画像ファイルをPDFに変換する

コミックなどをスキャンした画像ファイルをPDFに変換して、iPod/iPad/iPhoneで読むことが出来ます。 ここでは画像ファイルをPDFに変換する方法を紹介します。
なお、本をスキャンして電子ブック化する方法については、 電子書籍を作る:コンテンツの準備で簡単にご紹介していますので、ご参照ください。

PDFの回転表示

本体を横にしてピンチアウト操作を行うとこのようになります。 文字が多い/小さいコミックスは、このように横方向で楽しむのが良いと思います。
なお、電子書籍、自炊本、小説、コミックを読む方法方法の全般については、 電子書籍、自炊本、小説、コミックを読む方法 のページで紹介しています。併せてご参照ください。

コミックスの画像を縮小する

コミックスのスキャンをiPod/iPad/iPhoneで楽しむ場合、その画像ファイルが大きいと、iPod/iPad/iPhoneで表示するときも動作が重くなってしまいます。 ページめくりが非常に遅くなります。 そこで、iPod/iPad/iPhoneに転送する前に、画像ファイルを縮小しておくことをお勧めします。 しかし、逆に余り小さくすると、文字が読めなくなります。 iPod/iPad/iPhoneで楽しむ場合は、長辺(縦方向)が、iPhone(3GS以前)/iPodの場合は800ピクセル、iPhone(4以降)/iPadの場合は1200、最新の高性能モデルなら1600~2000ピクセルぐらいになるよう縮小しておくと良いと思います。 すると、コミックス1冊あたり、約20~30MBに収まります。 画像ファイルを縮小するには、各種フリーソフトが使えます。 ここでは、このなかからフリーソフトの「Ralpha」を使用した例を示します。
Ralphaダウンロードページ(窓の杜) のページから『Ralpha』をダウンロードし、任意のフォルダで解凍します。 解凍されたフォルダの中の「Ralpha.exe」が本体です。これをダブルクリックすると起動し、左のような画面になります。
まずは縮小方法を指定します。 「サイズ指定」は「高さ基準」を、また「長辺」はご使用のモデルに合わせて「800」「1200」「1600」などを選びます。
結果の出力先は「ファイル名生成規則」欄で指定します。 デフォルトでは、元のフォルダの下に「resize」というフォルダが生成され、この中に保存されます。 特に変更する必要は無いでしょう。
つづいてコミックの画像を読み込みます。 エクスプローラーで画像ファイルをすべて選択して、「Ralpha」のウインドウにドラッグ&ドロップすればOKです。 左上の様に[ファイル]メニューから[ファイルをリストに追加]/[フォルダごとリストに追加]を選択しても構いません。
画像を読み込んだら、右上の実行ボタンをクリックします。
すると変換が始まります。コミックス1巻分なら数秒で変換が終了します。 「resize」というフォルダの下に縮小した画像が格納されているはずです。

コミックスの画像をPDFに変換する

つづいて、縮小した画像をまとめて1つのPDF形式のファイルに変換しましょう。
ここでは、フリーソフトの「画像梱包」を使用した例を示します。
画像梱包ダウンロードページ(Vector) のページから『画像梱包』をダウンロードし、任意のフォルダで解凍します。 解凍されたフォルダの中の「pic2pdf.exe」が本体です。これをダブルクリックすると起動し、このような画面になります。
エクスプローラーから、「Ralpha」で縮小した画像をすべて選択し、「画像梱包」のウインドウにドラッグ&ドロップします。
「ファイル名」欄に、出力ファイル名を指定し、「保存」をクリックします。
「画像梱包」のウインドウの左下のプログレスバーが伸びて、進捗状況が表示されます。 ここに「Fin」と表示されたら変換終了です。 元画像が格納されているフォルダに、PDFファイルができているはずです。 PDFファイルが完成したら、これをiPod/iPad/iPhoneに転送しましょう。 パソコンとiPod/iPad/iPhoneを接続する方法は、 iPod/iPad/iPhoneをUSBメモリとして使用するのページで詳しく説明しています。 またはEメールの添付ファイルとして送っても良いと思います。