マップ(地図)で道順案内(ナビゲーション)する

道順案内(ナビゲーション)機能を使えば、任意の場所への行き方を、交差点ごとに音声ガイド付きで教えてくれます。 ドライブはもちろん、知らない都市の街歩きにも使えます。
なお、マップ(地図)アプリの使い方全般についてはマップ(地図)アプリの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。

道順案内(ナビゲーション)

iPad iPhone マップで施設の詳細情報画面を開き、「経路」と書かれているところをタップすると・・・
iPad iPhone 現在位置からその場所への道順案内ができます。 複数のルートが考えられるときは、ルートごとに「出発」ボタンが表示されます。 「運転オプション」をタップすると、有料道路を使用するか否かを選択できます。
をタップすると、自動車、徒歩、鉄道などの公共交通機関の場合のナビゲーションを切り替えることができます。
自動車/徒歩のナビゲーションの場合は、画面上部に距離と時間が表示されます。
公共交通機関のナビゲーションが有効な地域は限られています。現在国内は対応していません。 乗り換え案内系のアプリが紹介されるだけです。
「出発」ボタンをタップするとナビゲーションが始まります。
自宅、勤務地、よく使う項目の利用
Contacts(連絡先)アプリの「自分」の情報に「自宅」、「勤務地」を入力すると、マップでもその情報が利用できるようになります。 また、マップアプリには「よく使う項目」という、お気に入りの場所を覚えるブックマーク機能があります。 「よく使う項目」に登録した場所へのルートを探索したいときは、事前に「よく使う項目」からのその場所を呼び出したうえでこの画面を開きます。
iPad iPhone ナビゲーション中は、主要な交差点ごとに音声案内があり、進む方向や道路の名前などのガイドが文字で表示されます。
ルートのナビゲーションは世界中どこにいても使用できます。 海外旅行にも大活躍。もうカーナビはいりませんね。
iPad iPhone ルートのナビゲーション中に (詳細) をタップすると、ナビケーションポイント(交差点など)の一覧がリスト表示されます。 ここで任意のポイントをタップすると、その部分のナビケーション画面を表示する事ができます。
Apple Watchとの連携
iPhone マップアプリのナビゲーション機能はApple Watchと連携します。iPod/iPad/iPhoneの画面を見続ける必要はありません。 曲がるべき場所が近づいてくると、Apple Watchがやさしく手首をタップして教えてくれます。 そしたらApple Watchの画面を見て、曲がる方向を確認しましょう。

地図上の任意の場所にナビゲーション

iPad iPhone まず、マップ上で行きたい場所を長押しします。 または画面右下の をタップし、「現在地をマーク」をタップします。
するとそこに「ピン」が落ちてきます。 このピンの位置は「場所を編集」を選び、地図をドラッグすることで微調整が可能です。
iPad iPhone ピンが目的地にささったら「経路」をタップすると、「現在地」から「マークされた場所」への経路検索ができます。
出発地を変更したいときは「出発地:現在地」と書かれているところをタップします。
なお「マークされた場所」を削除したいときは、検索履歴に表示される「マークされた場所」を右から左にドラッグすると表示される「削除」をタップします。
iPad iPhone すると出発地/目的地を直接指定できます。 をタップすると出発地と目的地を入れ替えられます。
iPad iPhone お好みの出発地/目的地が設定できたら「出発」をタップしてスタートです。
  • [アクセサリ] 外付けGPSユニット

    iPhone

    Bluetooth無線通信で接続できる、外付けGPSユニットが何種類か発売されています。 これを一緒に持ち歩けば、GPSを搭載していないiPad(Wi-Fi)、iPod touchでも、GPSの情報を使ったより正確なナビゲーションが可能です。 純正マップアプリをはじめ、GPSに対応したすべてのアプリで使用可能です。 外付けGPSユニット のページでは、このような商品の紹介を行っています。

もっとマップ(地図)アプリのことを知りたい