iPod/iPad/iPhone関連ニュース

最新のページを表示するには、ブラウザの最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してください。
COARCHより、Apple Watch用オリジナルストラップ発売開始

2016/06/19

かねての噂の通り、ファッションブランドのCOARCHは、6月17日よりApple Watch用オリジナルストラップを発売開始しました。 今回はエルメスの時のようなアップルとのコラボレーションではなく、COARCHの独自によるリリースです。 デザインは tea rose applique leather strap(USD150)wild beast camo leather strap(USD125)leather watch strap with charms(USD125) の3種。それぞれに3つのカラーがあり、全部で9種類となります。 サイズはcamo leather strapが42mmのみ、その他は38mmのみです。 販売数には限りがあり、一人各デザインごとに3個まで、合計10個まで購入可能です。 販売はアメリカのCOARCHストアの一部8店舗とオンラインストアのみ。オンラインストアでは取り扱いがないものもあります。
アップル、watchOS3、tvOS、Swift Playgroundsの紹介ページ公開。

2016/06/18

アップルは、iOS10の解説ページにつづき、watchOS3、tvOS、Swift Playgroundsの紹介ページ公開しました。 ただし、watchOS3のページはFireFoxで閲覧するとFireFoxが動かなくなります・・・Chromeで閲覧しましょう。
アップル、iOS10のサポートデバイスを削減。一部iPad, iPod touchが非対応に。

2016/06/18

アップルは、iOS10の解説ページで、サポートデバイスから、第二世代、第三世代のiPad、初代iPad mini、第五世代iPod touchを削除しました。 サポートされるデバイスは、iPhone5以降のiPhone、第四世代以降のiPad、第二世代以降のiPad mini、iPad Pro、第六世代以降のiPod touchとなります。
アップル、6月13日のWWDC2016キーノートをPodcastで配信開始

2016/06/14

アップルは6月13日のWWDC2016キーノートの様子をPodcastで配信開始しました。
06/18追記
YouTubeでも公開しました。
Apple ? WWDC 2016 Keynote

YouTubeの大画面で見る
Apple、WWDC2016でiOS10, watchOS3, macOS Sierraを発表

2016/06/14

アップルは現地時刻06/13(月)10:00AM(PDT)より始まった開発者向けイベントWWDC2016のキーノートスピーチでiOS10, watchOS3, macOS Sierraを発表しました。 またiOS10の解説ページを公開しました。 iOS10は、iPhone5以降のiPhone、iPad2以降のiPad、すべてのiPad mini、iPad Pro、第五世代以降のiPod touchで動作します。 いずれも一般ユーザーへの公開は秋、開発者にはベータ版が本日より提供されます。
iOS10については、ウィジェットも置ける待ち受け(ロック)画面の改善、"Clear all notifications"ボタンも搭載した通知センターの改善、3D Touchで詳細情報の表示、Siriの強化により広範囲に操作をサポート、Siriを開発者に公開し、サードパーティアプリの操作も可能に、QuickTypeキーボードが多言語に対応、写真アプリで写っている人・場所・シーン・トピックでの自動分類や"Memories"と呼ぶムービの自動生成、ナビゲーション中の渋滞情報やお店情報の表示を含むマップアプリの完全見直し、歌詞表示やトップチャートにも対応したApple Musicのデザイン変更、Apple Newsのデザイン変更、Webカメラや電子ロックもコントロールできるHomeアプリの搭載、手書き文字入力に対応し、3倍大きな絵文字も使えるiMessageの改善、ステッカーも使えるiMessage用サードパーティアプリ、などの改善があります。
watchOS3については、コントロールセンターの搭載、手書き文字入力、新しい文字盤の追加と文字盤切り替えの簡略化、ドックと呼ぶアプリの起動・切り替え方式、「リマインダー」「友達を探す」アプリの改善、サイドボタン長押しで起動するSOS緊急モード、アクティビティの友人とのシェア・車いすユーザー向けの「time to roll」アクティビティの追加、新しい「Breathe」アプリの搭載、などの改善があります。
tvOSについては文字入力もできる新しい「Remote」アプリを提供、Siriの強化でYouTubeや映画の検索が可能に、"Live tune in."で音声でライブチャンネルの起動が可能に、"Single sign-on."ですべてのネットワークアプリに簡単にログイン、ダークモードと呼ぶ画面デザインの搭載、などの改善があります。
また、Mac用のOSも"OS X"から"macOS"に名前が変わり、新しいバージョンである"macOS Sierra"が発表されました。これにはSiriも搭載されます。 iPad向けには、プログラミング言語Swiftが簡単に学べる"Swift Playgrounds"アプリもリリースされます。
Apple、WWDC2016のライブストリームのページをオープン

2016/06/09

来週から始まるアップルの開発者向けイベントWWDC2016(Worldwide Developers Conference)のキーノートが見られるライブストリームのページがオープンしました。 また、AppleTV(第二世代以降)でも見ることができます。WWDC2016のキーノートは現地時刻06/13(月)10:00AM(PDT)(日本時間06/14(火)02:00AM)より開始の予定です。 今回のWWDCでは、ついに10周年を迎えるiOSの新バージョン/新機能の発表が期待されます。
アップル、iTunes12.4.1.6を公開。

2016/06/03

アップルは、iTunes12.4.1.6を公開しました。 今回の修正点は、不具合修正のみで、リリースノートによると「 このアップデートでは、画面読み上げ機能の使用時に iTunes が期待通りに動作しない問題に対処しています。また、“再生回数をリセット”のオプションが元に戻っています。さらに、以下の問題が修正されています: ・“次はこちら”に同時に曲を追加すると再生順序がおかしくなることがあった ・曲と曲の間のクロスフェードが機能しなかった 」とのことです。
アップル、9.7"iPad Pro用iOS9.3.2の公開を再開。

2016/06/03

アップルは、9.7"iPad Pro用iOS9.3.2の新バージョン(ビルド13F72)を公開しました。 これはiOS9.3.2をインストールした一部の9.7"iPad ProでError 56が表示され動作しなくなる(bricking:文鎮化)問題を改善したものです。
アップル、9.7"iPad Pro用iOS9.3.2の公開を一時中止。

2016/05/21

iOS9.3.2をインストールした一部の9.7"iPad ProでError 56が表示され動作しなくなる(bricking:文鎮化)問題を受け、 アップルは、9.7"iPad Pro用iOS9.3.2の公開を一時中止しました。
アップルは、エラーが起きる9.7"iPad Proはごく一部だとし、可能な限り早急に修正版をリリースするといっています。
アップル、iOS9.3.2をリリース。一部の9.7"iPad Proでエラーの報告

2016/05/17

アップルは、iOS9.3.2をリリースしました。 しかし、これを適用すると9.7"iPad Proで"Error 56"と表示されて使用できなくなるとの報告があります。 9.7"iPad Proユーザーはアップグレードを控えたほうが良いかもしれません。 今回の修正点は、リリースノートによると「 iOS 9.3.2はiPhoneまたはiPadの不具合およびセキュリティの問題を修正・改善します。このアップデートは以下の問題に対処します: ・Bluetoothアクセサリの一部でiPhone SEにペアリングされた時に生じることがあるオーディオの品質の問題を修正 ・辞書で項目を調べる時にうまく動かないことがあった問題を修正 ・“メール”と“メッセージ”で日本語かなキーボードを使っている時にメールアドレスが入力できなかった問題に対処 ・VoiceOverで声にAlexを使用している場合、デバイスが句読点や空白を読む時に違う声に切り替える問題を修正 ・MDMサーバでカスタムB2B Appがインストールできなかった問題を修正 」とのことです。
アップル、iTunes12.4.0.119を公開。

2016/05/17

アップルは、ユーザーインタフェースを変更した、iTunes12.4.0.119を公開しました。 今回の修正点は、リリースノートによると「 すべての音楽、ムービー、テレビ番組、Podcast などを、よりシンプルなデザインで楽しめるようになりました。 ナビゲーション。“戻る”ボタンと“進む”ボタンを使って、ライブラリ、Apple Music、iTunes Store などの間を移動できるようになりました。 メディアピッカー。“ミュージック”、“ムービー”、“テレビ番組”などを簡単に切り替えることができます。“編集”で必要な項目のみを選択することもできます。 ライブラリとプレイリスト。サイドバーを使って、ライブラリを新しい方法で表示できます。曲をドラッグ&ドロップしてプレイリストに簡単に追加できます。サイドバーを編集して、お気に入りの表示のみを選択することもできます。 メニュー。iTunes のメニューがよりシンプルに、より使いやすくなりました。“表示”メニューを使ってライブラリをカスタマイズしたり、特定の項目で機能するコンテキストメニューを試してみたりできます。 」とのことです。
アップル、Apple TV用tvOS 9.2.1、watchOS 2.2.1をリリース

2016/05/17

アップルは、第四世代Apple TV用のtvOS 9.2.1と、AppleWatch用watchOS 2.2.1をリリースしました。 修正内容はセキュリティアップデートとバグ修正がメインのようです。
SiriがWWDC2016の日程発表

2016/04/19

アップルの開発者向けイベントWWDC2016(Worldwide Developers Conference)の日程が、Siriによって明かされました。 Siriに“When is WWDC?”と尋ねると “The Worldwide Developers Conference (WWDC) will be held June 13 through June 17 in San Francisco. I can’t wait!”と答えてくれます。 その後アップルの公式サイトhttps://developer.apple.com/wwdc/も更新されました。 4月22日10:00PDTまでに登録すると、ランダムで参加権が得られます。 今回のWWDCでは、ついに10周年を迎えるiOSの新バージョン/新機能の発表が期待されます。
iFixit、9.7インチ iPad Proの分解記事を発表

2016/04/05

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、先日のiPhone SEに続き、9.7インチ iPad Proの分解記事を発表しました。 本体のほとんどが容量7,306 mAhのバッテリに占められており、カメラはiPhone 6s Plus同様光学手ぶれ補正付き。 APL1021 A9X 64-bit CPUにSamsung の K3RG1G1 2 GB (16 Gb) LPDDR4 RAMを搭載。フラッシュメモリはSK Hynix の NAND Flashであることがわかります。
iFixit、iPhone SEの分解記事を発表

2016/04/02

Chipworks社に続き、iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、恒例の新型iPhoneの分解記事を発表しました。 iPhone 5/ 5s/ SEの分解写真を並べ、“非常に似ている”ことを示しています。多くのパーツは共通で、スピーカーやバイブモーター、SIMカードトレイは全く同じ部品が使われていることがわかります。 これに対し、ほとんどのLSIチップはiPhone 6sと同じものが使われています。またバッテリ容量は1,624 mAhあり、コネクタの変更もあり 5/ 5s間で流用は不可能です。
アップル、iOS9.3.1をリリース。

2016/04/01

アップルは、iPhone 6s と iPhone 6s Plus で発生していた、ブラウザのリンクをタップするとクラッシュする問題を修正したiOS9.3.1をリリースしました。 3/22のiOS9.3の登場から10日での新バージョンの登場です。 今回の修正点は、リリースノートによると「 Safariやその他のAppでリンクをタップした後にAppが応答しなくなる問題が修正されます 」とのことです。
Chipworks社、iPhone SEの分解記事を掲載。

2016/04/01

Chipworks社は、iPhone SEの分解記事を掲載しました。 これによると、iPhone SEはそのほとんどがiPhone 5s と iPhone 6, 6s の部品で構成されており、新たなパーツはほとんどないことがわかります。 2GB LPDDR4 mobile DRAMをはじめ、16GBのフラッシュメモリやモデムなど、主要チップはすべて既存製品と共通とのことです。
アップル、iOS9.3のアクティベーション失敗問題の解決方法を公開

2016/03/28

アップル、古いiPhone,iPadでiOS9.3のインストールを一時停止。

2016/03/26

アップルは、3/22のiOS9.3リリース後ユーザーから寄せられている古いiPad(主にiPad 2)でのアクティベーション失敗問題を受け、 古いiPhone,iPadでiOS9.3のインストールを一時停止しました。 停止しているのは、2013年発売のiPhone 5s以前のiPhoneと、iPad Air以前のiPadのようです。
アップル、3月22日のスペシャルイベントをPodcastで配信開始

2016/03/22

アップルは3月22日のスペシャルイベント“Let us loop you in.”の様子をPodcastで配信開始しました。
03/24追記
YouTubeでも公開しました。
Apple - March Event 2016

YouTubeの大画面で見る
アップル、iTunes12.3.3.17を公開。

2016/03/22

アップルは、本日発表されたiPhone SE、9.7インチiPad Pro に対応した、iTunes12.3.3.17を公開しました。 今回の修正点は、リリースノートによると「 このアップデートでは、iTunes と iPhone SE および iPad Pro との同期のサポートが追加されます。 」とのことです。
アップル、iPhone下取りキャンペーン開始。リサイクル手段も提供。

2016/03/22

アップルは、iPhone下取りキャンペーンを開始しました。 これはiPhoneに限らず他社製品含めて、今使っているスマートフォンをアップルに下取りに出すと、新しいiPhoneの価格が最大36,000円(下取り機種や条件による)割引になるというものです。 割引方法は、アップルストアで新しいiPhone購入時に下取りに出して、その場で購入価格から割り引いてもらうか、またはオンラインで下取りに出して、下取り額分のApple Storeギフトカードをもらうか、の2種類から選べます。
また、あわせて不要になったアップル製品を引き取ってくれるApple製品リサイクルプログラムもスタートしました。 iPhoneだけではなくMacも含め、アップル製品全般が対象。こちらも条件を満たせばApple Storeギフトカードをもらうことができます。
アップル、9.7インチiPad Pro、4インチiPhoneSE発表、AppleWatchを値下げ

2016/03/22

アップルは3月21日(月)10:00PDT(日本時間3月22日(火)午前2時)に、クパティーノのアップル本社"Town Hall"で行われたスペシャルイベント“Let us loop you in.”で、 9.7インチiPad Pro、4インチiPhoneSE、新しいAppleWatchバンドを発表しました。またAppleWatchとiPad Air2を値下げしました。
iPad Pro
iPad Proに従来のiPad Air2と同じ画面サイズの、9.7インチモデルが登場。 容量はWi-FiとCellularモデル、どちらも32GB、128GB、256GBの3モデルを揃えます。 ボディカラーはiPhoneと同じシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4種類。 CPUは最新12.9インチiPad Proと同じ64bitのA9X。 Smart KeyboardApple Pencil に対応。画面解像度、サイズと重さはiPad Air2と全く同じ。 True Tone技術で周りの光の状態で画面の色温度を自動調整。 カメラはiPhone 6s/6s Plus同様リア1,200万画素、フロント500万画素に強化、4Kビデオ撮影も可能。 スピーカーも12.9インチiPad Pro同様四隅に搭載し、縦横どちらに傾けても正しいステレオ再生が可能です。
値段はWi-Fiモデルが66,800円($599)(32GB)、84,800円($749)(128GB)、102,800円($899)(256GB)、Cellularモデルが82,800円($729)(32GB)、100,800円($879)(128GB)、118,800円($1,029)(256GB)で いずれも03/24(木)予約開始、03/31(木)発売開始です。 アップルストアで販売されるCellularモデルにはApple SIMが内蔵されます。
これに伴い12.9インチiPad Proにも256GBモデル(130,800円($1,099)/146,800円($1,229))が登場しました。 またiPad Air2が16GB/64GBの2モデルに縮小。全体的に約9,000円下げ、 Wi-Fiモデルが44,800円($399)(16GB)、55,800円($499)(64GB)、 Cellularモデルが58,800円($529)(16GB)、69,800円($629)(64GB)になりました。
iPhoneSE
iPhone5sと同じサイズ・外見の"小さな"iPhoneです。しかし中身の機能・性能は最新iPhone6s/6s Plusとほぼ同じです。 リアカメラは1,200万画素に強化、4Kビデオ撮影も可能。 CPUは最新iPhoneと同じ64bitのA9。画面解像度、サイズと外見はiPhone5sと全く同じでiPhone 5s/5用ケースが使用可能。 重さはiPhone5sから1グラム増えて113グラム。 バッテリの持ちはiPhone5sから若干改善されています。 容量は16GBと64GBの2モデルを揃えます。 ボディカラーは最新iPhoneと同じシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4種類。
値段は52,800円($399)(16GB)、64,800円($499)(64GB)で いずれも03/24(木)午後4時1分予約開始、03/31(木)発売開始です。
AppleWatch
価格を全体的に約6,000円($50)下げ、最低価格が36,800円(SPORT38mm)、42,800円(SPORT42mm)からとなりました。 また、新しいウーブンナイロン(woven nylon)製のバンド(ストラップ)7色が登場、従来のバンドのカラーラインナップも若干変更されました。
その他
ブルーライトをカットしてくれるNight Shiftモード他、多くの機能強化を行ったiOS9.3、 テキストの音声入力、フォルダ機能に対応したtvOS9.2のリリースを発表しました。 またiOSに新しい開発者向け機能"CareKit"が登場。医者と連携して、患者の状況をモニタするアプリが開発できるようになりました。
アップル、iOS9.3をリリース。

2016/03/22

アップルは、ブルーライトをカットしてくれるNight Shiftモード他、多くの機能強化を行ったiOS9.3をリリースしました。 併せてwatchOS 2.2もリリースされました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 このアップデートでは、iPhone、iPad、iPod touchの“メモ”、News、“ヘルスケア”、Apple Musicの機能が改善され、Night Shiftという新しい機能が追加されます。Night Shiftでは夜間にディスプレイの色が暖色系の色域に切り替わるため、心地よい眠りに役立つ可能性があります。以下の新機能、機能改善、バグの修正が含まれます:
Night Shift
・Night Shiftをオンにすると、iPhone、iPad、iPod touchの時計と位置情報を使用して現在地の日の入時刻が調べられ、日の入後にディスプレイの色が自動的に暖色系の色域に切り替わります。これは心地よい眠りに役立つ可能性があります。
メモの機能改善
・個人情報を含むメモをTouch IDまたはパスコードで保護できます ・メモをアルファベット順、作成日順、または編集日順に並べ替えることができます ・スケッチ中に2本指でスワイプするか、“新しいスケッチ”ボタンをタップして新しいキャンバスをすばやく表示できます ・各メモの下部にある新しいチェックリストボタンで、リストを簡単に作成できます ・メモ内のイメージや添付ファイルを長押しして、大きなイメージや添付ファイルの代わりにサムネールを表示できます ・“メモ”の中で撮った写真やビデオを“メモ”のみに保存するか、“写真”にも追加するかを選択できます ・Evernoteエクスポートファイルを長押しして、ファイルの内容を“メモ”に読み込むことができます
Newsの機能改善
・“おすすめ”の新しい“トップストーリー”セクションにその日の主要記事が表示されます ・Appleのニュースエディタが厳選したチャンネルやトピックを集めた“エディターズピック”で、良質な記事を見つけることができます ・iPhoneで“おすすめ”の記事を左にスワイプしてすばやく共有または保存したり、右にスワイプしてその他のオプションを表示したりできます ・“おすすめ”から直接ビデオを再生できます - 記事を開く必要はありません ・iPhoneの横向き画面で記事を読んだりビデオを視聴したりできます ・テキストサイズを変更して、記事を読みやすくすることができます
ヘルスケアの機能改善
・体重、ワークアウト、睡眠など、選択したデータの種類に対応する他社製の関連Appが“ヘルスケア”Appに表示されます ・“ヘルスケア”のダッシュボードで、Apple Watchのムーブ、エクササイズ、スタンドのアクティビティデータとゴールがサポートされます ・ホーム画面から3D Touchのクイックアクションを使ってダッシュボードやメディカルIDに簡単にアクセスできます ・他社製AppからHealthKit経由でApple Watchのアクティビティリングと概要にアクセスできるようになります
Apple Musicの機能改善
・Apple Musicカタログの曲をライブラリに追加しなくてもプレイリストに追加できます ・iPadでミュージックビデオをフルスクリーンで視聴できます ・“Radio”タブからBeats 1の放送内容を直接調べられます - Beats 1を再生する必要はありません ・“再生中”画面で、現在再生中の曲の名前をタップしてアルバムに移動できます ・Apple Musicカタログでアルバム内のどの曲が人気かを確認できます
写真の機能改善
・“複製”をタップしてLive Photoから静止画像を抽出できます。Live Photoを複製するか、静止画像のみを複製するかを選択できます ・iCloudフォトライブラリに保存されているフルサイズのオリジナル写真またはビデオをダウンロードする際のパフォーマンスが向上します ・Air DropまたはiMessageにより、iOSとOS Xの間でLive Photosを共有できます
iBooksの機能改善
・iBooksでPDFをiCloudに保存してすべてのデバイスで使用できるようにする機能が追加されます ・以前にiBooks Storeで購入したオーディオブックのダウンロードのサポートが追加されます ・ファミリー共有を使って、購入済みのオーディオブックを家族と共有する機能が追加されます ・マンガをより快適に読める新しいコントロール。ページめくりが速くなり、シンプルなコントロールでテキストを拡大できます ・Apple Pencilのサポートが追加され、お気に入りの一節を後で見返せるようにハイライトできます
教育の機能改善
・複数の生徒が1日の異なる時刻に同じiPadを使用できる共有iPadのプレビューが導入されます ・管理対象Apple IDでのiCloudへのサインインがサポートされます ・新しい“クラスルーム”Appへの対応が追加されます ・ホーム画面のAppの配置を制御する新しい構成オプション ・ホーム画面に表示するAppと隠すAppを決定できる新しいコントロール ・iCloudフォトライブラリとApple Musicでの新しい機能制限がサポートされます
CarPlayの機能改善
・Apple MusicメンバーがCarPlayで“For You”と“New”のコンテンツにアクセスできるようになります ・“マップ”の新しい“周辺検索”画面で、ガソリンスタンド、駐車場、レストラン、カフェなどのドライブ関連施設をすばやく検索できます ・SiriがCarPlayでメッセージを確認または作成する際の読み上げが簡潔になります ・CarPlayでさまざまなオーディオソースのサウンドレベルがイコライズされます
Dolby Digital Plus
・Apple Lightning - Digital AVアダプタを使ったマルチチャンネル出力のサポートにより、Dolby Digital Plusオーディオストリームでエンコードされたビデオの再生がサポートされます
ハードウェアキーボードの機能改善および修正
・Spotlight、“メール”、Safariのリスト内を矢印キーで移動できるようになります ・“メール”でスペースバーを使ってスクロールできるようになります ・Safariでスペースバーを使ってスクロールする際のパフォーマンスが向上します ・ハードウェアキーボードが接続されているときにショートカットバーからソフトキーボードを表示する機能が追加されます ・ハードウェアキーボードの使用時にiPadのロックを解除できない問題が修正されます ・キャプティブログインページでハードウェアキーボードが反応しなくなる問題が修正されます ・ハードウェアキーボードに接続しているときに、“メッセージ”の入力フィールドがショートカットバーの後ろに隠れてしまうことがある問題が修正されます
その他の機能改善
・“マップ”の交通機関で、特定の路線の行き先や駅をタップしてそれらをハイライト表示する機能がサポートされます ・“マップ”の交通機関で、各経路候補に複数の路線の選択肢があるかどうかが表示されるようになります ・Wallet Appでカードまたはパスのアイコンをタップして、カードまたはパスに関連するAppを表示する機能が追加されます ・Apple Payで、POS端末でApple Payを使ってお店のポイントプログラムに登録する機能がサポートされます ・Podcastsでビデオのフルスクリーン再生がサポートされます ・“アクティビティ”Appに、主な指標の毎月の概要が表示される新しい“ワークアウト”タブと、ワークアウトの種類別にフィルタをかける機能が追加されます ・iOSに移行する場合に、AndroidデバイスにインストールされているAppに基づいてApple StoreのAppの候補が提示されます ・iCloudストレージの空き領域がなくなる前に、ストレージ状況とApp内通知が提示される機能が追加されます ・すべてのiCloudアカウントで2ファクタ認証を使用できるようになります ・スペイン語(ラテンアメリカ)のシステム言語がサポートされます ・フィンランド語(フィンランド)、ヘブライ語(イスラエル)、マレー語(マレーシア)のSiriサポートが追加されます
エンタープライズ機能向けのバグの修正
・VPPで購入した一部のAppがアップデート後に起動しないことがある問題が解決します ・デバイスに割り当てられたVPP AppのiCloudバックアップがサポートされます ・構成プロファイルのアップデート時に証明書を正常にインストールできないことがある問題に対処します ・一部のIPSec VPN構成でVPNセッションの終了後にインターネット接続が中断されることがある問題が修正されます ・iBooksで、企業で管理されているPDFを管理対象でないアカウントからメールで送信できない問題が修正されます ・一部のExchangeユーザの“カレンダー”で、同じ出席依頼に複数の応答を送信してしまうことがある問題が解決されます ・デバイスがOS Xのキャッシュサーバに接続する際の信頼性が向上します
アクセシビリティのバグの修正
・アクセシビリティの“スイッチコントロール”オプションで3D Touchの信頼性が向上します ・VoiceOverが音声入力後の読み上げに干渉する問題が修正されます ・VoiceOverユーザがApp Storeにレビューを書き込めない問題が修正されます ・Bluetoothヘッドセットで電話に出た後にVoiceOverが応答しなくなる問題が解決されます ・“リマインダー”で大きな文字を読めない問題が修正されます
その他のバグ修正、パフォーマンスおよび安定性の向上
・日付を手動で1970年5月以前に変更して再起動操作を行うと、iOSデバイスが起動しなくなることがある問題が修正されます ・一部のiCloudバックアップが完了しないことがある問題が修正されます ・一部のユーザのヘルスケアデータがiCloudバックアップからの復元後に不完全になる問題が修正されます ・不正確なバッテリー残量が表示されることがある問題が修正されます ・一部のユーザでiMessageまたはFaceTimeのアクティベーションができない問題に対処します ・電話に出ているときに“電話”のインターフェイスを表示できないことがある問題に対処します ・モバイルデータ通信のオン/オフの切り替えに適用される制限を無効にできる問題が修正されます ・Apple WatchにインストールされていないAppの通知設定がWatch Appに表示される問題が修正されます ・キーボードで3D Touchを使用する場合の信頼性が向上します ・留守番電話メッセージを設定する際の“電話”Appの安定性が向上します ・デバイスの空き容量が少ないときの“メール”Appの安定性が向上します ・Mail Dropを使って大きな添付ファイルを送信する際の“メール”の安定性が向上します 」とのことです。
アップル、Apple TV用tvOS 9.2リリース、テキストの音声入力が可能に

2016/03/22

アップルは、第四世代Apple TV用のtvOS 9.2をリリースしました。 修正内容やリリースノートなどはまだ発表されていませんが、テキストの音声入力、ホーム画面でのフォルダ作成機能が追加となりました。 またiPhone6sで撮影されたLive Photoの再生、iCloud Photo Libraryの表示にも対応しました。
アップル、3月21日にスペシャルイベント。4インチiPhoneを発表?

2016/03/11

アップルは3月21日(月)10:00PDT(日本時間3月22日(火)午前2時)より、クパティーノのアップル本社"Town Hall"でスペシャルイベントを開催する模様。 プレスなどの関係者に案内状が届き始めています。今回のイベントタイトルは“Let us loop you in.”です。 今回のイベントでは、iOS 9.3、tvOS 9.2、watchOS 2.2のリリース時期の発表、そしてiPhone 5sのような外観の、画面の小さな4インチの"iPhone SE"、iPad Airの新型となる"9.7インチ iPad Pro"の発表と、 Apple Watchの新しいバンドの発表が期待されています。 また同時にアップルはスペシャルイベント特別ページを公開しました。当日はAppleTVと、このサイトでイベントの様子がライブストリーミングされる見込みです。
アプリの強制終了はバッテリー残量に効果なし、アップルのCraig Federighi氏が回答

2016/03/11

長らくユーザーの間でうわさされていた、Appスイッチャーによるアプリの強制終了は、バッテリー寿命を長く持たせることには効果なしとの回答を、アップルの上級副社長Craig Federighi氏が語りました。 これは9to5Macの読者が、Apple CEOのティム・クックに尋ねた電子メールの回答として得られたもので、 "あなたはマルチタスクのアプリを頻繁に強制終了していますか?、またこれでバッテリー寿命を長く持たせることができますか?"の問いに対して、簡単に"どちらもNo"と回答しています。
Bebop 2、いよいよ国内でも発売開始。3月下旬から67,500円で。

2016/03/01

昨年11月より欧州、12月から米国で発売されていたParrotのBebop 2が、いよいよ国内でも3月下旬から67,500円で発売開始となります。 改良点は大容量バッテリ、高性能モーター、そして大型化したプロペラです。 高性能モーターと大型化したプロペラにより18秒で高度100mに到達。64.82km/hで飛行可能です。 またバッテリは従来の1,200 mAhから2,700 mAhに増量。これにより飛行時間が25分にまで拡大します。 その他の変更点はカメラのレンズカバーのデザイン程度。ビデオ撮影はこれまでどおり1080pで搭載メモリ容量も8GBのまま、操作もFreeFlight Proアプリを使います。
03/23追記
国内の発売日は03/24に決定したとのことです。
67,500円
アップル、第三世代Apple TVを7.2.1にバージョンアップ

2016/02/27

アップルは、第三世代Apple TVのソフトウェアを、7.2.1にバージョンアップしました。 アップルからはバージョンアップの詳細はまだ公開されていませんが、appleinsiderの記事によるとセキュリティ向上の修正のようです。
アップル、'Error 53'を解消するiOS 9.2.1をリリース

2016/02/06

アップル、は'Error 53'を解消するiOS 9.2.1の新バージョン(ビルドナンバー13D20)をリリースしました。 これはiPhone 6/6 Plus以降、iPad Air 2以降、iPad mini 3以降、iPad Proにインストール可能です。 また、パソコンのiTunes経由でインストールする必要があります。 あわせてアップルは本件に関する解説ページも公開しました。
iFixit、iPhone6sの中身が透けて見える X-ray wallpapersを配布開始

2016/02/16

iPod/iPad/iPhone等の補修用パーツを販売するオーストラリアのショップ:iFixitは、iPhone6s/6s Plusの中身が透けて見える X-ray wallpapersを配布開始しました。 これはiPhone6s/6s Plusの分解写真を壁紙用画像にしたもので、これを設定するとまるで液晶ディスプレイが透明になって、iPhone6s/6s Plusの中身が透けて見えているようになります。 iFixitではこのほかに、 iPhone6/6 PlusiPhone5s/5c/iMaciPhone5 の壁紙を公開しています。
アップル、'Error 53'に関する公式見解。TouchIDの修理と関係

2016/02/06

ショップなどでTouchID機能付きホームボタンの修理を行い、その後最新のiOSにバージョンアップすると'Error 53'というエラーが表示され、iPhoneが使用できなくなってしまう問題が発生しています。 アップルがguardian誌に語ったところによると、 この問題は、アップルの正規修理窓口ではないショップなどでホームボタンの修理を行った場合に発生するとのこと。 これは、iPhoneの指紋認証、Apple Payのセキュリティを維持するための処置で、最初に記録されているTouchIDセンサー部品と異なる部品が接続されたときに、iPhoneへのアクセスが拒絶されます。 正規修理窓口では、センサー交換後、その部品の再登録を行っているとのこと。 このような問題が発生した場合は、アップルストアへ相談してほしいとのことです。
アップル、マップの3D FlyOver表示対応都市を拡大

2016/02/06

アップルは、マップアプリで、富山を含む世界20都市を、3D FlyOver表示対応に追加しました。 具体的な対応都市は、「Adelaide(Australia)」「Amiens(France)」「Berne(Switzerland)」「Bremen(Germany)」「Columbus(OH)」 「Dresden(Germany)」「Eindhoven(Netherlands)」「Johannesburg(South Africa)」「La Rochelle(France)」「Louisville(KY)」「Middlesbrough(UK)」 「Nantes(France)」「Salzburg(Austria)」「South Bend(IN)」「Springfield(MO)」「Taormina(Italy)」「Toulouse(France)」 「Toyama(Japan)」「Tucson(AZ)」「Virgin Islands」 となっています。
アップル、Apple TV用tvOS 9.1.1リリース、Podcastアプリが追加に

2016/01/26

アップルは、第四世代Apple TV用のtvOS 9.1.1をリリースしました。 修正内容やリリースノートなどはまだ発表されていませんが、Podcastアプリが追加となりました。 大画面でエピソードを視聴することができます。
アップル、iOS9.2.1をリリース。

2016/01/20

アップルは、セキュリティアップデートとなるiOS9.2.1をリリースしました。 今回の修正点は、リリースノートによると、「 このアップデートには、セキュリティアップデートと、MDMサーバを使用している場合にAppのインストールを完了できないことがある問題などのバグ修正が含まれます。 」とのことです。
アップル、iOS9.3のプレビューページオープン。tvOS,watchOSとともにベータ版をリリース。

2016/01/12

アップルは、新しいiOS9.3の機能を紹介する プレビューページ をオープンしました。また同時に開発者向けにtvOS,watchOSとともにベータ版をリリースしました。 iOS9.3では、画面の色温度を調整してブルーライトをカットする「Night Shift」モードが追加、 3D Touch対応モデルではアイコンを強く押すことで発動するクイックアクションの種類が増加、 「メモ」アプリでは指紋認証によるセキュリティ強化、 「News」アプリ(日本では未対応)では個人の嗜好に合わせたコンテンツの配信機能、 「ヘルス」アプリでは体重、ワークアウト、睡眠のカテゴリでほかのアプリとの連携が可能に、またApple Watchのアクティビティとも連携するようになりました。 またカーナビ用CarPlayのアップデート、教育向けに複数ユーザ切り替えなどの機能強化、複数のApple Watchとのペアリング、 Live Photosから静止画へのコピーなどの細かな改良も施されています。tvOSではアイコンをフォルダにまとめることもできるようです。
リリース時期は不明ですが、3月開催がウワサされている新型AppleWatch、iPad Airのメディアイベント前後が濃厚でしょう。
Parrot、CESにて飛行機型ドローン:DISCO発表。2016年後半に発売予定

2016/01/06

ラスベガスで開催中のCES:Consumer Electronics Showで、低価格で高性能なドローンを展開するParrotは、 初の飛行機型のドローン:DISCOを発表しました。 本体に分離型の翼を差し込んで放り投げるだけで飛行開始。練習不要で初心者でも飛行させることができます。 Bebop 2と同じフルHDのカメラを搭載。iPhoneとWi-Fiで接続してコントロールします。 またSkycontrollerも使用可能。フライトプランアプリとGPSで事前に決めたコースを飛行させることも可能。 新しい“Autopilot”モードを使えば、初心者が失速などの危険なしにベテランパイロットのように機体を操れます。 “Loiter”モードでは、指定した物体の周りを飛行して撮影し続けることも可能。 一回の飛行時間はなんと約45分。飛行速度は時速80kmに達します。2016年後半発売を目指して開発中です。
Parrot DISCO - Drone Prototype Flights - CES 2016

YouTubeの大画面で見る