Spotlight:iPhone全体を串刺し検索

iPod/iPad/iPhone内のすべてのデータを串刺し検索できる機能:Spotlightが搭載されています(iPhone OS 3.0以降)。 さらにiOS8以降では、ここからWikipedia、ニュース、お店などのスポット情報、iTunes/App Storeなどのコンテンツの検索、映画情報の検索までできます。
Spotlight:iPhone全体を串刺し検索の呼び出し方
iOSバージョン 呼び出し方
iOS10以降 ホーム画面の中央部を上から下へドラッグ
iOS9 ホーム画面の第一ページを右方向にフリック/ホーム画面の中央部を上から下へドラッグ
iOS7/8 ホーム画面の中央部を上から下へドラッグ
iOS6以前 ホーム画面の第一ページを右方向にフリック/ホーム画面の第一ページでホームボタンを1回クリック/ホーム画面の第二ページ以降でホームボタンを2回クリック
iPhone 各iOSに従った呼出し操作をすると、Spotlightの画面が現れます。 「検索」と書かれているところをタップすると、iPhone全体の串刺し検索ができます。
ここにSiriのお勧めを表示させたくない時には、 設定(設定)-(一般)-[Spotright検索]で、[Siriの検索候補]をオフにします。
iPhone iOS10からは通知センターと統合されています。 ホーム画面の第一ページを右方向にフリックすると通知センターが表示され、一番上にSpotlight検索ボックスがあります。
何を検索対象とするかは、 Settings(設定)の[一般]-[Spotlight検索]で設定できます。
iPhone メールや電話のウィジェットを有効にすれば、よく使う項目、最近メールをやり取りした人が表示されます。 ワンタッチでその人へメール、電話などができます。