公開カレンダー(calDAV)を使う

iPod/iPad/iPhoneのカレンダーは、各国の祝日や特定のイベント情報など、ネット上で公開されているCalDAV形式の各種カレンダー情報を取り込むことが可能です。 なお、カレンダーの使い方全般についてはカレンダーの使い方をご覧ください。
iPad iPhone アップルのサイトでは、Mac OS向けに各種のCalDAV形式カレンダーファイルを公開しています。 世界各国の祝日やスポーツイベント、日の出日の入り、月齢カレンダーなどなど、いろいろ興味深いカレンダーがあります。 (日本の祝日はiOS7.1からiOSに内蔵されています)
iPod/iPad/iPhoneでSafari(サファリ)を起動して、このなかから取り込みたいカレンダーを選びます。
iPad iPhone 画面を拡大して「Download」ボタンをタップします。
iPad iPhone しばらく待つとこのようになります。「照会」をタップします。
iPad iPhone しばらく待つとこのようになります。「完了」をタップします。 以上で設定は終了。カレンダーを開くと取り込んだイベントが登録されています。
iPad iPhone calendar icon をタップしてみましょう。 「照会」欄に追加したカレンダーが見えているのが分かります。
ここで任意のカレンダー名の右端にある をタップすると・・・
iPad iPhone この様な画面になります。特定のカレンダーの表示色を変更することができます。
なお、Googleカレンダーにも世界の休日などを追加することができます。この方法は、 Gmailの設定方法:メール、カレンダー、メモを同期するをご参照ください。
照会したカレンダーの削除
iPad iPhone ネットなどから追加したカレンダーが不要になったときは、 Settings(設定)の[メール/連絡先/カレンダー]-[照会したカレンダー]-[(カレンダー名)]を選ぶと表示されるアカウントの設定画面で「アカウントを削除」をタップします。

もっとカレンダーのことを知りたい