Apple IDセキュリティ強化:2ファクタ認証の使用方法

AppleIDのセキュリティを強化する

あなたのAppleIDのセキュリティは十分ですか? 昔からのiPod/iPad/iPhoneユーザは、セキュリティの甘いパスワードをそのまま継続して使用しているのではないでしょうか。 まずはパスワードを長く複雑なものに変更しましょう。
PC アップルのApple ID管理サイトMy Apple IDから、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。 サインインしたら「セキュリティ」欄にある「パスワードを変更...」をクリックします。 そこで英小文字、英大文字、数字を交えた、8ケタ以上のより長いパスワードを設定します。 「2ファクタ認証」を利用すればより完璧です。

2ファクタ認証とは

2ファクタ認証(two-factor authentication)とは Apple ID のパスワードを盗まれても、それだけではサインインできなくする機能です。 新しく購入したデバイスや、iTunes StoreやiCloudなどで、Apple IDでサインインやダウンロード購入しようとすると、 あなたの「信頼済みのデバイス」(すでに所有しているiPod/iPad/iPhone)に表示される 6 桁の「Apple ID確認コード」の入力が求められます。 この確認コードを入力して初めてサインインに成功します。

「2ファクタ認証」の代わりに「2 ステップ確認」を使用する


2ファクタ認証が使用できるのは、あなたがお持ちのデバイスのどれか1台以上でiOS9以降、OS X El Capitan以降が動作している場合に限られます。 もし該当するデバイスを持っていないときは、代わりに「2 ステップ確認」が使用できます。

AmazonやGoogleアカウントにも2段階認証を設定する

AmazonやGoogleアカウントにも2段階認証の仕組みが準備されています。 こちらも設定しましょう。 詳しくは下記をご覧ください。

2ファクタ認証の設定方法

もしあなたがすでに「2 ステップ確認」を利用している場合は、一度それを解除します。 詳しくはアップルのサイトを参照してください。
iPad iPhone 設定(設定)-[iCloud]を選択し、Apple IDが表示されている部分をタップします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。「パスワードとセキュリティ」をタップします。
iPad iPhone つづいて「2ファクタ認証を有効にする」をタップします。
iPad iPhone 「続ける」をタップします。
iPhone この画面では、本人確認に使用する「信頼できる電話番号」を登録します。 iPhoneの場合は、iPhoneの電話番号が入力されています。 あなたがいつも使用している電話の番号を入力します。
その電話番号がSMSを受信できるときは「SMS」に、自宅の固定電話など、SMSを受信できないときは「音声通話」にチェックを入れます。 そして右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone 2ファクタ認証では「iCloudキーチェーン」が使用されます。 従来iCloudキーチェーンを使っていなかったときは、こちらも自動的にONになります。
iPad iPhone これでこのデバイスは「信頼できるデバイス」になりました。 他のデバイスやサービスなどで、あなたのApple IDでサインインしようとすると、このデバイスに通知が届きます。
あなたがお持ちの他のiPod/iPad/iPhone/Mac/Apple TVで、 設定(設定)-[iCloud]を選択し、 iCloudにサインインすると、そのデバイスも「信頼できるデバイス」になります。

「信頼できる電話番号」を変更・追加する

「信頼できる電話番号」として使用している電話機を紛失したときに備え、もう一つ「信頼できる電話番号」を登録しておきましょう。 また、何らかの理由で電話番号が変わったときは「信頼できる電話番号」も更新する必要があります。 まず新しい番号を追加登録し、つづいて古い電話番号を削除します。
iPad iPhone 設定(設定)-[iCloud]を選択し、Apple IDが表示されている部分をタップし、つづいて「パスワードとセキュリティ」をタップします。 そして「信頼できる電話番号を追加...」をタップします。
iPad iPhone 追加したい電話番号を入力します。
その電話番号がSMSを受信できるときは「SMS」に、自宅の固定電話など、SMSを受信できないときは「音声通話」にチェックを入れます。 そして右上の「送信」をタップします。
iPad iPhone するとその電話番号にSMSが送信、または自動音声の音声通話がかかってきます。 ここで指示された6ケタの番号を画面に入力すると・・・
iPad iPhone このように追加されます。
iPad iPhone 「信頼できる電話番号」を削除したいときは、その電話番号をタップします。 するとこのような画面になるので「電話番号を削除」をタップします。
なお、音声通話の回線を「信頼できる電話番号」に追加しても、サービスのサインイン時に毎回電話がかかってくることはありません。 iOSデバイスが「信頼できるデバイス」に登録されていれば、そちらに「確認コード」が表示されます。 音声通話の回線は、iOSデバイスがすべて削除された場合や、Apple IDが乗っ取られたとき、パスワードを忘れたときに活躍します。

2ファクタ認証の使用方法

新しく購入したデバイスや、iTunes StoreやiCloudなどで、Apple IDでサインインやダウンロード購入しようとすると「2ファクタ認証」の「確認コード」入力が要求されます。
iPhone たとえばMy Apple IDにサインインしようとすると、このような画面になります。
iPhone 同時に「信頼できるデバイス」の画面にこのような通知が出ます。 サインインしようとしているデバイスの、おおよその場所を示す地図も表示されます。 ただしこの地図は契約しているインターネットプロバイダの住所などを示すこともあるので、正確ではありません。
自分がサインイン操作しているときは「許可する」をタップします。 もし心当たりのない場合は「許可しない」をタップします。
iPhone 「許可する」をタップすると、このように、その時限り有効な6ケタの「確認コード」が表示されます。 これをコードを要求されている画面に入力するとサインインできます。 サインイン時にひと手間増えますが、セキュリティが向上します。

「信頼できるデバイス」を確認する

PC My Apple IDの「デバイス」欄では、現在あなたのApple IDでサインインしているデバイスの一覧が表示されます。 デバイス名をクリックするとシリアル番号などの詳細情報が表示されます。
PC 中古品として売ってしまったデバイスなどがあれば、ここから削除しておきましょう。 また「iPhoneを探す」のデバイス一覧などからも削除しておきましょう。 さもないと、手放したデバイスに残されたあなたのApple IDが、不正利用に使われる可能性があります。
詳細情報の「を削除」をクリックすると削除できます。

App 用パスワードを使う

PC 2ファクタ認証を設定した後、iCloudにアクセスするアプリを使うには、そのアプリからiCloudにサインインするための「App 用パスワード」が必要になります。 このような他社製アプリを起動したときにApple IDとパスワードの入力が要求された時には、通常のパスワードの代わりに「App 用パスワード」を入力します。 「App 用パスワード」は事前にMy Apple IDの画面で作成しておきます。
なお、iOS標準搭載のiMessageとFaceTimeにも「App 用パスワード」が必要になります。 まずは「App 用パスワード」を一つ作っておきましょう。
「App 用パスワード」は一度に最大 25 個を有効にできます。 アプリごとに異なるパスワードを使うことも可能です。 詳しくは下記のページをご参照ください。

2ファクタ認証の使用をやめる

PC 2ファクタ認証の使用をやめるとき、設定を変更するときはMy Apple IDから行います。 「セキュリティ」欄の「編集」をクリックします。
PC つづいて「2ファクタ認証を無効にする」をクリックします。
PC このような確認画面になります。 「2ファクタ認証を無効にする」をクリックします。
PC 2ファクタ認証の代わりに使用される、3つのセキュリティ質問を設定します。 Apple IDパスワードを忘れたときなどに必要となります。3つの質問とその回答は忘れないようにしましょう。
PC つづいて誕生日と修復用メールアドレスの確認です。 もし、修復用メールアドレスが指定されていないときは、この機会に追加しましょう。 普段Apple IDに使用しているメールアドレスとは異なるアドレスを入力します。
PC 以上で2ファクタ認証が無効になりました。 また2ファクタ認証を利用したいときは、単に設定をやり直すだけでOKです。