Apple Watchで音楽を楽しむ方法

Apple Watchでの音楽の楽しみ方

Apple Watchでの音楽の楽しみ方には、次の2つの方法があります。
iPhoneに格納した音楽を楽しむ
Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneの音楽再生をコントロールできます。
Apple Watchに音楽を転送して楽しむ
iPhoneを持ち歩くことなく、Apple Watch単体で音楽を楽しむことができます。ただし転送可能な容量は限られており、またBluetoothヘッドフォンが必須です。
以下に、それぞれの操作方法を説明します。

ミュージックアプリ操作方法の基本

iPhone ホーム画面から(ミュージック)をタップします。 初期設定では、普段iPhoneでよく聞いているプレイリストとアルバムが、自動的にApple Watchに転送されています(WatchOS4/iOS11以降)。 画面にはApple Watchに転送済みのプレイリスト、アルバムなどのアートワークが表示されています。
画面を上から下にスワイプすると、別のプレイリスト、アルバムに切り替わります。
Apple WatchにBluetoothヘッドフォンを接続していれば、アートワークをタップするだけで再生が始まります。
さらに画面を上から下にスワイプしつづけると・・・ Apple WatchでBluetoothイヤホンを使う
iPhone メニュー画面が現れます。
「シャッフル」をタップすると、Apple Watchに転送済みの音楽をシャッフル(ランダム)再生します。
「ライブラリ」をタップすると、Apple Watchに転送済みの音楽から、「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「曲」を探して再生することができます。
「iPhone上」をタップすると、Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneの音楽再生をコントロールできます。 詳しくはiPhoneに格納した音楽を楽しむをご覧ください。

iPhoneに格納した音楽を楽しむ

Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneの音楽再生をコントロールできます。
iPhone (ミュージック)-[iPhone上]を選ぶと、このような画面になります。 iPod/iPad/iPhoneの (ミュージック)アプリと同じように操作することができます。 iPhoneに格納した音楽の「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」「曲」を探して再生することができます。 iPhoneのミュージックアプリの使い方 iPod/iPad/iPhoneに音楽を取り込む方法
iPhone 曲を選ぶとこのような画面になり、音楽の再生が始まります。 音楽はiPhone本体のスピーカーから聞こえてきます。 iPhoneにケーブルイヤホンやBluetooth無線イヤホンをつないでいると、音楽はそちらから聞こえてきます。
中央のスピーカーマークをタップ、またはデジタルクラウンを回転するとボリュームが変わります。
左下の(AirPlay)アイコンをタップすると、 AirPlay機能を使って、音楽の出力先を別のオーディオ機器に切り替えることができます。
右下の「...」をタップすると・・・ iPhoneでのBluetooth無線イヤホンの使い方 iPhoneをTVやコンポに接続:AirPlayの使い方
iPhone このような画面になります。 「ライブラリから削除」操作と、現在再生中の曲に対する「ラブ」「好きじゃない」のタグ付けができます。 このタグは、iTunes上で好きな曲ばかりを集めたプレイリストを自動生成するのに使えます。
なお、WatchOS3/iOS10に存在していた、アートワークの表示機能とシャッフル、リピートの操作はできなくなりました。 プレイリストの作り方・使い方

Apple Watchに音楽を転送して楽しむ

iPhoneからApple Watchに、プレイリスト、アルバム単位などで音楽を転送(同期)することができます。 Apple Watchに音楽を転送しておけば、iPhoneを持ち歩くことなく、Apple Watchだけで音楽が楽しめます。

事前準備


Apple Watch単体で音楽を聴くには、Bluetooth無線イヤホンが必須です。 事前にApple WatchとBluetooth無線イヤホンをペアリングしておきましょう。 Apple WatchでBluetoothイヤホンを使う

転送と再生


iPhone Apple Watchへ転送する音楽は、 (Watch)-[マイウオッチ]-[ミュージック]で選びます。
「ヘビロテ」を タッチパネル:ON(オン) にすると、普段iPhoneでよく聞いているプレイリストとアルバムが自動的にAppleWatchに転送されます。 これは初期値ONになっています。
「ミュージックを追加」をタップすると、iPhoneに格納されている音楽の選択画面になります。 「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」「コンピレーション」「プレイリスト」単位で指定可能です。
あとはApple Watchを充電器にセットしてiPhoneのそばに置いておくと、Apple Watchのメモリ空き容量に合わせて、自動的に音楽が転送されます。 なお、AppleWatchのメモリ容量はSeries 3のLTEモデルで16GB、その他は8GBです。 プレイリストの作り方・使い方
iPhone 音楽の転送が済んだら、 ホーム画面から(ミュージック)をタップします。
ミュージックアプリ操作方法の基本で説明した通り、 Apple Watchに転送済みのプレイリスト、アルバムのアートワークが表示されています。
画面を上から下にスワイプすると、別のプレイリスト、アルバムに切り替わります。
Apple WatchにBluetoothヘッドフォンを接続していれば、アートワークをタップするだけで再生が始まります。
iPhone 再生中はこのような画面になります。
中央のスピーカーマークをタップ、またはデジタルクラウンを回転するとボリュームが変わります。
左下の(AirPlay)アイコンをタップすると、 AirPlay機能を使って、音楽の出力先を別のオーディオ機器に切り替えることができます。
右下のメニューアイコンをタップすると・・・
iPhone 再生中の音楽に関する情報が表示されます。 ここから「シャッフル」「リピート」再生も指定可能です。 この画面をスクロールすると、再生中のアルバムなどに含まれる、別の曲を選択することができます。

もっとApple Watchのことを知りたい