Apple Watchの初期設定:iPhoneとのペアリング

複数のApple Watchを使う場合

1台のiPhoneに2台以上のApple Watchをペアリングして使用することが出ます。 特に意識することなく、普通にペアリングすれば1台のiPhoneに複数のApple Watchが登録できます。 そして、自動的に身に着けたApple Watchがアクティブとなります。 なお、それぞれのApple Watchの設定は (Watch)-[マイウオッチ]画面に表示される、複数のApple Watchから選んで行います。

Watchアプリのインストール

電源をON

iPhone デジタルクラウンの下にあるサイドボタンを長押しすると、Apple Watchの電源が入ります。 画面にアップルのロゴが表示されます。 起動には約1分ほどかかります。画面が暗くなってしまったら、画面をタップしてください。
iPhone 最初に言語の設定画面になります。 「日本語」をタップします。
iPhone 確認画面になるので、右下の「レ(チェック)」をタップします。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone つづいて地域の選択画面となります。「日本」をタップします。
なお、この設定も後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[言語と地域]で変更可能です。
iPhone しばらく待つと・・・
iPhone このような画面になります。 「ペアリングを開始」をタップします。
iPhone このような画面になれば準備完了です。 手元にiOS8.2以降にバージョンアップしたiPhone 5以降のiPhoneシリーズを準備してください。

ペアリングの開始

iPhone iPhoneで(Watch)アプリを起動します。 初めての起動時には図のような画面となります。「ペアリングを開始」をタップします。
(Watch)アプリは、 iPhoneをiOS8.2以降にバージョンアップすると自動的にインストールされます。
iPhone すでに別のApple Watchを使用中の時は、 (Watch)-[マイウオッチ]-[(ペアリング済みのApple Watchの名前)]を選ぶと、図のように複数のApple Watchが表示されています。 「新しいApple Watchとペアリング」をタップします。
iPhone するとカメラが起動します。 Apple Watchの画面を撮影します。
iPhone 一瞬でこのような画面になり、ペアリンクが完了します。 初めてApple Watchを使うときは「Apple Watchを設定」をタップして初期設定を行います。 すでにApple Watchを使っていたときは「バックアップから復元」「新しいApple Watchとして設定」から選べます。 「バックアップから復元」を選ぶと、iPhoneに保存されている過去のバックアップから復元することができます。
iPhone ペアリンクが完了すると、Apple Watchの画面はこのようになります。

Apple Watchの初期設定

iPhone 最初は装着する腕の指定です。「左」または「右」をタップします。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]で変更可能です。
iPhone つづいてApple Watchに搭載されている「Apple Watch OS」の利用規約への同意画面です。 画面右下の「同意する」をタップします。
iPhone すると確認画面になるので、再度「同意する」をタップします。
アクティベーションロックの解除
iPhone iPod/iPad/iPhoneは、最初に使用開始(アクティベート)したユーザのApple IDとパスワードを記録しており、この情報がないと、ほかのユーザが使用できないようになっています(アクティベーションロック)。 Apple Watchも、以前にiPhoneとのペアリングを解除せずに本体だけで初期化するとアクティベーションロックがかかります。 このような画面が表示されたときは、以前使用していたユーザーのApple IDとパスワードを入力します。
iPhone つづいてApple IDの入力となります。 iPhoneに入力したApple IDが引き継がれているので、パスワードを入力するだけです。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Apple ID]で変更可能です。
iPhone Apple IDのセキュリティ向上のため「2ファクタ認証」を有効にしているときは、ここでも「2ファクタ認証」の手順が必要となります。
iPhone あとはApple Watchの設定確認画面が続きます。 これらの画面はApple WatchのシリーズやiPhoneの設定によっては表示されないことがあります。
まずは「ワークアウト経路追跡(位置情報サービスの利用)」です。 「有効」「無効」を選択します。
なお、「位置情報サービス」を利用したくないときは、iPhoneの 設定(設定)-[プライバシー]-[位置情報サービス]で タッチパネル:OFF(オフ)にします。 iPhoneの設定がApple Watchにも引き継がれます。
iPhone 次に音声インターフェイス「Siri」の紹介です。 画面の小さなApple Watchでは音声インターフェイスの使用が便利です。 「Siriを使用」「Siriを使わない」から選択できます。
なお、「Siri」を利用したくないときは、iPhoneの 設定(設定)-[一般]-[Siri]で タッチパネル:OFF(オフ)にします。 iPhoneの設定がApple Watchにも引き継がれます。
iPhone つづいて、Apple WatchとiPhoneで共有される情報の確認です。確認して「Ok」をタップします。
iPhone つづいて「パスコード」の設定です。 Apple Watchは、腕に装着しているときは「パスコード」を入力することなしにすべての機能が使えます。 腕から外しているときに、他人に勝手に操作されたくないときは、「パスコード」を設定しましょう。
iPhoneとApple Watchでは異なる「パスコード」を指定することも可能です。 よりセキュリティを向上するためには、別の「パスコード」を指定しましょう。
パスコードを設定しないと、Apple WatchでApple Payが使用できません。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で変更可能です。
iPhone するとApple Watchの画面がこのように変わります。 任意の4ケタの数字を選びます。 なお、より桁数の長いパスコードを使用したいときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[パスコード]で「簡単なパスコード」を タッチパネル:OFF(オフ) にします。 ただし使えるのは数字だけです。アルファベットや記号などは使えません。
iPhone つづいて再入力の画面となります。 確認のため、先ほど選んだ4ケタの数字を再度入力します。
iPhone つづいて「iPhoneでApple Watchのロックを解除しますか?」と聞かれます。 「はい」を選ぶと、Apple Watchを装着しているときに、iPhoneのロックを解除すると、Apple Watchのロックも解除されます。 通常は「はい」でよいでしょう。
iPhone このような画面となります。 Apple Watchのサイドボタンを長押しすると、「警察(110番)」「海上保安庁(118番)」「火事、救急車、救助(119番)」のメニューが表示されます。 緊急時のSOSコールができることの説明です。
緊急SOS/メディカルIDの詳細については、Apple Watchの基本操作をご覧ください。
iPhone つづいてアプリのインストール画面になります。 「すべてをインストール」を選ぶと、いまiPhoneにインストールされている、Apple Watch対応アプリが、Apple Watchにも設定されます。
なお、この設定は後から (Watch)-[マイウオッチ]画面の一番下にある各アプリのアイコンをタップすると、個別にインストールを指定できます。 また、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[自動ダウンロード]で、 iPhoneに新しいアプリをインストールしたときに、Apple Watchにも自動的にインストールするよう設定可能です。
iPhone ここまで来るとiPhoneとApple Watchの同期が始まります。
iPhone 同期中は、Apple Watchの画面はこのようになります。 設定内容によりますが、同期には数分かかります。
iPhone Apple Watchの画面が拡大表示されている!?
同期した時、Apple Watchの画面が拡大表示となってしまう場合があります。 こんな時は、Apple Watchの画面を2本指でダブルタップすれば元に戻ります。
iPhone iPhoneの画面がこのようになると同期完了です。 Apple Watchの画面は時計の画面となっているはずです。 「OK」をタップします。
iPhone iPhoneの画面は (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]が選ばれた画面になっています。 画面左上の「<マイウオッチ」をタップすると・・・
iPhone [マイウオッチ]のメニューとなります。 ここからあなたのApple Watchのあらゆる設定ができます。
またApple Watchとペアリングすると、iPhoneに (アクティビティ)アプリが表示されます。 Apple Watchの特徴のひとつである、アクティビティとワークアウトの管理ができます。
以上でApple Watchの初期設定は完了です。

身に着ける腕と方向の設定

iPhone
Apple Watchの初期設定が終わったら、身に着ける腕と方向を設定しましょう。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ウオッチの向き]画面を開いて、 身に着ける腕を「左手」/「右手」から選びます。 また方向を「左にDigital Crown」/「右にDigital Crown」から選びます。 初期値は左腕への装着になっています。 ここを正しく設定しないと、腕を上げたときに自動でApple Watchの画面がONになりません。
腕を上げたときに自動でApple Watchの画面をONにするか否かは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面をスリープ解除]で設定できます。

常に最後に使ったアプリを起動する

(Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[画面をスリープ解除]画面で、 スリープ解除時に、最後に使ったアプリの画面を呼び出すか、あるいは時計表示にするか、を指定できます。 初期値は、アプリ使用後8分以内にスリープ解除すると、そのアプリ画面が表示される設定となっています。

時々は電源のOFF-ONを

iPod/iPad/iPhoneと同様、Apple Watchも長時間使用していると、徐々に動作性能が低下したり、バッテリの消費が早くなったり、動作が不安定になったりすることがあります。
こんな時は電源のOFF-ONをすると直ります。手順については下記のページをご覧下さい。

もっとApple Watchのことを知りたい