ベッドタイムの使い方:iPhoneで睡眠時間管理

iOS10から搭載された「ベッドタイム」を使うと、毎日同じ時間に就寝、起床することを手伝ってくれます。そして(ヘルスケア)アプリと連携して、あなたの睡眠時間の管理・解析を行ってくれます。 ここではiPod/iPad/iPhoneのベッドタイムの使い方を紹介します。
なお、iPod/iPad/iPhoneの時計機能全般については時計の使い方で紹介しています。併せてごらんください。

ベッドタイムの初期設定

アイコンをタップして、時計を起動しましょう。
iPad iPhone 画面下の(ベッドタイム)をタップすると、このような画面になります。 「開始」をタップすると初期設定が始まります。
iPad iPhone まずは起床時間の設定です。 時刻が書かれたドラムを上下にフリックすると、目覚ましアラームの鳴る時間が指定できます。 設定したら右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone つぎは目覚ましアラームの鳴る曜日の設定です。 アラームを鳴らしたくない曜日をタップします。 設定したら右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone つづいて睡眠時間の設定です。iPhoneのおすすめは8時間ですが・・・・ 設定したら右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone つぎは就寝時刻が近づくと通知されるリマインダーの通知時間の設定です。 設定したら右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone 以上で初期設定は完了です。右上の「保存」をタップします。 あとは就寝時刻のリマインダーに従って就寝し、目覚ましアラームに従って起床すればOKです。 iPod/iPad/iPhoneの操作時間をもとに就寝時間を判断し、(ヘルスケア)アプリであなたの睡眠時間の管理・解析を行ってくれます。

就寝時刻のリマインダー

iPad iPhone 就寝時刻が近づくと、このようなリマインダーが届きます。ベッドに向かいましょう。

設定の変更

iPad iPhone ベッドタイムの設定後、画面下の(ベッドタイム)をタップすると、このような画面になります。 タッチパネル:ON をタップすると、ベッドタイムをオン/オフできます。一時的に就寝時刻のリマインダー/目覚ましアラームを止めることができます。
左上の「オプション」をタップすると・・・
iPad iPhone ベッドタイムの設定画面になります。設定を変更したら右上の「完了」をタップします。

睡眠分析

iPhone iPhoneの場合は、ベッドタイムの画面を上にドラッグすると、最近1週間の睡眠時間が棒グラフで表示されます。 「その他の履歴」をタップすると・・・
iPhone (ヘルスケア)アプリが起動して、睡眠分析の画面が開きます。 最大過去1年の睡眠時間、起床時間、平均睡眠時間を見ることができます。

もっと時計のことを知りたい