古いiPhoneをiPod touchとして使う

iPhoneを機種変更すると、古いiPhoneが余ってしまいますが、これもそのまま使い続けることができます。 ここでは、そんな古いiPhoneを、Wi-Fiでネットにつないで使用する、iPod touchとして使用する手順を紹介します。

古いiPhoneをiPod touchとして使う

SIMカードを抜いた古いiPhoneは、携帯電話機能だけが動作しない「iPod touch」として継続使用が可能です。 もちろんWi-Fiによるネット接続もGPSもカメラも継続して使用可能です。 同じユーザーがそのまま使い続けるのであれば、古いiPhoneに格納した音楽、ビデオ、アプリもそのまま楽しめます。
ただしキャリアとの契約が無くなるので、キャリアの提供するメールやSMS,MMS、 ソフトバンクモバイルの「ソフトバンクWi-Fiスポット」au/KDDIの「au Wi-Fi SPOT」 NTT docomoの「docomo Wi-Fi」 は使用できなくなります。 これら屋外での公衆無線LANを継続して使用したい場合は、別途有料での契約が必要となります。

SIMカードと初期化(復元)

iPhoneのiOSをアップデートしたり、工場出荷状態に初期化(復元)すると、初期化の直後に「アクティベーション(端末の有効化)」という処理が行われます。 このアクティベーションの為には、iPhoneにSIMカードが装填されている必要があります。
しかし、機種変更などで契約が切れたiPhoneは、このSIMカードが抜かれている場合があります。 SIMカードを抜いたiPhoneは「初期化(復元)」を行うと、その後何も操作ができなくなってしまいます。
圏外
キャリア表示が「圏外」となっている場合は、iPhoneの中に契約が切れたSIMカードが残っています。 この場合はそのままアクティベーション可能です。 ただ、「圏外」のままだとバッテリ消費が激しいので、「機内モード」に切り替えておきましょう。
SIMなし
キャリア表示が「SIMなし」となっている場合は、iPhoneのSIMカードが抜かれています。 この場合は、初期化をした後にアクティベーションを行うことができません。 別のiPhoneから一時的にSIMカード移すか、アクティベーションだけに使えるSIMカード: アクティベーションカードを購入して使用します。
ただし、アクティベーションを行うと、そのときに使用したSIMカードの電話番号情報がiPhoneに取り込まれてしまいます。 その後SIMカードを抜いても、iPhoneの「自分の電話番号」画面にそれが表示されてしまいます。 もし、古いiPhoneを他人に譲ったり、中古ショップに売るときは、事前にSIMカードを抜いた状態で初期化(復元)し、アクティベーションは行いません。
SIMカードの詳細と装填方法については、下記のページを参照して下さい。

iPod touchとしてセットアップする

古いiPhoneを初期化して家族などにiPod touchとして使用してもらうには、下記の手順でセットアップします。 ただし、復元やバージョンアップの度に(元のユーザーの)SIMカードを入れてアクティベーションを行う必要があります。 なお、キャリア表示が「圏外」表示のまま使い続けるとバッテリを多く消費してしまいます。 必ず「機内モード」に切り替え、その後Wi-FiだけONにして使いましょう。
  • iPhone本体で、元のユーザーのApple IDで、 iCloudFaceTimeiMessageiTunes/App Store からサインアウトします。
  • 元のユーザーのパソコンで、SIMカードを入れた状態で「初期化(復元)」を行い、アクティベーションまで済ませます。 iTunesが「新しいiPhoneにようこそ」の画面になったら、パソコンからiPhoneを取り外します。
    (他人に譲ったり、中古ショップに売るときは、SIMカードを抜いた状態で「初期化(復元)」します。)
  • 新しいユーザーのパソコンに接続します。iTunesが「新しいiPhoneにようこそ」の画面になります。ここで「新しいiPhoneとして設定」を選びます。

SIMロックを解除して格安SIMを入れる

iPhone6s/6s Plus(2015年9月発売)以降のモデルでは、携帯キャリアに依頼すれば、SIMロック解除をしてもらえます。 そして格安SIMを入れれば引き続き屋外でも通話・データ通信ができます。 これについては下記のページをご覧ください。