を使う

iPod/iPad/iPhoneには、国語辞典、英和・和英・英英、その他多くの言語の無料の辞書が搭載されています(iOS10以降)。 Safari、メール、メモ、その他多くのアプリで辞書が使用できます。

ユーザー辞書を編集

iPad Settings(設定)の[一般]-[キーボード]に「ユーザー辞書」欄があります。 任意の「単語」とその「よみ」のペアを登録することができます。 図のようにiOSの隠し絵文字(アップルマークなど)を登録しておくのにも便利です。
ここで、右上の「+」をタップすると・・・
iPad 新しい「単語」とその「よみ」のペアを登録することができます。 変換に苦労する固有名詞などを登録しておきましょう。
iCloudドライブ、またはiCloudの「書類とデータ」がオンになっていると、同じApple IDでiCloudにサインインしているデバイス間で、ユーザー辞書が共有されます。
なお、「よみ」に (BLACK SMILING FACE)を指定すると、その単語は ボタンから呼び出す顔文字一覧に追加されます。 複雑な顔文字を登録しておくのに良いですね。

もっと文字入力の方法/キーボードの使い方を知りたい