HDR撮影とは?

HDR撮影とは?

HDR(High Dynamic Range)撮影とは、適正露出の写真の他に、露出アンダー、露出オーバーの3枚の写真を連続撮影し、合成することにより、よりダイナミックレンジの広い写真を生成するものです。 画面の中に非常に明るい部分と暗い部分が混在しているとき、逆光の時などに、より美しい写真が撮影できるようになります。 そのかわり、3枚の撮影には時差があるため、被写体や撮影者が移動している時は、合成画像がブレてしまいます。動きの早いシーンでの撮影には向きません。 シーンに応じて上手く使い分けてください。
この機能は、カメラ撮影時に をタップし、ON/OFF/自動 を選択することが出来ます(自動はiOS7.1以降)。 「自動」を選択すると、必要な時に自動的にHDR撮影が行われます。 HDR ONの時はLEDライトは強制的にOFFになります。また、HDR ONで撮影したときは、1回の撮影で、HDRモード合成された写真と適正露出の写真の2枚がカメラロールに格納されます。 設定(設定)- 写真とカメラ(写真とカメラ) -[通常の写真を残す]メニューで、2枚とも残すか、HDRモードの写真のみを残すかを指定できます。
なお、HDR撮影が出来るのはiPhone(iPhone 4以降)/iPod touch(第五世代以降)のみです。

HDR撮影する方法

iPhone (カメラ)を起動するとこのような画面になります。 ここでをタップすると・・・
iPhone このようにHDR撮影の設定メニューが表示されます。 ON/OFF/自動のいずれかをタップします。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい