• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchの初期化・ペアリング解除・バックアップ:iPhoneの買い替え・機種変更

iPhoneの買い替え・機種変更を行ったとき、またはApple Watchを手放すときは、iPhneとApple Watchのペアリングを解除します。
なお、Apple Watchのみを買い替えるときは、古いApple Watchのペアリング解除と、新しい Apple Watchのペアリング を行います。 また、Apple Watchを追加購入した場合は、単に Apple Watchのペアリング を行えばOKです。

Suica/PASMO/電子マネーの解除

ペアリングを解除すると、Apple Watchに設定した電子マネーも解除されます。 Apple WatchのApple PayにSuica/PASMO/電子マネーを入れて使用しているときは、ペアリング解除の前に、自分で解除を行っておくのが確実です。
解除された電子マネーは、初期化したApple Watchや新しく購入した別のApple Watch、あるいはiPhoneへの登録手続きを行えば、また使えるようになります。
詳しくは下記のページをご覧ください。

ペアリングの解除

ペアリングを解除すると、Apple Watchの設定がiPhoneにバックアップされます。 そしてApple Watchは初期化されます。
iPhone (Watch)-[マイウオッチ]画面を開きます。 そして左上の「すべてのWatch」をタップします。
iPhone すると、このiPhoneとペアリングしているすべてのApple Watchが表示されます。 ペアリング解除したいApple Watchの名前の右端にある をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 ここで画面の下にある、赤字の「Apple Watchのペアリングを解除」をタップします。
iPhone つづいてこのような確認画面になります。 画面の下部に表示される「(Apple Watchの名前)とのペアリングを解除」をタップします。
Apple Payの解除
iPhone もしApple WatchのApple PayにSuica/PASMO/電子マネーが設定されているときは、このような警告が表示されます。 「Apple Payに接続」をタップします。 するとSuica/PASMO/電子マネーが、Apple Watchから電子マネー管理会社のサーバーに移行されます。
ただしSuicaの場合は、午前2~4時はJR東日本のサーバーがメンテ中のため、移行操作はできません。 ほかの電子マネーでも同様の注意事項がないか、確認したうえで作業してください。
サーバーに移行された電子マネーは、あとでウォレットアプリを使って、iPhoneまたは新しいApple Watchに移行することができます。
iPhone つづいてApple IDのパスワードを尋ねられるので入力したうえで、画面右上の「ペアリング解除」をタップします。 Apple Watchの アクティベーションロック が解除されます。
iPhone するとこのような画面になります。 しばらく待ちます。
iPhone このような画面になったらペアリング解除が完了です。 Apple Watchの初期化と再起動が始まります。
iPhone Apple Watchの初期化中は、Apple Watchの画面はこのようになります。 ゲージが一周するとアップルのロゴが表示され、また再度この画面になってゲージがもう一周します。 初期化には数分かかります。
iPhone このような画面になると初期化完了です。
もしApple Watchを手放すときは、ここでサイドボタンを長押しして、Apple Watchの電源をOFFにします。この状態でほかのユーザーに渡します。
バックアップを確認する
iPhone iPhoneにApple Watchのバックアップが採取できたか否かを確認するには、 設定(設定)-(一般) -[iPhoneストレージ]画面を開き、アプリ名一覧から(Watch)を選びます。 するとこのような画面となり、どのApple WatchのいつのバックアップがiPhoneに保存されているかがわかります。
なお、この画面で任意のバックアップの名前を右から左にドラッグすると「削除」ボタンが現れます。 バックアップを個別に削除することができます。

Apple Watch単体でリセット/初期化する

iPhone
iPhoneからのペアリング解除でうまくApple Watchが初期化されないときは、 Apple Watch本体で (設定)-[一般]-[リセット]-[すべてのコンテンツと設定を消去]を選びます。
ただしApple Watch本体で[すべてのコンテンツと設定を消去]したときは、Apple Watchの アクティベーションロックがかかったままとなっています。 このまま他人に譲ると、次にiPhoneとペアリングするときに、あなたのAppleIDとパスワードの入力が必要になります。 こんなときはApple Watch本体で初期化した後、もう一度iPhoneとペアリングし、そしてペアリング解除しましょう。

Apple IDとの紐づけの解除

PC
もしApple Watchを手放すときは、ペアリングの解除の後に、あなたのApple IDとデバイスの紐づけを解除しましょう。 ブラウザで Apple IDを管理:My Apple ID (アップル) 画面にサインインして、その「デバイス」欄に手放したデバイスが残っていたときは、それをクリックして「アカウントから削除」を選びます。
この作業は、iPod / iPad / iPhone / Apple Watch / AirPods / Apple TV など、すべてのアップル製のデバイスを手放すときに実施します。

新しいiPhoneの設定

iPhoneを買い替えた場合は、つづいてここで新しいiPhoneの設定を済ませます。 先ほどペアリングを解除した古いiPhoneのバックアップを採取します。 つづいてそのバックアップデータを使って新しいiPhoneを「復元」します。 すると新しいiPhoneに、Apple Watchのバックアップがコピーされます。
なお、 (ヘルスケア)、 (アクティビティ) その他LINEのチャット情報など、アプリのデータなども含めた完全なバックアップを取るには、 iTunesで「ローカルバックアップを暗号化」を指定する必要があります。
詳しくは下記をご覧ください。

Apple Watchの再ペアリング

新しいiPhoneの設定が済んだら、Apple Watchと再ペアリングします。 操作手順は、初めてペアリングする場合と同じです。 詳しくは下記をご覧ください。

もっとApple Watchのことを知りたい