iPhoneのカレンダーを同期する

ここではiPod/iPad/iPhoneのカレンダーを相互に同期したり、GoogleCalenderやOutlookと同期する方法を紹介します。 なお、カレンダーの使い方全般についてはカレンダーの使い方をご覧ください。

カレンダーの同期

iPhone
iPod/iPad/iPhoneのカレンダーは、iTunesを介して、パソコンにインストールされたカレンダーソフトと同期をとることができます。 Macユーザーの場合、iCalまたはMicrosoft Entourageと、 また、Windowsユーザーの場合は、Microsoft Outlook(2003以降)と同期することができます。
この同期は、iTunesから設定します。 パソコンにiPod/iPad/iPhoneを接続し、iTunesの[情報(タッチパネルモデル)]/[連絡先(クリックホイールモデル)]の画面から、同期を指定することができます。 しかし、オンラインの各種ネットワークカレンダーサービスを利用すると、わざわざパソコンとiPod/iPad/iPhoneを接続しなくても、常に双方で同じカレンダーを参照/更新することも可能になります。 以下ではこの方法をご紹介します。

クラウドカレンダーの同期

インターネット接続機能のあるタッチパネルモデルでは、下記のようなネットワークカレンダーサービスを使うことができます。 ネット経由で直接web上のカレンダーとiPod/iPad/iPhoneのカレンダーを同期します。

iCloudを使う方法


iCloudとは、iPod/iPad/iPhoneユーザーのためにアップル社が提供する無料のクラウドサービスです。 これはアップル社が準備する巨大なデータセンターにiPod/iPad/iPhoneユーザーのデータを格納し、ネットワーク経由で共有するものです。 iOS5.0以上にアップデートしたiPod/iPad/iPhoneユーザーであれば誰でも無料で利用可能です。 パソコンとiPod/iPad/iPhoneでいつでも同じカレンダーを参照/更新することができます。 詳しくはiCloudの使い方のページをご覧下さい。

Google Calenderを使う方法


検索エンジンで有名なGoogleが提供する、無料のカレンダーサービス:Google Calendarを利用すると、 パソコンとiPod/iPad/iPhoneでいつでも同じカレンダーを参照/更新することができます。

音楽/ビデオとカレンダー/住所録を、別のパソコンで同期する

タッチパネルモデルは、「音楽/ビデオ」などのコンテンツと「カレンダー/住所録」などの情報を、別々のパソコンから同期することができます。 たとえば、音楽/ビデオは自宅のパソコンから同期し、カレンダー/住所録はオフィスのパソコンから同期することも可能です。 これには、まず最初に自宅のパソコンでiPhone/iPodをセットアップし、「情報」タブ以外のタブの設定を行います。 つづいてオフィスのパソコンにiPhone/iPodを接続し、「情報」タブのみ設定を行います。 こうすれば、あとは自宅のパソコンに接続するたびに音楽/ビデオ等が更新され、 オフィスのパソコンにに接続するたびにカレンダー/住所録等が更新されるようになります。

もっとカレンダーのことを知りたい