なくしたiPod/iPad/iPhoneを探す:Find iPhoneの使い方

“Find iPhone:iPhone(iPad、iPod touch)を探す”機能とは、パソコンから、なくしたiPod/iPad/iPhoneがあるおよその場所をマップ上に表示させたり、警告音を鳴らしたり、パスコードロックをリモートで設定し、その画面にメッセージを表示させて見つけた人に連絡したり、リモートワイプを実行してデータを消去できるサービスです。 従来はAppleが提供する有料のクラウドサービス“MobileMe”サービスユーザーのみが使える機能でした。 しかし、2011年10月12日にリリースされたiOS5.0以降にバージョンアップすると、誰でも無料でこの機能が使用できます。

Find iPhoneの使えるデバイス

Find iPhone機能が使えるのは、iOS4.2以降に対応した
  • iPod touch (2008年発売の第二世代以降)
  • iPhone (2008年発売の3G以降)
  • iPadシリーズ全モデル
  • iPad miniシリーズ全モデル
のみです。 ご注意下さい。

Find iPhoneの初期設定

Find iPhone機能を使用するには、最初に1回初期設定が必要です。 なお、設定方法は、iPod/iPad/iPhoneどれでも同じです。
iPad iPhone まずはiCloudのセットアップを行います。
設定(設定)-[iCloud]を選択し、AppleIDとパスワードを入力するだけです。 詳しくはiCloudの使い方のページをご覧下さい。
iPad iPhone 設定(設定)-iCloud(iCloud)画面を開き、 その下の方にある「iPod/iPad/iPhoneを探す」をタップします。
iPad iPhone 「iPod/iPad/iPhoneを探す」を タッチパネル:ON(オン)にします。 (通常、iCloudを有効にすると、同時に「iPod/iPad/iPhoneを探す」もオンになります。) これで準備は完了です。
なお「最後の位置情報を送信」を タッチパネル:ON(オン)にしておくと、 iPod/iPad/iPhoneのバッテリが減少し、停止する直前に、その位置情報をiCloudに送信します。 iCloudの「iPhoneを探す」画面からデバイスを見つけられるチャンスが増加します。(iOS8以降)

パソコンからiPod/iPad/iPhoneを探す

それでは実際に、パソコンからiPod/iPad/iPhoneを探してみましょう。
PC iCloudへのログイン
パソコンのインターネットブラウザで iCloudのログイン画面 を開き、AppleIDとパスワードを入力します。
PC するとメニュー画面になります。 アイコンをクリックすると、各機能を利用できます。
(iPhoneを探す)アイコンをクリックします。
PC 場合によっては、ここで再度AppleIDのパスワードを要求されます。パスワードを入力します。
PC すると地図画面が開き、あなたのiPod/iPad/iPhoneの現在の場所が図示されます。
画面上の「すべてのデバイス」をクリックすると、あなたがAppleIDに結びつけているデバイスの一覧が表示されます。 任意のデバイスをクリックすると、その位置を知ることが出来ます。
ただしネットワークに繋がっていないデバイスにはグレーの丸マークが付き、最後に確認された位置が表示されます。 iPod touchなど、Wi-Fi接続しか持たないデバイスでは、スリープに入ってもグレーマークになります。
PC 各デバイス名をクリックすると、このような画面が表示されます。 下記のような操作が可能です。 ただし「消去」を行うとiPod/iPad/iPhoneが位置情報を送信できなくなるので、それ以降所在地が確認できなくなります。
サウンドを再生
このiPod/iPad/iPhoneで警告サウンドを再生することが出来ます。
ロック/紛失モード
このiPod/iPad/iPhoneにパスコードロックをかけ、画面に任意のメッセージを表示することが出来ます。
iPod/iPad/iPhoneを消去
このiPod/iPad/iPhoneをリモートワイプすることが出来ます。保存されているデータをすべて消去することが出来ます。
PC なお、その時ネットワークに繋がっていないデバイスを選ぶと、このような画面になります。 ここでの操作は、次回そのデバイスがネットにつながった時に実行されます。 なお、すでに手放したデバイスは「消去」して「アカウントから削除」を選ぶと、アクティベーションロックを解除/無効にできます。

サウンドを再生


PC 「サウンドを再生」をクリックすると、すぐさまターゲットのiPod/iPad/iPhoneの画面にメッセージが表示され、「ピコーン、ピコーン」とサウンドが鳴ります。 このサウンドは、iPod/iPad/iPhoneをサイレントモードにしていてもスピーカから鳴り響きます。
スリープに入ったiPod touchや、ネットワークに繋がっていないデバイスにも指示は送信可能です。 この場合は、次回ターゲットデバイスがネットに繋がった時に、指示に従った動作を行います。
PC ターゲットデバイスで警告音を鳴らすことに成功すると、AppleIDに登録しているメールアドレスに“Find My iPhone”という差出人名で、メールが届きます。

ロック/紛失モード


PC 対象デバイスがiOS5.1以前の場合はパスコードロックを掛けるのみの「ロック」が、 対象デバイスがiOS6.0以降の場合はパスコードロックを掛けるとともに画面にメッセージを出す「紛失モード」が使えます。
「ロック/紛失モード」を選択すると、最初にこのデバイスのパスコードに使用する6桁の数字の入力を求められます。 あなたにしか分からない任意の6桁の数字を入力します。
すでにデバイスにパスコードロックがかかっている場合は、この手順はスキップされます。
PC そして確認のため再度6桁の数字を入力します。
PC つづいてあなたの連絡先の電話番号を入力します。 なお電話番号の入力は必須ではありません。 電話番号を知らせたくないときは、何もせずに右上の「次へ」をクリックします。
PC 最後にiPod/iPad/iPhoneの画面に表示したいメッセージを入力します。 初期値は左のようになっています。 すべての入力が終わったら、右上の「完了」をクリックします。
PC ターゲットのデバイスがネットに接続されると「紛失モード」になります。デバイスのバッテリ残量も知ることができます。
PC ターゲットのiPod/iPad/iPhoneの画面には、入力したメッセージが表示されロックがかかります。
PC 上で指定したパスコードロックがかかっているので、これを知らない人は起動することができません。 なお、正しいパスコードを入力すると「紛失モード」は解除されます。
PC 無事ターゲットのiPod/iPad/iPhoneにロックがかかると、このようなメールが届きます。
PC また、紛失モードにしたiPod/iPad/iPhoneの位置情報が確認できると、このようなメールが届きます。 地図、そして住所が通知されます。

別のiPod/iPad/iPhoneから探す

タッチパネルモデルでは、iPhoneを探す:Find iPhoneアプリをインストールすると、なくしたiPod/iPad/iPhoneを探すことができます。
  • iPhoneを探す:Find iPhone

    PC

    Apple Inc. ユーティリティ 無料

    [iOS9より標準搭載] 無くしてしまったiPod/iPad/iPhoneがあるおよその場所をマップ上に表示させたり、画面にメッセージを表示させて見つけた人に連絡したり、パスコードロックをリモートで設定したり、リモートワイプを実行してデータを消去できるアプリです。

クイックアクション
iPhone アイコンをタップして、「iPhoneを探す」を起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。 あなたのデバイスの位置をすぐさま確認できます。
iPad iPhone 「iPhoneを探す」が起動したら、AppleIDとパスワードを入力します。
iPad iPhone 複数のデバイスを設定していると、デバイス一覧画面が表示されます。 任意のデバイスをタップすると、その位置を知ることが出来ます。
ただしネットワークに繋がっていないデバイスにはグレーの丸マークが付いています。 iPod touchなど、Wi-Fi接続しか持たないデバイスでは、スリープに入ってもグレーのマークになります。
iPad iPhone デバイスを買い換えて、今では使用していないデバイスがあれば、そのデバイス名を左から右にフリックします。 すると「削除」ボタンが現れ、リストから削除することができます。
iPad iPhone 一覧からデバイスを選ぶと、地図上で、そのiPod/iPad/iPhoneの現在の場所が図示されます。 ネットワークに繋がっていないデバイスの場合は、最後に確認された位置が表示されます。 画面の下にあるメニューで、パソコンのiCloudからの操作と同様、
  • 「サウンドを再生」
  • 「ロック」または「紛失モード」
  • 「iPod/iPad/iPhoneの消去」
が選択できます。 また、自動車のアイコンをタップすると、現在位置からそのデバイスのある位置までのルートナビゲーションを行ってくれます。

「iPhoneを探す」機能をOFFにする

基本的には「iPhoneを探す」は常にオンで良いですが、iPod/iPad/iPhoneを初期化/復元するときにはこれをオフにする必要があります。
注意: iPod/iPad/iPhoneがネットにつながっている必要があります。Wi-FiをOFFにしたり、SIMカードを抜いていると「iPod/iPad/iPhoneを探す」をOFFにできません。
iPad iPhone 設定(設定)-iCloud(iCloud)画面を開き、 その下の方にある「iPod/iPad/iPhoneを探す」をタップします。
iPad iPhone 「iPod/iPad/iPhoneを探す」を タッチパネル:OFF(オフ)にします。
iPad iPhone するとあなたのiCloudのパスワードを要求されるので、入力して「オフにする」をタップします。
初期化/復元、その他操作が完了したら、また「オン」に戻すのを忘れないようにしましょう。
なお、「iPod/iPad/iPhoneを探す」をオフにすると、iCloudに登録しているAppleIDメールアドレスに「設定が無効になった」旨のメールが届きます。

「iPhoneを探す」機能がOFFにできない!?

なんらかの不具合により、「iPhoneを探す」機能がOFFにできなくなってしまう場合があります。 このときは、iPod/iPad/iPhoneをリカバリ・モードに投入することにより、強制的に「復元(初期化)」を開始することができます。 リカバリ・モードに投入する方法についてはリカバリ・モード(DFUモード)の使い方のページをご覧ください。 アップルのサイトでも「iPhoneを探す」機能をOFFにするための詳細な説明を行っています。 ご参照ください。

[Book] できる iPhone 6s パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 iPhone 6s/6s Plus 対応

iPhone

インプレス 2015/11/5 1,296円

iPhone 6s/6s Plusの「知りたいことがすぐわかる」解説書の決定版。はじめてiPhoneを使う人も、新しいiPhoneに買い替えた人も、使い方の「困った! 」はこの1冊ですべて解決します。 NTTドコモ、au、ソフトバンクの全通信会社に対応。パワーアップして使いやすくなった「Spotlight」やLive Photosに対応した「カメラ」アプリといったiOS 9の新機能をはじめ、画面を押し込むとメニューなどが表示される「3D Touch」など、iPhone 6s/6s Plusならではの操作方法も解説。

Amazon.co.jpで買う