Apple Watchの画面を拡大する/元に戻す

iPhone Apple Watchには画面表示を拡大する機能があります。 1.2倍から最大15倍まで、いつでも2本指で画面をタップするだけで拡大表示することができます。 拡大された画面は、2本指でドラッグするか、デジタルクラウンを回すと表示位置を変えることができます。 また、再度2本指で画面をタップすれば元に戻ります。
iPhone 画面の拡大率は、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[アクセシビリティ]-[ズーム機能]で設定します。
「ズーム機能」が タッチパネル:ON(オン)になっていると画面の拡大が有効になります。
「最大ズームレベル」を左右にドラッグすると拡大率が指定できます。 通常は2倍程度が使いやすいと思います。

もっとApple Watchのことを知りたい