Apple Watchの防水性能・洗い方

Apple Watchの防水性能

Apple Watchの防水性能は次の通りです。
Apple Watch Series 2
ISO 規格 22810:2010 の 50m 耐水性能。プールや海での水泳のような浅水域でのアクティビティに使用できます。ただし、スキューバダイビングや水上スキーなど、高速の水がかかるか、浅水域より深く潜水するアクティビティには使用しないでください。
Apple Watch Series 1 および Apple Watch(第 1 世代)
IEC 規格 60529 の IPX7 等級の耐水性能。防沫性能と耐水性能を備えていますが、水に浸すことはお勧めできません。
なお、レザーバンド、金属製バンド、ナイロンバンドは耐水性ではありません。 また、アップル社はApple Watchの扱いについて次のように注意しています。
やって良いこと
運動中の汗、雨、手を洗う時の飛沫にさらされることはOK。Series 2では水泳をする、入浴することもOK。
やってはいけないこと
シャワーや入浴などで、石けんまたは石けん水を付着させる。 香水、溶剤、洗剤、酸、酸性の食品、防虫剤/虫よけスプレー、ローション、日焼け止め、油、ヘアカラーリング剤を付着させる。 水上スキーなどで高速の水をかける。 サウナやスチームバスに入る。
もし、やってはいけない環境にApple Watchをさらしてしまったときは、すぐに真水で洗い流して乾燥させてください。
なお、スマートフォンの情報サイト FoneFoxのテストによると、 初代のApple Watchでも、プールでの15分の水泳にも耐える防水性能を持っているようです。 ただし水中ではタッチスクリーンが反応しないので、操作はできません。 また、米CNETでは、 様々な台所用品を使って耐久テストを実施 し、その様子を収めたビデオを公開しました。 意外に頑丈にできているようです。
FoneFoxによるApple Watchの防水テスト

YouTubeの大画面で見る

Apple Watchの洗い方

Apple Watchには、最近のアップル製品にしては珍しく機械部分を持つ「デジタルクラウン」というインタフェースが搭載されています。 ここにごみや砂などが挟まって、スムーズに回転しなくなる場合があります。 アップルは、こんな時の対処法を公開しています。
  • Apple Watchを充電器から外し、電源OFFする
  • バンド・リリース・ボタンを押しながら、バンドを取り外します
  • デジタルクラウンを、暖かくきれいな、弱い流水で10~15秒洗う。洗剤などは使用しない
  • 流水をデジタルクラウンと本体の隙間に流しながら、デジタルクラウンを回したり押したりする
  • 非研磨性の、糸くずの出ないクリーニングクロスを使用してApple Watchを乾燥させる
なお、充電中に掃除をしたり、ドライヤーなど熱いもので乾燥させることはよくありません。 また、あまり頻繁にガラスを清掃すると、防指紋コーティングの劣化が早まります。

もっとApple Watchのことを知りたい