ホームボタン故障時:AssistiveTouchの使い方

iPod/iPad/iPhoneの故障で多いのが液晶ディスプレイの破損とホームボタンの故障です。 ホームボタンにシールを貼ったりすると故障が起きやすいようです。 液晶ディスプレイの破損は交換修理してもらうほかありませんが、ホームボタンの故障時は、AssistiveTouch(アシスティブ・タッチ)という機能を使うと、それを代用することができます。
そのほか、iPod/iPad/iPhoneの故障と修理については下記のページで説明していますのでご参照ください。

AssistiveTouchとは

AssistiveTouch(アシスティブ・タッチ)とは、スイッチの操作などが困難な身体障害者のために、画面タッチで操作するためのアシスト機能です。 これをオンにすると、いくつかの機能がタッチパネルのタッチだけで操作できるようになります。

AssistiveTouchを有効にする

iPad iPhone AssistiveTouchを有効にするには、設定(設定)-[一般]-[アクセシビリティ]-[AssistiveTouch]を選びます。
iPad iPhone するとこのような画面になるので、AssistiveTouchを タッチパネル:ON(オン)にします。
ここでホーム画面に戻ると・・・
iPad iPhone このようなAssistiveTouchのアイコンが表示されています。 このアイコンは、画面上をドラッグして、好きな位置に移動することができます。

AssistiveTouchを使う

iPad iPhone AssistiveTouchのアイコンをタップすると、このような画面になります。 各アイコンをタップすると、その機能を呼び出すことができます。 「ホーム」をタップすると、ホームボタンを押した時と同じ動作をします。これでホームボタンの代用ができます。
iPad iPhone 上の画面で「デバイス」をタップするとこのような画面になります。 音量の操作など、本体のスイッチを使う操作が、タッチパネルから行うことができます。 中央の矢印マークをタップすると、ひとつ前の画面に戻ります。
iPad iPhone 上の画面で「その他」をタップするとこのような画面になります。 「ジェスチャ」を選ぶと、画面を2~5本指でタッチする操作も1本指でできます。 「スクリーンショット」を選ぶと、その時の画面を「写真」にキャプチャします。