• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

写っているものを判別する・切り抜く・背景を削除する : Visual Look Upの使い方

iPhoneでは、写真やカメラの映像に何が映っているかを解析することができます。 そしてその被写体に関する情報を表示してくれます。 動物や植物などの名前、名画のタイトルや作者、本の情報、有名観光地の情報などを、画像から引き出すことができます(iOS15以降)。
さらに写っている被写体を切り抜き、背景を削除することができます(iOS16以降)。
この機能を Visual Look Up (ビジュアル・ルックアップ)と呼びます。 ここではこのVisual Look Upの使い方を解説します。

Visual Look Upが使えるiPod/iPad/iPhone

Visual Look Upが使えるiPod/iPad/iPhoneは、iOS15以降にアップデートし、CPUに A12 Bionic 以降を搭載した、2018年9月発売の iPhone XS/XR以降、iPad mini 5以降、iPad Air 3以降、iPad 8以降、iPad Pro 3G以降です。

写真に写った文字を読み取る

写真やカメラの画像に写った文字を読み取り、それを翻訳したりコピーする機能は「Live Text(ライブ・テキスト)」と呼びます。 これについては下記で解説しているのでご参照ください。

写っているものを判別する/被写体の情報を読み取る

この機能が使用できるのはiOS15以降(国内ではiOS16以降)です。
iPhone (写真)アプリを開き、被写体を判別したい写真を開いてください。 Visual Look Up機能が使える写真では、写真の下に アイコンの代わりに アイコンが表示されます。 これをタップします。
なお写真を開いてから、アイコンの形が変わるまでに少し時間がかかる場合があります。
iPhone 写真に関する情報が表示され、アイコンのデザインが に変わります。 写真の中には、例えば「植物」と判別された部分には アイコンが表示されます。 また、写真の情報画面には「調べる-植物>」という表示が現れます。 このアイコンまたは「調べる-植物>」表示をタップすると...
iPhone 被写体に関する判別結果が表示されます。 判別結果のタイトル(ここでは「アサガオ」)をタップすると...
iPhone 被写体に関する、さらに詳しい情報を読むことができます。
iPhone 被写体の判別機能は、動物や植物だけでなく、このような有名観光地の写真など、いろいろなもので動作します。 試してみてください。

写っているものを切り抜く・背景を削除する

写真から被写体を切り抜いて、メールやメッセージなどにステッカーのように貼り付けることができます。 写真に写っている人物や動物などのオブジェクトを、背景と分離して「切り抜き」することができます。 この機能は"lift subject from background(背景から被写体を持ち上げる)"と呼ばれています。 なお、この機能が使用できるのはiOS16以降です。
iPhone (写真)アプリを開き、切り抜きたい写真を開いてください。 そして写真の上で、被写体を長押しします。
Live Photos の場合は、アニメーションが始まる直前で指を離します。
すると短いバイブレーションがあり、被写体が波打つようなエフェクトがあり、輪郭の周りに白い輝きが流れます。 そしてこのように [ コピー | 共有 ] メニューが表示されます。
例えば「コピー」を選ぶと、切り抜かれた画像がクリップボードに保存されます。
iPhone つづいて別のアプリ(ここでは (メッセージ) )を開き、画面を長押しすると表示されるメニューから「ペースト」を選びます。 するとこのように切り抜かれた画像が貼り付けられます。
iPhone 画面に表示されたメニューから「共有」を選ぶと、このようにiOS標準のシェアシートが表示されます。 自分のデバイスや、最近連絡を取った人の顔写真やアプリのアイコンが並んでいます。 これをタップすると、切り抜いた画像を友人に送る/共有することができます。
AirDrop
近くにiPod/iPad/iPhoneユーザーがいて、デバイスを操作していると、 マーク付きで、その人の顔写真が表示されます。 この顔写真をタップすると、 AirDrop を使って近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーと、このメモを共有できます。
メール/メッセージ
「メール」「メッセージ」をタップすると、選択した文字列を メールメッセージ で送ることができます。
プリント
「プリント」をタップすると、 AirPrint対応のプリンタで印刷できます。
iPhone あるいは被写体を長押ししたら、そのままドラッグすると、このように被写体を持ち上げることができます。 ここで、画面から指を離さずに、別の指を使用して画面下端から上に向かってフリックして「写真」アプリを閉じます。 つづいてメッセージ、メール、メモ、または画像が貼り付けられる別のアプリを起動します。 すると切り抜いた画像を別のアプリに ドラック&ドロップ することができます。 写真アプリ内で一時停止したビデオでも、同様に操作することができます。
ドラッグ&ドロップの操作方法については ドラッグ&ドロップでアプリ間のデーターコピー をご覧ください。