Apple Watchの初期化・復元・リセットのしかた

Apple Watchのバックアップ

Apple Watchの設定情報は、ペアリングしたiPhoneに、随時自動的にバックアップされています。 また、ペアリングを解除(リセット)するときは、自動的にまず最初にバックアップが採取されます。 このため、Apple Watchをリセットしても、ペアリングをやり直す時に、バックアップからの復元が可能です。
なお、iPhoneに保存されたApple Watchの設定情報は、iPhoneのiTunesまたはiCloudへのバックアップ時に、同時に保存されます。

不具合の解消:リセットのしかた

Apple Watchの動作がおかしいと感じたら、つぎの手順を試してみてください。
アプリの強制終了
iPhone まず、サイドボタンを長押しして「電源オフ」の画面を表示します。 つづいてデジタルクラウンを長押しします。 すると起動中のアプリが強制終了され、ホーム画面に戻ります。
電源OFF/ON
iPhone サイドボタンを長押しして「電源オフ」の画面を表示します。 「電源オフ」を右にスライドすると、Apple Watchの電源がオフになります。 その後サイドボタンを長押しして再起動します。 また、同時にペアリングしているiPhoneも再起動するのがよいでしょう。
なお、Apple Watchの充電中には電源オフにすることはできません。
Apple Watchの強制再起動
上の方法でうまくいかないときは、 デジタルクラウンとサイドボタンを同時に10秒以上長押しします。 画面にアップルマークが表示され、強制再起動します。
iPhone 設定のリセット(クリア)と再ペアリング
上の方法でうまくいかないときは、 Apple Watch本体で (設定)-[一般]-[リセット]-[すべてのコンテンツと設定を消去]を選びます。 またはペアリングしたiPhoneで (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[リセット]-[すべてのコンテンツと設定を消去]を選びます。 するとApple Watch本体が工場出荷状態に初期化されます。
その後ペアリングをやり直します。 ただしApple Watch本体で[すべてのコンテンツと設定を消去]したときは、Apple Watchのアクティベーションロックがかかったままとなっています。 このまま他人に譲ると、次にiPhoneとペアリングするときには、あなたのAppleIDとパスワードの入力が必要になります。
もしApple Watchが砂や泥などで汚れてデジタルクラウンがうまく動作しなくなった場合は、本体を真水で洗うことで回復します。 また、不具合解消には、アップルのApple Watch サポートページの情報も役に立ちます。

修理を申し込む

Apple Watchの修理の申し込みは、ほかのアップル製品と同じです。 アップル社に郵送、または最寄りのアップルストアや正規の修理サービスカウンターに持ち込みます。 詳しくは下記をご覧ください。

他人に譲る:初期化のしかた

iPhoneの買い替え・機種変更を行ったとき、またはApple Watchを手放すときは、iPhneとApple Watchのペアリングを解除します。 詳しくは下記をご覧ください。

Apple Watchを紛失したとき

PC
Apple Watchを紛失したときは、iCloudからリモートで、Apple Payのクレジットカード情報を消去することができます。 パソコンのブラウザからhttps://www.icloud.com/にログインし、 Settings(設定)をクリックします。 この画面の中の「マイデバイス」欄に、あなたのApple Watchが表示されているので、これを選びます。
そのデバイスにApple Payが設定されていると、クレジットカードとデビットカードのリストが表示されます。 「削除」または「すべてを削除」をクリックすればOKです。

もっとApple Watchのことを知りたい