ブルーライトをカットする:Night Shiftモードの使い方

Night Shiftモードとは

主に夜間に、画面の色調を暖色系(オレンジ系)にシフトさせ、ブルーライトを軽減するのがNight Shiftモードです(iOS9.3以降)。 夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。 Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます。 そして朝になると通常の設定に戻します。

Night Shiftモードを設定する

iPad iPhone Settings(設定)- (画面表示と明るさ)-[Night Shift]を選びます。 図のような画面となるので「時間指定」または「手動で明日まで有効にする」を タッチパネル:ON(オン) にすればセット完了です。
「時間指定」を選ぶと、初期値で午後10時から翌朝7時まで、自動的にNight Shiftモードになります。
「手動で明日まで有効にする」を選ぶと、すぐさまNight Shiftモードが有効になります。
iPad iPhone 「時間指定」を選んだときは、その時間表示をタップするとこのような画面になります。 GPSを使って現地の日の出、日の入り時刻に合わせるか、または任意の時間を指定することができます。
iPhone Night Shiftモードが有効になると、このようにオレンジかかった画面になります。