「メッセージ」に効果を付ける方法

自分と相手がともにiOS10以降にバージョンアップしている場合、「メッセージ」にいろいろな効果を付けることができます。 ここではメッセージ(iMessage/SMS/MMS)に効果を付ける方法を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。

「メッセージ」にアイコンで返信する:Tapbackの使い方

急いでいるとき、手が離せないとき、 など、6種類のアイコンで簡単に返信することができます。 これをTapbackと呼びます(iOS10以降)。
iPad iPhone 受信したメッセージを長押しすると、このような画面になります。 お好みのアイコンをタップします。
iPad iPhone するとアイコンが相手にも送信されます。 相手の画面のメッセージにもアイコンが付加されます。

「メッセージ」のふきだし表示に効果を付ける

メッセージのふきだし表示にアニメーション効果を付けることができます(iOS10以降)。
iPad iPhone メッセージ送信時に表示される (送信)ボタンを強く押します。
iPad iPhone するとこのようなアニメーション効果のメニューが表示されます。 選べるアニメーション効果は「スラム(SLAM)」「ラウド(LOUD)」「ジェントル(GENTLE)」「見えないインク(INVISIBLE INK)」の4種類です。 各メニューをタップすると効果が確認できます。 「スラム」はたたきつけるような効果、「ラウド」は叫んでいるような効果、「ジェントル」は最初小さな文字で表示される、控えめな効果、「見えないインク」は相手がそのメッセージをタップするまで隠されます。
iPad iPhone 効果を選んだら、 (送信)ボタンをタップすると送信されます。
なお、相手がiOS9以前の場合は、メッセージとともに効果の名称が送信されるだけです。

「メッセージ」の背景に効果を付ける

メッセージの背景にアニメーション効果を付けることができます(iOS10以降)。
iPad iPhone メッセージ送信時に表示される (送信)ボタンを強く押します。
iPad iPhone アニメーション効果のメニューが表示されるので「スクリーン」をタップします。 すると背景に付けるアニメーション効果が選べるようになります。 図は「風船」の例です。
iPad iPhone 画面を左右にフリックすると効果の切り替えができます。 選べる効果は全部で9種類(iOS10以前は5種類)あります。効果を選んだら、 (送信)ボタンをタップすると送信されます。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい