Gmailの設定方法:メール、カレンダー、メモを同期する

ここでは、高速、大容量(Google ドライブ、Gmail、Google フォト共通で15GBまで無料)で人気の、Googleが提供する無料のEメールサービス:Gmailや、 Googleカレンダー、連絡先などのGoogleのサービスをiPod/iPad/iPhoneで使用するための初期設定の方法を紹介します。
なお、 iPod/iPad/iPhoneのEメールの初期設定全般についてはEメールの初期設定のページで Eメールの送受信など、Eメールアプリの操作方法についてはEメールの使い方のページで 解説しています。併せてご覧ください。

Gmailの利用方法

iPod/iPad/iPhoneでGmailを利用するには、次のような方法があります。
オフィシャルGmailアプリを利用する
数あるGoogleのサービスのうち、GmailのみがiPod/iPad/iPhoneと同期されます。 Gmail固有の各種機能に対応しているので、使い勝手は良く、プッシュ通知にも対応しています。 ただアプリをインストールしてGoogleのIDを設定するだけでプッシュ通知も使えるようになります。
標準EメールアプリにGmailを設定する
Gmailだけでなく、Googleのその他のサービスである、連絡先、Googleカレンダー、メモをiPod/iPad/iPhoneと同期してくれます。 使い勝手はiPhoneの標準に準拠していてわかりやすいのですが、プッシュ通知には対応していません。 プッシュ通知を受けるために、オフィシャルGmailアプリと併用するのが良いでしょう。
SafariからGmailのサイトをアクセスする
iPod/iPad/iPhone側では何の設定も必要なく、ブラウザ経由でGmailが利用できます。 しかしプッシュ通知には対応していません。また、毎回SafariからGmailのサイトを開く手間が発生します。 他人のiPod/iPad/iPhoneをちょっと借用して、自分のメールをチェックするときには便利です。
1台のiPod/iPad/iPhoneにこれら複数の設定を行って、必要に応じてそれぞれのサービスからGmailにアクセスすることも可能です。 以下にこれらの使用方法を説明していきます。

Googleアカウントに2段階認証を設定する

Googleアカウントのパスワードを抜き取ろうとするウイルスソフトが蔓延しています。 特に海外のサービスでGoogleアカウントを入力すると、たちまち攻撃されて不正ログインが仕掛けられることがあります。 Googleアカウントには、よりセキュリティの高い2段階認証の仕組みが準備されています。 Gmailの利用の前に、こちらも設定しましょう。 詳しくは Googleアカウントのセキュリティ強化:2段階認証の使用方法 をご覧ください。

オフィシャルGmailアプリを利用する

Googleは2011年11月に、iPod/iPad/iPhone用のオフィシャルGmailアプリを無料公開しました。 Gmail固有の各種機能に対応しているので、パソコンで利用しているときと同様の使い勝手を実現しています。 また2012年6月のアップデートでプッシュ通知に対応しました。 ただし常にプッシュ通知を受け取るには、Gmailアプリを起動したまま(Appスイッチャーから終了させない)にし、時々Gmailアプリを開く必要があります。
  • Gmail

    PC

    Google 仕事効率化 無料

    Gmail アプリでは次のことが可能です。 新着メールの通知バッジを受信する。 スレッド表示でメールを閲覧する。 アーカイブ、ラベル、スター、削除、迷惑メールの報告などの機能を使用してメールを管理する。 優先トレイで重要なメールを追跡する。 オートコンプリート機能を使用して連絡先の名前を入力する。 添付ファイルを送受信する。 すべてのメールを対象に検索する。

標準EメールアプリにGmailを設定する

ここでは、iPod/iPad/iPhone標準搭載のメールアプリでGmailを利用する方法を説明します。
iPad iPhone Settings(設定)-[アカウントとパスワード]を選び、「アカウントを追加」をタップします。
iPad iPhone 「Google」をタップします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 Gmailのサイトで登録した メールアドレスを入力します。
iPad iPhone つづいてこのような画面になります。 パスワードを入力します。
iPad iPhone 設定が完了するとこのようになります。右上の「保存」をタップすると完了です。
「カレンダー」を「オン」にすると、カレンダーアプリとGoogle Calendarが同期されるようになります。
「メモ」を「オン」にすると、iPod/iPad/iPhoneのメモアプリで作成したメモが自動的にGmailの受信トレイの「Notes」に送信されます。 パソコンからGmailのサイトにアクセスすれば、すぐにこのメモを見ることが出来ます。
iPad iPhone つづいて差出人の「名前」を設定します。 Settings(設定)-[アカウントとパスワード]-[(Gmailのアカウント名)]を選び、「アカウント」欄をタップするとこのような画面になります。 「名前」欄にあなたの名前を入れて、右上の「完了」をタップします。
さらにこの画面の「詳細」をタップすると、メールボックスの詳細設定ができます。
名前
あなたの名前/ニックネームを入力します。相手には、送信者の名前として、ここに入力した名前が表示されます。
メール
Gmailのサイトで登録したメールアドレスを入力します。
説明
自動的に「Gmail」が入ります。 これはiPod/iPad/iPhoneに複数のメールアカウントを設定したときに、それぞれを区別するのに使います。 好みで変更してください。
Gmailの削除:「アーカイブ」機能の使用
iPad iPhone Gmailでは、メールの削除方法に「ゴミ箱に入れる」と「アーカイブする」の2つの方法が選べます。 これはSettings(設定)-[アカウントとパスワード]-[(Gmailのアカウント名)]-[アカウント]-[詳細]画面で選択できます。 「メールボックスの特性」欄で、「下書き」「削除済み」「アーカイブ」のメールをそれぞれGmailのどのフォルダに入れるかを指定できます。
また、「削除したメッセージの移動先」欄で、「アーカイブ」を使用するか否かを指定できます。 ここで「アーカイブメールボックス」を選ぶと メールの閲覧画面で、(ゴミ箱)ボタンの替りに (アーカイブ)ボタンが表示されるようになります。
このアーカイブボタンをタップすると、そのメールは「受信トレイ」から「すべてのメール」に移動されます。 「すべてのメール」フォルダで検索することにより、いつでもそのメールを取り出すことが出来ます。
「アーカイブメールボックス」を使用しない場合は、「ゴミ箱に入れる」機能が有効になります。 このゴミ箱ボタンをタップすると、そのメールは「受信トレイ」から「ゴミ箱」に移動されます。 「ゴミ箱」に移動されたメールは、自動的に30日後に消去され、その後は二度と見られなくなります。
PC Gmailの転送設定
Gmailから、プッシュ通知機能があるiCloudメールなどへの転送を設定することにより、リアルタイムの着信通知を利用できます。
パソコンでGmailにログインし、「設定」-「メール転送とPOP/IMAP設定」画面で、 「受信メールを」欄にiCloudメールまたはソフトバンクEメール(i)のメールアドレスを入力し、 「Gmailのコピーを受信トレイに保存」としておけばOKです。
これで着信通知つきのGmailとして利用できます。
ちなみに、Gmailも「その他」の設定から、受信・送信サーバーを指定して設定することも可能です。 設定パラメータについては下記で説明されています。

メールの着信音の設定

メールの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 この方法については、 着メロの入手/設定方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。

メールの着信通知の設定

Eメール着信通知の方式は、そのサービスを提供する会社(サービスプロバイダ)/システムにより、「プッシュ」「フェッチ」の2種類に分かれます。 プッシュ通知に対応していないEメールサービスでも、それをプッシュ通知に対応したEメールサービスに転送すると、即座に端末にも到着が通知されます。 また、「通知センター」を使うと、到着したメールをすぐさま確認することができます。

SafariからGmailのサイトをアクセスする

SafariからGmailのサイトをアクセスして、メールを送受信することも可能です。
iPad iPhone Safari(Safari)を立ち上げ、 http://www.google.co.jp/をアクセスし、トップページから「もっと見る」をタップします。
iPad iPhone このような画面になるので「Gmail」をタップします。
iPad iPhone このような画面になるので、あなたのGoogleアカウントとパスワードを入れてログインします。
iPad iPhone このような画面になるので「モバイルGmailのサイト」をタップします。
iPad iPhone するとGmailの画面となります。メールの送受信が可能です。

Googleカレンダーに祝日を表示させる

iPhone
Googleカレンダーには、独立したカレンダーとして世界各国の祝日が準備されています。 パソコンからGoogleカレンダーを開き、画面左にある「他のカレンダー」の右の「▼」マークをクリックし、「おすすめのカレンダーを検索」を選びます。 すると画面が切り替わり、Googleカレンダーに追加可能な各種カレンダーの一覧が表示されます。 ここから「日本の祝日」を「登録」すれば、あなたのGoogleカレンダーにも日本の祝日が表示されます。

Google Syncとは

iPhone
Googleが提供するGmailやカレンダー、連絡先などを、Microsoft Exchangeに対応した任意の携帯電話と自動的に同期する無料のサービスです。
しかし、2012年の「冬の大掃除(Winter cleaning)」でGoogle Calendar Syncが2012/12/14に、またGoogle Syncが2013/01/04に一般ユーザーの新規デバイスの登録を打ち切りました。 現在Google Syncに新規登録できるのは、Google Apps for Business、Google Apps for Education、Google Apps for Government をご使用の方のみです。
また過去にiPod/iPad/iPhoneをGoogle Syncに登録した人が最新モデルに買い換えるときは、古いデバイスのバックアップデータを使って「復元」した場合のみ、Google Syncを継続して使用する事ができます。
新たにGmail、Google Calendar、連絡先をiPod/iPad/iPhoneで同期したい場合は、 iPhone や iPad で Gmail、カレンダー、連絡先を同期する(Google)のページをご参照下さい。

海外からのGoogle Syncの利用

iPhone 海外からGoogle Syncを使ってGmailにアクセスすると、Googleから警告メールが届きます。 通常とは異なる場所からのアクセスに関する、セキュリティの警告です。
PC この場合は米Google.comにログインします。するとトップページ上部にも、赤い警告メッセージが表示されています。 「Was it you?」をクリックします。
PC するとこのように、過去の海外からのアクセス状況一覧が表示されます。内容を確認しましょう。 「Allow future sign-ins from this application?」に「Yes」で答えておくと、今後このIPからのアクセスでは警告が出なくなります。