バッテリーを長持ちさせる:低電力モードの使い方

iOSの省電力機能

アップルは、 バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす のページで、iOSデバイスのバッテリーを長持ちさせるコツを紹介しています。 iOS9では消費電力の削減を重点とした改善が行われ、単にiOS8からアップデートするだけでバッテリーを約1時間余分に持たせることができます。 また、iPhoneを、画面を下にして机の上に置くと、各種通知が発生した時もディスプレイを点灯しなくなるので、より消費電力が削減されます。 iOSを最新版にすることにより、消費電力が改善される場合があります。

バッテリーメニュー

iOS9から[バッテリー]メニューが新設されました。
iPhone 設定(設定)-[バッテリー]を開くとこのようになります。 「バッテリー残量(%)」を タッチパネル:ON(オン) にすると、iPhoneの画面右上に表示されているバッテリー残量表示に、数字の「%」が付加されます。
「低電力モード(Low Power mode)」を有効にすると、メールの自動送受信(フェッチ動作)やアプリの更新、その他の通信や、高度な描画などを抑止することにより、iPhone 6の場合でバッテリを約3時間余分に持たせることができます。 その代り処理速度が半分程度に低下します。
「低電力モード」が有効のときは、画面右上のバッテリーマークが黄色くなり、残量が強制的にパーセント表示になります。
iPhone この画面の下のほうには、各アプリの最近24時間/7日間のバッテリー使用状況が表示されます。 をタップすると、各アプリの起動時間なども表示されます。 必要に応じてAppスイッチャーを使って起動中の不要なアプリを終了させたり、バッテリー消費が激しいアプリは極力使用しないようにしましょう。

バッテリーウィジェット

iPhone 通知センターにバッテリーウィジェットを表示させることができます(iOS9以降)。 iPod/iPad/iPhone本体と、ペアリングしているApple Watchのバッテリー残量が確認できます。 通知センターのウィジェット編集画面で表示のON/OFF、順序が変更できます。

低電力モードへの移行

低電力モードは、[バッテリー]メニューで設定する以外に、残量が減った時の警告画面から設定することもできます。
iPhone バッテリー残量が20%および10%を切るときに、図のような警告が表示されます(iOS9以降)。 ここで「低電力モード」をタップすると、低電力モードに移行することができます。
iPhone このような画面となるので、「続ける」をタップすると、低電力モードになります。 「低電力モード」でも、操作する分には普通に使えます。

[色を反転](通称:dark mode)機能を使う

iPhone XのようなOLED(有機EL)ディスプレイ搭載機は、蛍光灯のように各画素が自ら発光するため、各画素が黒くなるようにすると電力消費を抑えることができます。 これにはまず、黒い部分が多い壁紙を使います。そして[色を反転](通称:dark mode)機能を使う方法があります。 使い方にもよりますが、[色を反転]機能を有効にすると60%も省電力となるという報告もあります。
[色を反転]機能を有効にするには、 設定(設定)-(一般) -[アクセシビリティ]-[ディスプレイ調整]-[色を反転]で「反転(スマート)」を タッチパネル:ON(オン)にします。 さらに[アクセシビリティ]-[ディスプレイ調整]-[カラーフィルタ]を タッチパネル:ON(オン)にし、「グレイスケール」を選択するとモノクロ表示にすることができます。 すると背景など白い部分が黒くなります。 これらの設定を[アクセシビリティ]-[ショートカット]で設定しておけば、サイドボタンのトリプルクリックで簡単に切り替えることが出来ます。 場面によって使い分けてください。
なお、OLED(有機EL)ではない、液晶ディスプレイ搭載機種では、画面に白い部分が多いほうが電力消費を抑えることができるので注意してください。

バッテリーを長持ちさせるコツ

本体を再起動する


あまりに普段からバッテリー消費が激しいときは、 まずすべてのアプリケーションの強制停止と、本体の電源OFF->ONを実施してみて下さい。 長い間電源をOFF->ONせずにロック(スリープ)だけで使用していると、多くのアプリやプログラムが起動したままになり、電力消費が多くなります。 ときどきすべてのアプリを終了させて、電源をOFF->ONしてやると、ずいぶんとバッテリが長持ちしたりします。

使い方を見直す


タッチパネルモデルでは、最も消費電力に影響を及ぼすのが液晶画面の点灯、GPS(位置情報)の使用、電話機能などの通信機能の使用です。 これらの使用を最小限にすることで消費電力を抑えることができます。 「緊急地震速報」の使用や「通知センター」で多くのアプリからの通知を有効にしている場合も電気を食います。
また起動しているとスリープ中にも電力を消費するアプリがあります。 これらより、タッチパネルモデルのバッテリを長時間持たせるには、
  • スリープに投入する前にホーム画面に戻す。Appスイッチャーですべてのアプリを終了する。
  • 不要なときはWi-Fi/BluetoothをOFFにする。
  • 液晶画面を暗くする。あるいは消灯した状態を保つ。
  • 機内モードにする。
  • スリープではなく、完全に電源OFFする。
という手段があります。ただし当然ながら機内モードにしたり電源OFFしたら電話は使えません。必要な機能を生かしつつ、バッテリ消費が最低になるよう工夫してください。
なお、GPS(位置情報)の使用可否は設定(設定)-[プライバシー]-[位置情報サービス]画面でアプリごとに指定することが可能です。 必要最低限のアプリのみ許可することにより、バッテリの持ちが良くなります。 また、iCloudやGmailアプリなどのプッシュ型のネットワーク同期サービスに加入し、 設定-[データの取得方法]を「プッシュ」や「15分ごと」などに設定していると、 定期的に通信を行うため、バッテリの消費が大きくなります。

勝手に動作していないか注意する


iPhoneやボイスメモ機能搭載機で、マイク/リモコン搭載ステレオヘッドフォンを使用している場合は、このマイク部分がリモコンスイッチになっています。 カバンに入れているとき、知らない間にこのスイッチがクリックされて、勝手に音楽再生が始まっていたり、アプリが動作している場合があります。 また本体のスリープボタンやホームボタンに何かが当たって、液晶画面が点灯して無駄なバッテリーを消費していることもあります。 カバンなどに入れるときには、ヘッドフォンを本体から外したり、ボタンにモノが当たらないよう注意しましょう。

バッテリーの不良を疑う


保証期間内にもかかわらず、バッテリーがカタログ値の半分の時間も持たない場合は不良品と考えられます。 アップルストアに持ち込んで、修理を依頼します。 アップルのバッテリーのサービスとリサイクル のページで、バッテリーの修理サービスについて読めます。
iPod/iPad/iPhoneを修理に出す方法は、調子が悪い時の対策:iPhoneのリセット・再起動・アプリ強制終了の方法のページで詳しく説明しています。