• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

初心者のためのプロポ/送信機の選び方 | 初心者のためのマイクロドローン/FPVドローン入門

Jumper T12 Pro OpenTX radio controller
ここでは、初心者のために マイクロドローン/FPVドローン 用のプロポ/送信機を選ぶための基本情報をまとめてみました。
マイクロドローン/FPVドローンを始めるなら、まず最初にプロポ(デジタルプロポーショナル式送信機)を入手しましょう。 送信機さえあれば、パソコンの ドローンシミュレーター を使って操縦の練習が開始できます。

プロポ/送信機の選択

送信機を選ぶのにあたって必要な情報が、ドローンとの通信に使用するプロトコルと、国内で電波法に準拠していることを示す「技適証明」の取得の有無です。
なお、マイクロドローン用のプロポとしては、Jumper社、FrSky社、Spektrum社の3社の製品が有名です。中でも世界的にはFrSky社の製品が主流です。

通信プロトコル

送信機からドローンに送信される制御信号には、いろいろなプロトコルが存在します。 プロトコルの仕様まで理解する必要はありませんが、飛ばしたいドローンと送信機のプロトコルが一致していることを確認する必要があります。
ほとんどのマイクロドローンは「Frsky」、「DSMX」、「Flysky」のいずれかのプロトコルを使用しています。 この3つに対応した送信機を入手するのが確実です。 今では1万円程度で、複数のプロトコルに対応した送信機が入手できます。 またはオプションのマルチプロトコルモジュールが追加できる送信機もあります。
なかでも「Frsky」が最もポピュラーなプロトコルです。 迷ったときは、「Frsky」をサポートするドローンと送信機を選ぶのが良いでしょう。
なお、「Frsky」にはさらにサブタイプという分類があり、このなかの「D8」というサブタイプは2015年以降ヨーロッパでは使用禁止となっており、またサブタイプ「D16」ではLBT(Listen Before Talk)というプロトコルの使用が必須となっています。 このため「Frsky」をサポートするドローン/プロポには、ヨーロッパ向けの「Frsky Non-FCC / Frsky LBT」と、その他の地域向けの「Frsky FCC / Frsky Non-EU」という2つのモデルが準備されています。 日本で使用するのであれば、「Frsky FCC」を選択すればよいでしょう。

「技適証明」取得の確認

技適(技術基準適合証明)マーク
ラジコン用プロポは、制御信号を2.4GHz帯(2403MHz-2447MHz)の電波で送信します。 電波を発信する機器を日本国内で使用するには、その装置が 技術基準適合証明(技適):TELEC certification (総務省) を取得している必要があります。 「技適証明」は通常、メーカーまたは輸入業者が総務省に申請して取得し、製品に図のような「技適マーク」を付けます。 iPhoneの設定画面にもこのマークが付いているのをご存じの方も多いと思います。
一般ユーザーは、この「技適マーク」が付いている送信機を選ぶ必要があります。 あるいは、手間と費用が掛かりますが、 個人で技適申請を行う (JARD) ことも可能です。 通販ショップなどで販売されている海外製の送信機の中には、この「技適証明」を取得していないものがあるので注意が必要です。

コントロールスティック/ジンバル

コントロールスティックと、その動きを検知するセンサー部分のユニットをまとめてジンバル(Gimbal)と呼びます。 通常プロポには左右2つのジンバルが搭載されています。
ジンバルには、そのセンサーのタイプで大きく2種類あります。 一つは、ホールセンサー(Hall Sensor)と呼ばれるもので、磁気を使ってスティックの位置を検知します。 もう一つは電気接点を用いる方法で、ポテンショメーター(Potentiometer)とも呼ばれます。 一般的にはホールセンサーの方が摩耗する部分が少ないので、動作が軽く、長持ち、しかし高価です。

ファームウェアのセットアップ

マイクロドローンで使用されるプロポは、オープンソースのファームウェア(制御用ソフトウェア)で動作しています。 フライトが可能になるまでには、いくつかの設定を行う必要があります。 製品によってはファームウェアのインストールから着手する必要があります。 パソコンとプロポをUSBケーブルで接続して、ファームウェアのコンパニオンソフト(Configurator)を使うと、各種の設定や調整を行うことが可能です。
最近のモデルでは、ファームウェアには OpenTX が採用される例が多いようです。 OpenTXを搭載した送信機の設定方法については、情報サイト OpenTX University RCdiy に詳しく説明されています。 また OpenTXプロポ/送信機の使い方 もご参照ください。

バインド

送信機とドローンは、最初に相互を結びつける「バインド」という操作を行う必要があります。 一台の送信機に複数の受信機(ドローン)をバインドして切り替えて操縦できますが、一つの受信機は一つの送信機としかバインドできません。 新たな送信機とバインドすると、これまで使用していた送信機とのバインドは解除されます。
バインドするには、まずはドローンをバインドモードで起動して、つづいて送信機側でバインドの操作を行います。 この手順は、送信機、ドローンで様々です。 それぞれの説明書をよく読んで操作してください。

Arm / Disarm

ドローンの操作を有効にすることをArm(アーム)といいます。 バインドを終え、プロポとドローンの電源を投入したら、プロポでArmスイッチをONにすることにより、スティック等の操作が有効になります。 危険を感じたときなどは、故意にArmスイッチをOFFにすることにより、ドローンをその場に落下させることができます。
通常スロットルがゼロに、また機体が水平になっていないとArmできません。

マイクロドローン/FPVドローン用プロポ/送信機のいろいろ

  • Jumper T8SG V3 マルチプロトコル プロポ送信機

    Jumper 13800円

    搭載ファームウェア:Deviation
    技適・電波法認証済、安心して使用でるマルチプロトコル送信機。内蔵式4IN1 RFモジュールを採用(CC2500 CYRF6936 A7105 NRF2401)。ホールセンサージンバル、LCDスクリーンを採用。最大12チャンネルの出力、オープンソースファームウェア、全チャンネルはプログラム可能。

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    モード2
    モード2
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    モード1
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う

  • Jumper T12 Pro マルチプロトコル 2.4G プロポ送信機 Hallセンサージンバル

    Jumper 12700円

    搭載ファームウェア:OpenTX
    内蔵式JP4-in-1 マルチプロトコールモジュール付き。DSM2/X, FrSKY, SFHSS, FlySky, FlySky AFHDS2A, Hubsan などをサポート可能。OpenTXを基づいたオープンソースマルチプロトコールファームウェア。JR/FrSKYに対応可能なモジュールベイ。USBオンラインファームウェアアップグレード。低電力消費。

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    Mode2(左スロットル)
    Mode2(左スロットル)
    Amazon.co.jpで買う
    Mode1(右スロットル)
    Mode1(右スロットル)
    Amazon.co.jpで買う
    Mode1(右スロットル)
    Mode1(右スロットル)
    Amazon.co.jpで買う
    Mode2(左スロットル
    Mode2(左スロットル
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う

  • JUMPER T-LITE マルチプロトコルプロポ送信機

    Jumper 8696円

    搭載ファームウェア:OpenTX
    STM32F205 MCU、Opentxファームウェアを採用します。1.3''128*64 LCDディスプレイ、高品質ホールセンサージンバル。内蔵式マルチプロトコルモジュール。Jumper 915モジュール、TBS NANO Crossfireをサポート可能。USB-C充電機能、音声機能、振動機能付き。

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    4IN1チップ
    4IN1チップ
    Amazon.co.jpで買う
    シングルチップ
    シングルチップ
    Amazon.co.jpで買う

  • FrSky Taranis X9 Lite 24CHプロポ送信機

    FrSky 14999円

    搭載ファームウェア:OpenTX
    トレーニング機能とスペクトラムアナライザ付き人間工学に基づいたコンパクトなデザインACCESSプロトコル対応、高速デジタルインタフェースモジュールを採用オペレーティングシステム:ErskyTX / OpenTX振動注意機能、音声出力、18650バッテリーを利用可能

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    青

    Amazon.co.jpで買う
    黒

    Amazon.co.jpで買う
    白

    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う

  • FrSky Taranis Q X7 2.4GHz アクセストランスミッター

    FrSky 25324円

    搭載ファームウェア:OpenTX
    人間工学に基づいたコンパクトなデザインのオープンソースオペレーティングシステム。ACCESSプロトコル高速モジュールデジタルインターフェース搭載。スペクトラムアナライザー機能有線トレーニング機能をサポート。ハプティック振動アラートと音声出力。バッテリーコンパートメントに簡単にアクセスできます (電池は付属していません。交換可能な18650リチウムイオン電池に対応)。スマートポート、マイクロSDカードスロット、ミニUSBポート、DSCポート。

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    ホワイト
    ホワイト
    Amazon.co.jpで買う
    ブラック
    ブラック
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    マルチプロトコル送信機モジュール
    Amazon.co.jpで買う

  • Spektrum DXe DSMX 送信機 モード2

    Spektrum 8980円

    DXe はお手頃な価格で手に入れることができベーシックなスポーツ送信機のシンプルさとプログラマブルな送信機の多彩さを兼ね備えています。違ったタイプのモデルを飛ばしたいときに毎回サーボリバースやウィングタイプの切り替えなどの再設定をしなければならない代わりにこの DXeはモバイル機器やPCを使用して瞬時に設定を変更することができます。(別途ケーブルが必要)

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

  • FrSky Transmitter Taranis X-Lite S 24CH Radio

    FrSky USD179.99

    搭載ファームウェア:OpenTX
    人間工学に基づいたコンパクトなデザインのM12Liteホールセンサージンバル互換性:ACCESSおよびACCSTD16モードレシーバー。ACCESSプロトコルをインストールした場合低遅延(最小12ms)内部および外部モジュールの高速デジタルインターフェース(ボーレート:450K)スペクトラムアナライザ機能をサポート。新しいPARAワイヤレストレーニングシステム低遅延の高速トレーニングシステムモバイルデバイスを介してFrSkyFree LinkAppおよびAirLinkSと互換性があります。

    Amazon.comで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    Red
    Red
    Amazon.comで買う
     Black
    Black
    Amazon.comで買う

  • BETAFPV LiteRadio 2 SE 2.4GHZ 8CHプロポ送信機 技適認証済み

    BETAFPV 5849円

    搭載ファームウェア:BETAFPV LiteRadio System
    LiteRadio 2 SEはBETAFPVが開発したLiteRadioシステムを採用しています。パイロットはジョイスティックのキャリブレーションとファームウェアのアップデートを簡単に操作可能で、初心者向けの製品です。1000mAh 1Sバッテリーを内蔵し、8時間使用できます。また、USB Type-Cポートで便利に充電可能です。低電圧警告機能:電圧が3.5V未満になると、LEDは青色に点滅します。エルゴノミクス設計、滑り止めテクスチャーを採用したLiteRadio 2 SE

    Amazon.co.jpで買う 楽天で買う

    商品バラエティ

    モード2
    モード2
    Amazon.co.jpで買う
    モード1
    モード1
    Amazon.co.jpで買う

  • BETAFPV Lite Radio 2 Transmitter

    BETAFPV USD45.99

    搭載ファームウェア:OpenTX
    FPVレーシングスターター向けに設計されており、Frskyプロトコルをサポートし、Frsky D8、Frsky D16 FCC、およびFrsky D16 LBTモードを簡単に変更できます(デフォルトバージョンはFrsky D16 FCCです)

    Amazon.comで買う 楽天で買う