Windows Defenderのリアルタイム保護のみを常に無効化する方法

Windows Defenderのリアルタイム保護はディスクのアクセス性能を大幅に低下させます。 管理されたファイルのみを扱う場合は、リアルタイム保護のみ無効化するだけで性能向上が見込めます。
PC まずは一時的にリアルタイム保護を無効化する方法。これは簡単。 [設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows Defender]-[Windows Defenderセキュリティセンターを開きます]と辿り、 [ウィルスと脅威の防止]-[ウィルスと脅威の防止の設定]-[リアルタイム保護] をOFFにします。 しかしここで設定しただけでは、再起動時に元に戻ってしまいます。
PC Windows Defenderのリアルタイム保護のみを常に無効化するには「ローカルグループポリシーエディター」から指定します。 まずスタートボタンの右にある「検索」ボタンをクリックし、「gpedit.msc」と入力します。
PC 「ローカルグループポリシーエディター」が起動するので [コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[Windows Defenderウイルス対策]-[リアルタイム保護] を選択します。 つづいて右画面で「リアルタイム保護を無効にする」をクリックし「ポリシー設定」をクリックします。
PC 「無効」を選択し、右下の「適用」をクリックすれば設定完了です。