iOSのバージョンダウン/ダウングレード手順

もし、これまでiTunesを使ってバージョンアップしていて、古いiPod/iPad/iPhoneソフトウェアがパソコンに残っているなら、 これを使ってiPod/iPad/iPhoneを「復元」することにより、ダウングレードすることが可能です。
  • iTunesを最新版にアップデートする
  • iPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続する
  • 必要に応じてiPod/iPad/iPhoneの中身をパソコンにバックアップする
  • iTunesのデバイスの「概要」タブを開き、[SHIFTキー](Windowsの場合)/[OPTキー](Macの場合)を押しながら「復元」をクリックする。
  • すると、どのソフトを使って復元するかを入力する画面になるので、希望のiPod/iPad/iPhoneソフトウェアを指定する。
過去にiPod/iPad/iPhoneをアップデートする時にネットワークからダウンロードしたiPod/iPad/iPhoneソフトウェアは、「○○○○.IPSW」といったファイル名で、下記のフォルダに格納されています。
Windows8, Windows7, Vistaの場合は
C:\Users(または[ユーザー])\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPod Software Updates または iPad Software Updates または iPhone Software Updates
Windows XPの場合は
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Apple Computer\iTunes\iPod Software Updates または iPad Software Updates または iPhone Software Updates
Mac OS Xの場合は
/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/iTunes/iPod Software Updates または iPad Software Updates または iPhone Software Updates

上で示した[Application Data/AppData]フォルダは隠しフォルダとなっているため、パソコンを購入した直後の状態では表示されません。 ここを表示するには、エクスプローラーの設定を変更する必要があります。
復元を行うと、iPod/iPad/iPhoneの中のすべてのデータは消去され、工場出荷時の状態になります。 また、ダウングレードができるiPod/iPad/iPhoneのモデル/バージョンは限られています。 すべてのiPod/iPad/iPhoneが、ここに示した方法でダウングレードできるわけではありません。 さらに復元時には、iTunesはアップル社のサーバーに認証を取りに行きますが、アップル社は古いiOSソフトウェアの認証を逐次終了しており、このような場合はダウングレードできません。 最近ではこの認証の終了時期が早まっており、新iOSリリース後数週間で、それまでのiOSへのバージョンダウンが出来なくなることも多いようです。

iPod/iPad/iPhoneソフトウェアをネットから入手する


IPSW Downloaderというサイトでは、 iPod/iPad/iPhone/Apple TVのiOSソフトウェアがダウンロードできます。 過去にアップルから公開されたiOSの各バージョンがそろっています。
なお、iOS8.0.0のiPhone 6 / 6 Plus用ソフトウェアは、 アップルのサイト からダウンロードできます。