ビデオを見ながらアプリを使う:Picture in Pictureの使い方

iOS9以降にアップデートしたiPadシリーズ(2014年発売の第六世代 iPad Air2以降)では、ビデオを見ながらアプリを使うことができます。 これをPicture in Picture(ピクチャー・イン・ピクチャー)と呼びます。

Picture in Pictureを使用するための設定

iPad iPadでPicture in Pictureを有効にするには 設定(設定)-(一般)-[マルチタスクとDock] で「オーバーレイでのビデオの継続再生」を タッチパネル:ON(オン)にします。

Picture in Pictureの使い方

iPad (ビデオ)アプリや、 (Safari)で動画共有サイトを開いてビデオ再生中に、画面右下の アイコンをタップするとPicture in Picture(ピクチャー・イン・ピクチャー)モードに切り替わります。
iPad ビデオ再生画面が小さくなり、画面の隅に移動します。 ここでホームボタンを押したり、Slide Over(スライドオーバー)機能を使って別のアプリに切り替えることができます。 ビデオ再生画面をタップすると表示されるアイコンをタップすると、ビデオが全画面表示に戻ります。
iPad このようにExcel使用中にビデオ再生したりできます。 ビデオ再生画面をドラッグすると、表示位置を四隅のいずれかに移動することができます。さらに一時的に表示を画面の外に追い出すことも可能です。 ビデオ再生画面を2本指でピンチアウト/ピンチインすると、画面のサイズを3段階に変更することができます。
iPad (FaceTime)のテレビ電話でもPicture in Picture機能を使うことができます。 通話を開始した後、ホームボタンを押すとPicture in Pictureモードになります。
Slide Over(スライドオーバー)、Split View(スプリットビュー)の機能をフルに使うと、ビデオ再生画面と合わせて、都合4つのアプリが同時に開いている状態になります。 ただし、すべてのiPadで4つのアプリが同時に開けるわけではありません。モデルの性能により制限されます。

もっとiPad特有の便利な操作方法を知りたい