文字の編集&カット&コピー&ペースト

ここでは、ソフトウェアキーボードの操作方法のうち、特に文字の編集&カット&コピー&ペーストの方法をまとめました。 下記も併せてご覧ください。

文字の編集&カット&コピー&ペースト

iPhone 文字の編集
文字を編集したいときは、入力した文字列を長押しします。 すると「拡大鏡」が表示されるので、ドラックしてカーソルの位置を変えます。 移動したカーソルの位置から、挿入や削除が可能です。
文字を削除するときは、 BackSpace をタップします。カーソルの左の文字が削除されます。
iPadシリーズの場合
iPadシリーズの場合は2本指で画面をなぞると、カーソルの位置を直感的に移動することができます。 画面全体がタッチパッドとして機能します。
iPhone 文字列の選択(1)
メモや入力中のメールなど、編集可能な文字列については、任意の文字をタップすると「選択」または「全選択」が選べます。 「選択」を選ぶと範囲指定の画面になります。
または文字列をダブルタップすると、いきなり範囲指定を行うことができます。
iPhone 文字列の選択(2)
これが範囲指定の画面です。現在選択されている範囲の前後に丸印のマーカーが表示されています。
iPhone 文字列の選択(3)
丸印のマーカーをドラッグすると、選択範囲を変更することができます。 思い通りの選択範囲が指定できたら指を離し、「コピー」をタップすると、選択範囲が「クリップボード」と呼ばれる見えない領域に保存されます。
iPadシリーズの場合
iPadシリーズの場合は2本指で画面をなぞると、選択範囲を直感的に選択することができます。
iPhone ペースト
「クリップボード」に文字列がコピーされているときに、任意の文字をタップすると、「選択」「全選択」に加えて「ペースト」が選べます。
ここで「ペースト」を選ぶと、現在のカーソル位置に、先ほど「クリップボード」にコピーした文字列が挿入されます。
iPhone カット/置き換え
「クリップボード」に文字列がコピーされているときに、任意の文字をダブルタップすると、「カット」「コピー」「ペースト」「置き換える...」が選べます。
「カット」を選ぶと、選択範囲が削除され、それが「クリップボード」にコピーされます。
日本語を選択しているときに「置き換える...」をタップすると、この後に入力する文字列で、現在の選択範囲が置き換えられます。
iPhone 英文を選択しているときに「置き換える...」をタップすると、入力した綴りに近い、推奨される候補がリストアップされます。スペル訂正ができます。
iPhone カット&コピー&ペーストは、対応しているアプリ間であれば自由に行えます。 Safariサファリ で開いているwebページの記事を、 Notesメモ や Mailメール にコピーすることもできます。 (iPhone OS 3.0以降)
受信したメールやwebページの記事など、編集ができない画面で文字列を長押しすると「コピー」のみが選べます。

シェイクでキャンセル

iPhone 文字入力や編集を取り消すには、iPod/iPhoneを振ればOKです。 このような画面になり、「取り消す」を選べば取り消されます。
「シェイクでキャンセル」は文字入力に限らず多くのアプリで共通です。 最後の操作を取り消したいときはiPod/iPhoneを振ってみて下さい。
なお、iPadの場合は キーをタップして数字入力モードに切り替えると キーが現れるので、これをタップします。

文字の修飾、辞書の参照、スペル訂正

iPhone 文字列を選択し、 をタップすると、 、「辞書」・・といったボタンが表示されます。 これらを使うと文字の修飾、辞書の参照ができます。
iPhone 「辞書」ボタンをタップすると、選択している単語について、内蔵辞書で意味を調べることもできます。
iPhone ボタンをタップすると、文字の修飾メニューが表示されます。
ここで 「ボールド」をタップすると太字に、「イタリック」は斜体に、「アンダーライン」で下線がつきます。
iPhone 「ボールド」「イタリック」「アンダーライン」をすべて設定すると、このようになります。

もっと文字入力の方法/キーボードの使い方を知りたい