マップ(地図)で場所を探す・印刷する・保存する/「よく使う項目」の使い方

マップで任意の場所や施設を探し、それを印刷したり、友達に送ったり、「よく使う項目」というリストに保存したりできます。 「よく使う項目」に保存した場所は、あとからいつでもすぐに呼び出せます。
なお、マップ(地図)アプリの使い方全般についてはマップ(地図)アプリの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。

場所を探す

iPad iPhone マップ(地図)アプリ画面上部の の部分(検索ボックス)をタップすると、検索ワードの入力画面になります。
検索ボックスに住所、地名や施設名、あるいは「レストラン」「本屋」「コンビニ」「イタリアン」「中華」などのキーワードを入力するだけで、その場所が表示されます。
検索ボックスをタップすると、「買い物」「遊ぶ」などの丸いアイコンが表示されます。これをタップすれば、近所のショップをカテゴリ別に探すこともできます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
iPad iPhone 例えば検索ボックスに「カフェ」と入力すると、近くのカフェの場所に「ピン」が立ち、カフェの一覧が表示されます。
施設名、あるいは「ピン」をタップすると、その施設の詳細情報が見られます。
iPhone 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、施設名を強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。
施設の詳細情報
iPad iPhone 詳細情報画面では、「経路」をタップすると経路探索ができます。道順案内(ナビゲーション)が起動します。
電話欄の電話アイコンをタップすると Phone(電話)が起動して、 直接そこへ電話することができます。
ホームページ(URL)欄をタップすると Safari(サファリ)が起動して、 この施設のホームページが表示されます。
住所欄をタップするとマップに戻り、その場所を表示します。
「新規連絡先を作成」をタップすると、この場所を (連絡先) に新規登録できます。

位置情報を送る・印刷する

iPad iPhone 詳細情報画面の住所欄にある (共有) をタップすると、このようなメニューが表示されます。 位置情報をAirDrop(エア・ドロップ)、メールやメッセージなどで送信する事ができます。
位置情報のメールやメッセージを受け取った人は、文中のリンクをクリックすることで、その地図を見ることができます。 相手がiPhone/iPod/iPadを持っているときは、iPhone/iPod/iPadの地図アプリが起動します。 相手がパソコンの時は、ブラウザでGoogleMapが起動します。
iPod/iPad/iPhoneと同じネットワーク内にAirPrint機能対応のプリンタがある場合には、ここに「プリント」というボタンが現れます。 これをタップすると印刷することができます。

場所を保存する/「よく使う項目」の使い方

場所を保存する
iPad iPhone あとからまたこの位置を確かめたいときは、マップアプリ専用の「よく使う項目(ブックマーク)」に登録しておくと便利です。 上の詳細情報画面で「よく使う項目に追加」をタップすると「よく使う項目」に登録されます。
「よく使う項目」の呼び出しと管理
iPad iPhone の部分(検索ボックス)をタップすると、最近の検索履歴が表示されます。 一番下の「よく使う項目」をタップすると、保存した場所の一覧を呼び出せます。
iPad iPhone 「よく使う項目」の中の各項目をタップすると、その場所のマップを即座に呼び出せます。
検索履歴の消去
iPad iPhone 検索履歴、あるいは「よく使う項目」の各エントリを右から左にフリックすると「共有」と「削除」ボタンが現れ、その場所を友人に送ったり、削除する事ができます。
  • [アクセサリ] 外付けGPSユニット

    iPhone

    Bluetooth無線通信で接続できる、外付けGPSユニットが何種類か発売されています。 これを一緒に持ち歩けば、GPSを搭載していないiPad(Wi-Fi)、iPod touchでも、GPSの情報を使ったより正確なナビゲーションが可能です。 純正マップアプリをはじめ、GPSに対応したすべてのアプリで使用可能です。 外付けGPSユニット のページでは、このような商品の紹介を行っています。

もっとマップ(地図)アプリのことを知りたい