音量/ボリュームをそろえる

デバイスごとの設定

iTunes
音楽CDの曲の音量は、CDによって異なっています。 iTunes/iPod/iPad/iPhoneに搭載されている「音量の自動調整/サウンドチェック」という機能を有効にすると、CDごとに異なる曲のボリュームをある程度揃えることが出来ます。 また、この「音量の自動調整/サウンドチェック」のON/OFFは、iTunesとiPod/iPad/iPhoneで個別に指定できます。
iPod touch/iPad/iPhone
iPad iPhone Settings(設定)- Music(ミュージック) で、音楽再生に関する設定を行うことができます。
「イコライザ」で音質を調整することができます。
「音量制限」で最大ボリュームに制限をかけたり(難聴対策)できます。
「音量を自動調整」をオンにすると、CDによって異なる音量/ボリュームをそろえることができます。
iTunes
[編集]-[設定]メニューで設定ダイアログを表示し、[再生]タブの[サウンドチェック]のチェックをONにします。
AppleTV
[設定]-[オーディオとビデオ]-[音量を自動調整]メニューを[入]にします。
iPod(2007年モデル以降のクリックホイールモデル)
[設定]-([再生])-[音量の自動調整]を選択して[オン]にします。
iPod(その他のクリックホイールモデル)
[設定]-[サウンドチェック]を選択して[オン]にします。
iTunesでONにしていても、iPod/iPad/iPhoneで[オフ]になっていると、iPod/iPad/iPhoneで再生時にはボリュームが揃わないので注意してください。 なお、これでもうまくボリュームが揃わないときには、各曲ごとに再生ボリュームを調整することが出来ます。

各曲ごとにボリュームを調整する

iTunes iTunesの左上のカテゴリ名をクリックすると、ミュージック、ムービー、その他ライブラリの表示カテゴリを切り替えることができます。 ここで「ミュージック」「ムービー」など設定したいメディアを選びます。
iTunes 画面右の「アルバム」「曲」などと書かれた部分をクリックすると、表示方法を変更できます。 「曲」を選ぶと「リスト」表示に切り替えることができます。
iTunes 曲の選択
ボリューム調整したい曲を選択し、右クリックメニューを表示させます。 そこで[プロパティ]を選択します。
iTunes 曲の選択
すると、各曲ごとの設定ダイアログが表示されます。
iTunes 曲の選択
このダイアログで[オプション]タブを選択します。 このなかで「音量調整」というスライドバーを操作すると、その曲の再生ボリュームを調整することが出来ます。 「なし」(中央)になっていると調整がかかっていない状態です。
右(+)の方にスライドさせると、他の曲より大きな音で再生されるようになります。 左(-)の方にスライドさせると、他の曲より小さな音で再生されるようになります。 調整が終わったら「OK」をクリックし、iPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続しましょう。 この調整結果がiPod/iPad/iPhoneに転送されます。
iTunes プロパティが変更できない!?
曲によっては、プロパティの各項目がグレーアウト(灰色表示)して変更できない場合があります。 これは、現在のパソコンのセキュリティ設定で、その音楽ファイルが格納されているフォルダが更新不可になっています。 古いパソコンから受け継いでコピーしてきた曲などで発生する場合があります。
こんな時は、Windowsのエクスプローラーで、そのフォルダのアクセス権を変更します。 ユーザーに「変更」の権限を与えます。
また、iTunes/iPodの設定ではなく、mp3音楽ファイルそのもののボリュームを直接更新したい場合は、 フリーソフトの SoundPlayer Lilith(「MP3ゲイン変更機能」) や MP3Gain などで可能です。