「メッセージ」アプリの初期設定

ここではメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の初期設定の方法を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。

iMessageサービスにサインイン

最初にApple IDを使って、アップルの提供する"iMessage"サービスにサインインします。 ここで使用するApple IDは、iCloudやiTunes/App Storeのサインインに使っているものと異なっても構いません。 複数のApple IDを持っている人は、個別に使い分けることができます。
事前準備
メッセージを利用するには、モバイルデータ通信または無線LAN接続とEメール、そして連絡先(電話帳)の設定が必要です。 メッセージを開始する前に、まずこれらを設定しておいてください。
(ただしEメールについては、パソコンに受信環境があるだけでもOKです。)
Apple IDの入力
iPad iPhone Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)画面を開き、 「iMessageにApple IDを使用」と書かれているところをタップすると、Apple IDの入力画面になります。
または初めて iMessage/SMS/MMS(メッセージ) アプリを起動すると、このようになります。
あなたのApple ID(=メールアドレス)とそのパスワードを入力します。 そして「サインイン」をタップしてください。
サインインできない!?
なんらかの不具合で「サインインできませんでした」とエラーになることがあります。 Apple IDとパスワードが正しいのにエラーになってしまうときは、まずは何回か「サインイン」をタップしなおしてみてください。 何度やってもダメなら、iPod/iPad/iPhoneを初期化(復元)してみてください。
「アクティベート中です・・・」の表示が消えない
この場合、以前iPhone手放したときに、過去のiPhoneの電話番号とApple IDのひも付けが解消されていないのかもしれません。 iPhoneの使用をやめるときの注意を参考にして、ひも付けを解消してください。
宛先として使用する電話番号/メールアドレスの登録
iPad iPhone つづいてあなたがメッセージの受信に使用する電話番号/メールアドレスの登録を行います。 自動的にApple ID、iCloudメール、iPhoneの電話番号が選択されています。 画面右上の「次へ」をタップするだけでOKです。
家族や友人からメッセージを送信してもらうときは、宛先として、ここに登録した電話番号/メールアドレスのいずれかを使ってもらいます。
なお、このアドレスは、後から Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[送受信]画面で追加/削除が可能です。

「メッセージ」の初期設定

iPad iPhone Settings(設定)- iMessage/SMS/MMSで、各種設定ができます。 「iMessage」と「SMSで送信」を タッチパネル:ON(オン) にしましょう。
MMSを使用する
iPhone iPhoneの場合、携帯電話会社(キャリア)からMMSのメールアドレスをもらっているときは、MMSを使用することができます。 「MMSメッセージ」を タッチパネル:ON(オン) にし、「MMSメールアドレス」欄に、携帯キャリアからもらったMMSアドレスを入力します。
「件名欄を表示」の タッチパネル:ON(オン) でMMSの件名が、「文字数」の タッチパネル:ON(オン) で作成中のSMS/MMSメッセージの文字数カウンタが表示されます。
保存期間の設定
iPad iPhone テキスト、オーディオメッセージそれぞれに保存の 有効期限 を指定することもできます(iOS8以降)。 テキストは「メッセージを残す」欄で、オーディオは「有効期限」欄で指定できます。

「メッセージ」の送受信に使う電話番号/メールアドレスの指定

受信に使用する電話番号/メールアドレスの指定
iPad iPhone Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[送受信]の 「iMessage着信用の連絡先情報」欄で、 あなたがメッセージの受信に使用する電話番号/メールアドレスが指定できます。 ここで、iMessageへのサインイン時に指定したものを変更できます。 送信相手には、ここで設定した電話番号/メールアドレスでメッセージを送ってもらうようにお願いします。
送信に使用する電話番号/メールアドレスの指定
iPad iPhone Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[送受信]の 「新規チャットの発信元」欄で、 あなたがメッセージの送信に使用する電話番号/メールアドレスが指定できます。 iMessageは、送信者のアドレス別に「スレッド」管理されます。 もし、あなたが複数のiOSデバイスを持っているときは、全ての発信元を同じにしておかないと、受信した人には、同じ名前の送信者からの複数のスレッドが生成されてしまいます。
相手が送信に使用した電話番号/メールアドレスの確認
iPad iPhone 相手がどの電話番号/メールアドレスを使って送信したかを調べるには、メッセージを受信したらすぐ、 iMessage/SMS/MMS(メッセージ)のスレッドを開き、 送信者の名前の右端にある をタップします。
iPad iPhone すると「詳細」画面が表示されるので、その人の名前をタップすると「連絡先」情報が表示されます。 ここで「最近使った項目」とマークされている電話番号/メールアドレスが、そのスレッドで相手が送信に使用したものを示しています。

iPhoneのSMS/MMSをiPod/iPad/Macで送受信する

iPhone iPhoneの場合は、iPhoneに届いたiMessage/SMS/MMSを、あなたがお持ちの 別のiPod/iPad/iPhoneでも送受信 することができます(iOS8以降)。
これを設定するには、 Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[送受信]画面で「iMessageにApple IDを使用」をタップしてサインインしたうえで、
Settings(設定)- iMessage/SMS/MMS(メッセージ)-[SMS/MMS転送]を選びます。
iPhone あなたが同じAppleIDでiMessageにサインインしているデバイスのリストが表示されます。 iMessage/SMS/MMSを送受信したいデバイスを タッチパネル:ON(オン) にします。
iPhone するとこのような画面になります。 一方、選択したデバイスの画面を見ると・・・
iPad このように6ケタのコードが表示されています。 これを先ほどのiPhoneの画面で入力してやればOKです。 以降、iPhoneに届いたSMS/MMSはそのデバイスでも送受信できます。

メッセージの着信音の設定

メッセージの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 この方法については、 着メロの入手/設定方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。

メッセージの着信通知の設定

「通知センター」を使うと、メッセージが到着したときの通知方法を指定することができます。 この方法については、 着信通知の設定変更:通知センターの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい