連絡先を携帯電話間で移行する方法

ここでは、他の携帯電話から、iPod/iPad/iPhoneの「連絡先(contacts)」にデータを移行する方法を説明します。
なお、iPod/iPad/iPhoneの連絡先の使い方全般については連絡先(電話帳/アドレス帳)の使い方で紹介しています。併せてご覧ください。

アンドロイド携帯からのデータ移行

アンドロイド携帯からのデータ移行のため、アップルは“Move to iOS”というデータ移行アプリを公開しています。 このアプリをアンドロイド携帯にインストールすれば、わずか数ステップで、あなたのAndroidデバイスから自動的かつ安全にコンテンツを移行することができます。 電話帳、メッセージ履歴、写真とビデオ、ウェブサイトのブックマーク、メールアカウント、カレンダーなどすべてのコンテンツを確実に転送できます。 また、アップルストアでも無料で移行を手伝ってくれます。 その他の方法としては、Copy My Dataというアプリを両方の携帯にインストールすれば、Wi-Fi経由でandroid携帯からiPhoneへデータ移行することも可能です。

Excel形式を使う:各種アプリを利用する

Excel形式や“.CSV”形式のファイルを使って、iPhone/Androidスマートフォンなどの電話帳データをやり取りするアプリがいくつか公開されています。 “.CSV”形式のファイルはMicrosoft Excelで編集できます。 従来使用していた携帯電話の電話帳が“.CSV”形式に変換できれば、これをExcelに読み込み、自由に編集した後iPhoneに取り込むことができます。 お使いの携帯電話の電話帳を“.CSV”形式に変換する方法については、各携帯電話会社にご確認ください。 電話・連絡先・電話帳関連アプリのコーナーで、このようなアプリを紹介していますので、参照してください。

vCard (.vcf ファイル)を使って移行する

フィーチャーフォンのSDカードに格納された電話帳など、vCard (.vcf ファイル)形式のデータの場合は、 パソコンのiCloudから(連絡先)に取り込む事ができます。 まずはiPod/iPad/iPhoneでiCloudを使用するように設定し、パソコンからiCloudの「連絡先」を開き、vCardを取り込みます。 あるいはiPod/iPad/iPhoneで、メールに添付された.vcf ファイルをタップして連絡先に登録することもできます。

ソフトバンクモバイルの場合

無料アプリ「電話帳かんたんコピー」を使うと、今まで使用していたiPhone以外の携帯電話の電話帳を、iPhoneの「連絡先」へコピーできます。 また、次のような手順書を公開しています。

au/KDDIの場合

無料アプリ「データお預かり」を使うと、今まで使用していたiPhone以外の携帯電話の電話帳を、iPhoneの「連絡先」へコピーできます。 また、次のような手順書を公開しています。

NTT docomoの場合

ドコモのサイトでは、パソコンとSDカードを利用した「電話帳変換ツール」や iOS間の移行では「ドコモデータコピー」アプリによる移行方法を紹介しています。

その他クラウドサービスとの同期

アップルの提供するiCloudを使用すれば、あなたの持っているすべてのiPod/iPad/iPhoneで連絡先を同期することができます。 他のiPod/iPad/iPhoneの連絡先が、新しいiPod/iPad/iPhoneに自動的にコピーされてきます。 これには単にiPod/iPad/iPhoneで「iCloud」機能を有効にするだけでOKです。

Google contactsと同期


設定(設定)-[連絡先]でGoogleのアカウントを設定し、「連絡先」をオンにします。

Facebookの友達リストと同期


設定(設定)-[Facebook]でFacebookのアカウントを設定し、「連絡先」をオンにします。

連絡先の移行に使えるアプリ

もっと連絡先(電話帳/アドレス帳)のことを知りたい