マップ(地図)の言語の切替え/渋滞情報/駐車した場所/3Dマップ/Flyoverツアー

地図の表示方法を、渋滞情報や3Dマップ、衛星写真を使ったリアルなFlyover表示に切り替えることができます。 また地名などの表示言語を切り替えることも可能です。 さらに一部の都市では空から有名観光地を巡るツアーガイド:Flyover City Tourも楽しめます。
なお、マップ(地図)アプリの使い方全般についてはマップ(地図)アプリの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。

表示方法を切り替える・渋滞情報・3Dマップ

iPad iPhone マップ(地図)アプリ画面右上の をタップすると、このようなメニューが表示されます。
交通情報」をタップすると、道路の渋滞状況の表示をON/OFFできます。 渋滞しているところにはオレンジ(軽度)、レッド(重度)のブロック模様が並びます。
iPad iPhone で、表示モードを切り替えることができます。
「交通機関」では、道路の表示が簡略化され、鉄道などの公共交通機関を強調した表示となります。
「航空写真」ではこのような表示となります。
iPad iPhone 画面を2本指で下から上へドラッグすると、地図が3D立体表示となります。
このとき画面右上に表示される「2D」をタップ、または画面を2本指で上から下へドラッグすると、平面図に戻ります。
一部の主要都市では、3Dマップで地図を拡大していくと、このように建物が立体表示となります。
3D FlyOver表示
iPad iPhone さらに主要都市では、表示を「航空写真」に切り替えると、建物がリアルな立体表示となります。 これを「FlyOver(フライオーバー)」表示と呼びます。
この画面でも2本指の回転で視点を回転させたり、2本指の上下スワイプで角度を変えることができます。 リアルな街並みを楽しんでください。

表示言語・距離の単位を切り替える

iPad iPhone 設定(設定)- マップ(マップ)画面で、 ナビケージョンの音量や距離の単位(マイル/メートル)などの設定ができます。
また、[常に日本語]を タッチパネル:OFF(オフ) にすると、地図中の地名などが現地語で表示されます。 海外旅行時、現地のタクシードライバーなどに行きたい場所を指示するときに便利です。

車を駐車した場所を表示する

iPad iPhone 車でBluetooth接続のカーオーディオ/FMトランスミッターやハンズフリーマイクなどを使っている場合、 設定(設定)- マップ(マップ)画面で、 [駐車した場所を表示]を タッチパネル:ON(オン) にすると、地図中に車を駐車した場所を表示することができます(iOS10以降)。 Bluetooth機器との接続が切れた場所を「駐車した場所」として表示します。 Bluetooth電波の到達距離である、最大10m程度の誤差は出ます。

ツアーガイド:Flyover City Tour

iOS8から、リアルな3D「FlyOver」表示を生かして、世界の有名都市の観光スポットを空から巡るツアーガイド:Flyover City Tour機能が搭載されました。
iPad iPhone 画面上部の の部分(検索ボックス)に、世界の有名都市名を入れて検索してみましょう。 その都市がFlyover City Tourに対応していると、このように「Flyoverツアー」と出ます。ここをタップすると・・・
iPad iPhone このようにツアーが始まります。つぎつぎと主要な観光地が、その名称とともに表示されます。 ひたすらツアーを眺めて楽しみましょう。 Flyover City Tourは、パリ、ニューヨークをはじめ、有名な都市に対応しています。
画面下の「終了」をタップするとツアーは終わります。
  • [アクセサリ] 外付けGPSユニット

    iPhone

    Bluetooth無線通信で接続できる、外付けGPSユニットが何種類か発売されています。 これを一緒に持ち歩けば、GPSを搭載していないiPad(Wi-Fi)、iPod touchでも、GPSの情報を使ったより正確なナビゲーションが可能です。 純正マップアプリをはじめ、GPSに対応したすべてのアプリで使用可能です。 外付けGPSユニット のページでは、このような商品の紹介を行っています。

もっとマップ(地図)アプリのことを知りたい