電子書籍、自炊本、小説、コミックを読む方法

Amazonを始め各社が電子書籍のオンラインショップを開設しています。 アップル社も2010年よりiBooks storeをオープンしました。 また、インターネット電子図書館「青空文庫」(http://www.aozora.gr.jp/) では、著作権が切れた作家の作品が大量に無料で公開されています。
ここでは、電子書籍、自炊本、小説、コミックを読む方法方法を説明します。

定番アプリで読む

電子書籍、自炊本ビュアー定番アプリの使い方を解説します。
Amazon kindle(キンドル)アプリ
Amazonの提供する電子ブックリーダーです。Amazon Kindleストア からダウンロード購入した電子書籍をiPod/iPad/iPhoneで読むことができます。 一旦購入した電子書籍は、あなたの持つすべてのiPod/iPad/iPhoneやKindleデバイスで読むことができます。
i文庫S/i文庫HD
青空文庫の文学作品などを快適に読むためのアプリケーションです。 まるで紙の本を読んでいるかのようなインターフェイスにより、リアルで快適な読書を楽しめます。 青空文庫230冊を内蔵。10000を超える青空文庫の作品を随時、追加ダウンロードして読むことができます。 青空文庫以外に、自分で用意したテキストファイルなども読むことができます。 PDFやJPG形式の画像ファイルなども閲覧可能です。
iBooks
アップル社が提供する電子書籍リーダーです。同じくアップル社が提供するオンラインの電子書籍ストア「iBooks store」が内蔵されており、購入からダウンロード、読書まで1つのアプリで完結しています。
Newsstand(ニューススタンド)
iTunes Storeで販売されている定期購読タイプの電子書籍(雑誌・新聞)アプリを一堂に集め、自動更新してくれるのがNewsstand(ニューススタンド)です。 お気に入りの電子書籍の新刊が発行されるたびに自動的にダウンロードされ、すぐに最新刊が読めます。
本

電子書籍アプリケーションいろいろ

ここでは、iPod/iPad/iPhoneで利用可能な電子書籍関連のおすすめアプリを紹介します。

画面の回転をロックしたい

寝転がりながらiPod/iPad/iPhoneを使って電子書籍を読んでいると、画面が縦方向、横方向にころころ切り替わって、使いにくいときがあります。 そんなときは、画面の回転をロックすることができます。詳しくは下記のページをご覧下さい。

文庫やコミックを電子書籍にする

書籍を解体/スキャンして電子書籍に変換する事を、俗称で「自炊」と呼びます。 ここではこの「自炊」の方法を解説します。

電子書籍の形式

webサイトなどで配布・販売されている電子書籍には、実に多くのファイル形式があります。 ここでは代表的なもののごく一部を説明します。
電子書籍の形式
テキスト形式(.txt) 単純に文字コードのみが書き込まれたファイルです。プレーンテキストなどとも呼びます。 青空文庫で用いられている形式です。 Windowsの「メモ帳」やテキストエディタ、 フリーソフトのsmoopyで閲覧することができます。
EPUB形式 XHTML形式で書かれたテキスト、画像と、EPUBの情報を格納したテキストファイルを、ZIP形式に圧縮したオープンな規格です。 アップルの「iBooks」アプリでも採用されており、最近の電子書籍の主流となりつつあります。
.book形式 ダウンロード販売される、文字中心の電子書籍でよく利用されます。 専用の閲覧ソフト「 T-Time 」(ボイジャー)で読むことができます。
XMDF形式 ダウンロード販売される、文字中心の電子書籍でよく利用されます。 専用の閲覧ソフト「 ブンコビューア 」(シャープ株式会社)で読むことができます。
PDF形式(.pdf) ユーザーによる文章の改変を防止する、ドキュメントの閲覧用のファイル形式です。 テキストだけでなく、写真、絵、画像やCADデータなどもまとめてファイル化することができます。 「Adobe Reader」 で読むことができます。
Keyring PDF形式(.pdf) 著作権保護機能を搭載したPDF形式のファイルです。 Adobe Readerとキーリングライブラリで読むことができます。

電子書籍の入手先

無料の電子書籍の入手先に関するリンク集です。
青空文庫
著作権切れの作品を無料公開している「青空文庫」です。
プロジェクト杉田玄白
青空文庫同様、著作権切れの作品を無料公開しています。
プロジェクト・グーテンベルグ
青空文庫同様、著作権切れの作品を無料公開しています。英文です。
Jコミ
絶版となったコミックスに広告を入れて、無料で配信しているサイトです。漫画家の赤松健氏が設立。
パブー
誰でも簡単に電子書籍の作成・販売が行えるサイト。 一般の方々が出版した電子書籍が読めます。無料・有料あり。
ePubs.jp
電子書籍の投稿・共有サイト「ePubs.jp」。EPUB形式の電子書籍が読めます。