アラーム(目覚まし時計)の使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneのアラーム(目覚まし時計)の使い方を紹介します。
なお、iPod/iPad/iPhoneの時計機能全般については時計の使い方で紹介しています。併せてごらんください。

アラーム(目覚まし時計)

アイコンをタップして、時計を起動しましょう。
iPad iPhone 画面下の(アラーム)をタップすると、このような画面になります。
画面右上の「+」をタップすると、新しいアラームを追加することができます。
なおiPod nanoにはアラームの機能はありません。
アラームの追加
iPad iPhone これが新しいアラームの追加画面です。
時刻が書かれたドラムを上下にフリックすると、アラームの鳴る時間が指定できます。 その他各種オプションを設定したら、画面右上の「保存」をタップするとアラームが設定されます。
ここで指定する時間は、iPod/iPad/iPhoneのメインクロックに依存します。 海外旅行に持って行くと、現地時間で動作するようになります。
曜日の指定
iPad iPhone 新しいアラームの追加画面で「繰り返し」をタップするとこの画面になります。
アラームを有効にする曜日を選択することができます。 決まった曜日に繰り返し鳴らしたい場合は、ここを指定します。 ここを指定しないと、1回きりのアラームとなります。
アラーム音の指定
iPad iPhone 新しいアラームの追加画面で「サウンド」をタップするとこの画面になります。 アラームで鳴らすサウンドを選択することができます。
「曲」欄で「曲を選択」をタップすると、iPod/iPad/iPhoneに転送済みの音楽をアラーム音として選ぶことができます(iOS6以降)。
iPod/iPad/iPhoneにオリジナルの着メロを登録していると「曲」の下にある、内蔵サウンドリストの先頭部分に表示されます。 「通知音を追加購入」をタップすると、iTunes Storeから、着信音/着メロをダウンロード購入することができます。 詳しくは着メロの入手/設定方法のページをご覧下さい。
アラームに名前をつける
iPad iPhone 新しいアラームの追加画面で「ラベル」をタップするとこの画面になります。
このアラームに、好きな名前をつけることができます。
iPad iPhone すべての設定を終えて、新しいアラームの追加画面で、右上の「保存」をタップするとこの画面になります。 各アラームの タッチパネル:ON をタップすると、個別にアラームをオン/オフできます。
画面の左上の「編集」ボタンをタップすると、アラームの編集画面になります。
iPhone アラームが設定されていると画面右上のバッテリ残量マークの横に時計のマークが表示されます。
iPad iPhone これがアラームの編集画面です。
アラーム名をタップすると、アラームの設定画面を呼び出すことが出来ます。 あとから設定を変更することが出来ます。
アラーム名の左の をタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとそのアラームを削除できます。

アラームをバイブレーションだけにする方法


アラームの設定画面で「サウンド」を開き、サウンドを「なし」に、バイブレーションを任意のものに選択すると、アラームをバイブレーションだけで鳴動させることができます(iOS9以降)。 なお、サウンドを設定していると、ヘッドフォンを接続したり、サイレントモードにしていても内蔵スピーカから音が出てしまいます。注意してください。 また、iOS8以前では、サウンドを「なし」にすると、今度は音が出ないだけでなくバイブレーションもしてくれませんでした。こんな時は「無音」の着メロを作成して、それを選択します。
当サイトでは「無音」の着メロを配布しています。 ここを右クリックして「muon.zip」をダウンロードし、解凍すると「無音.m4r」というファイルが得られます。 これをiTunesの「着信音」画面にドラッグ&ドロップしてください。 iTunesの「着信音」の扱いについては着メロの入手/設定方法のページをご覧ください。
なお、iPad/iPod touchにはバイブレーションは内蔵されていません。

もっと時計のことを知りたい