Apple Watchで道案内:マップの使い方

マップの使い方の基本

iPhone (マップ)を起動するとこのようになります。 iPhoneの「連絡先」に登録した自分の住所の「自宅」と「勤務先」がすぐに検索できます。 任意の場所を検索したいときは「検索」をタップします。
iPhone この画面をスクロールすると、さらに自分の「現在地」を見たり、「この周辺」のレストランやお店が検索できます。
iPhone 「この周辺」を選ぶとこのような画面になります。 「買い物」「遊ぶ」など、近所のショップをカテゴリ別に探すことができます。
iPhone 「現在地」を選ぶとこのようになります。 デジタルクラウンで拡大・縮小、ドラックで表示位置の変更、画面の長押しでピンをドロップ、と iPod/iPad/iPhoneのマップアプリと同じように使用することができます。
しかしさすがにApple Watchの小さな画面では地図を詳しく見るのは困難です。 地図の確認はiPhoneで行い、Apple Watchでは、ナビゲーション機能を使って道案内してもらうのが便利な使い方です。 画面を見つめつづける必要もなく、曲がり角に来ると、Apple Watchがやさしく手首をタップして教えてくれます。

ナビゲーション機能を使って道案内

iPhone 道案内してもらうには、まず目的地を検索します。 マップ画面を強く押すとこのようなメニューになります。 「連絡先」に登録した住所から選ぶか、または「検索」します。
iPhone 「検索」するには地名や施設名を「音声入力」するか、あらかじめiPhoneのマップで登録しておいた「よく使う項目」から選びます。 目的地が決まっているときは、あらかじめiPhoneの(マップ)アプリの「よく使う項目」に登録しておくと便利です。
iPhone 目的の施設が見つかると、その詳細が表示されます。 この画面をスワイプまたはデジタルクラウンでスクロールすると・・・
iPhone 現在位置からの経路情報が出ています。 「徒歩」または「車」のアイコンを選ぶと・・・
iPhone 選んだ交通機関に合わせた経路が表示されます。 「出発」をタップすると道案内開始です。
iPhone まずは出発点の情報です。この画面をタップまたは左にフリックすると・・・
iPhone 地図が表示されます。 地図を確認したら、それにしたがってスタートしましょう。
iPhone 曲がるべき場所が近づいてくると、Apple Watchがやさしく手首をタップして教えてくれます。 そしたら画面を見て、曲がる方向を確認しましょう。
この画面でもタップまたは左にフリックすると周辺の地図が表示されます。
また画面を上下にフリックすると、次、または前の曲がり角の情報を見ることができます。
なお、iPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[マップ]画面で この案内通知のON/OFFが指定できます。
Apple Watchでナビゲーション中にiPhoneを見ると、そちらにもナビ画面が表示されています。 または「タッチしてナビに戻る」という表示が出ているのでこれをタップするとナビ画面になります。 Apple Watchで見にくいときは、iPhoneで続きを案内してもらいましょう。
iPhone 無事目的地に到着しました。 画面を強く押すと「経路を中止」「目的地に発信」という表示が出ます。 「経路を中止」をタップすると道案内が終了します。

もっとApple Watchのことを知りたい