iPhoneの写真を「メモリー」で楽しむ

iPhoneの写真アプリにある「メモリー」とは、写真を自動的に解析して、ショートビデオや写真集などを作ってくれる機能です(iOS10以降)。 ここではiPhoneの写真アプリで、「メモリー」を楽しむ方法を解説します。

「メモリー」を見る

iPad iPhone (写真)のメニューから メモリーを選びます。 iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真をベースに、いくつかの「メモリー」が自動生成されています。 気になる「メモリー」を選んでください。
iPad iPhone メモリーの先頭には自動生成されたビデオがあります。タップするとBGM付きでスライドショーが楽しめます。 その下には自動で選択されたハイライトシーンの写真が並びます。
iPad iPhone 写真の下には、顔認識で分類された登場人物の「グループとピープル」、そして「撮影地」、「関連」メモリーが表示されています。
iPad iPhone 「お気に入りのメモリーに追加」をタップすると、このメモリーを「お気に入り」としてマークすることができます。 アルバムに「お気に入りのメモリー」というアルバムが自動生成され、そこに表示されます。 また「メモリーを削除」で、このメモリーを削除できます。

「メモリー」のビデオを編集する

iPad iPhone ビデオの再生中に画面をタップすると、このような画面になります。 下部のメニューからビデオの雰囲気と長さを切り替えることができます。 雰囲気には「ドリーミー」「センチメンタル」「ジェントル」など10種類があります。 長さは「短編」「中編」「長編」の3種類から選べます。
iPad iPhone をタップすると、ビデオの詳細な編集ができます。
「タイトル」で、タイトルとその表示スタイルを変更できます。
「ミュージック」で、BGMを変更できます。内蔵の音源や、自分のミュージックライブラリから選べます。
「再生時間」で、秒単位でビデオの長さが指定できます。指定できる最短・最長時間は、そのメモリーに取り込まれた写真の枚数に左右されます。
「写真とビデオ」で、使用する写真とビデオを追加/削除できます。
編集が終わったら画面右上の「完了」をタップすると完成です。
iPad iPhone をタップすると、ビデオをメールで送ったりYouTubeにアップロードしたりできます。 「ビデオを保存」を選ぶと、このビデオがカメラロールに格納されます。

「メモリー」の写真を共有する

iPad iPhone メモリーの画面右上にある 右上のをタップすると写真の整理ができます。
iPad iPhone 写真を選んだうえで、 をタップすると、写真をメールで送ったり印刷したりできます。 詳しくは、写真を整理/印刷/送信するをご覧下さい。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい