緊急SOSの使い方

「緊急SOS」を使用すると、Sleep/Wakeボタンを5回連打したときに「警察(110)」、「海上保安庁(118)」、「消防(119)」に緊急電話をかけることができます。 また(ヘルスケア)アプリの「メディカルID」に登録した緊急情報を見ることができます(iOS11以降)。
緊急SOSの画面は誰でも呼び出すことができます。 自分が緊急事態に直面した場合はもちろん、近くで急病で倒れた人がiPhoneに設定している血液型を確認したり、緊急連絡先に連絡を取ってあげることもできます。
なお「緊急SOS」機能があるのはiPhoneのみです。通話機能を持たないiPod/iPadにはありません。

緊急SOSの設定

iPhone 「緊急SOS」の設定は Settings(設定)-(緊急SOS)画面で行います。
「“ヘルスケア”で緊急連絡先を設定」をタップして、(ヘルスケア)アプリの「メディカルID」を設定しておきましょう。

緊急SOSの使い方

iPhone 緊急事態に直面したら、ロック画面のままiPhone側面のSleep/Wakeボタンを素早く5回連打します。 するとこのような画面になります。
「メディカルID」を右にスライドすると、(ヘルスケア)アプリの「メディカルID」が表示されます。 ここから「メディカルID」に登録した緊急連絡先を呼び出すことができます。
「緊急SOS」を右にスライドすると・・・
iPhone このような画面になります。 「警察(110)」、「海上保安庁(118)」、「消防(119)」に緊急電話をかけることができます。
iPhone なお、一度「緊急SOS」画面を呼び出すと、以降はTouchID(指紋認証)によるログインはできなくなります。 必ずパスコードによるログインが必要です。 これにより、他者によって強制的に自分の指を使ってiPhoneにログインさせられることが無くなります。
一度パスコードによるログインを行えば、それ以降はまたTouchIDが使用できるようになります。