パブリック・ベータ版iOSのインストール/削除方法

無料のApple Beta Software Programに参加すると、誰でもリリース前の最新iOSを試すことができます。 ここではパブリック・ベータ版iOSのインストール/削除方法を紹介します。
なお、このApple Beta Software Programは2015年7月より開始されました。

iOS Developer Programとの差異

アップルは、開発者向けに有料の「iOS Developer Program」を準備しています。 このiOS Developer Programからダウンロードできる開発者向けベータ版iOSと、無料のパブリック・ベータ版iOSでは、下記のような差異があります。
  • リリース時期がパブリック・ベータ版のほうが遅い
  • パブリック・ベータ版は「初期化(復元)」が出来ない
また、パブリック・ベータ版と開発者向けベータ版は全く同じソフトではないようです。

Apple Beta Software Program利用の注意事項

ベータ・ソフトウェアは商用リリースではないため、エラーや不具合が発生したり正しく機能しなかったりする可能性があることにご注意ください。 メインデバイスや本番用のデバイスにはインストールしないことをお勧めします。 また、ベータ・ソフトウェアの利用にはAppleとのNDA(秘密保持契約)が含まれるので、取扱いには注意が必要です。 自分が直接管理していないシステムやほかのユーザと共有しているシステムにベータ・ソフトウェアをインストールすることや、スクリーンショットを公開または投稿すること、 ベータ・ソフトウェアに関する情報を Twitter などのサービスで公開すること、Apple Beta Software Program の参加者以外の人にベータ・ソフトウェアの話をしたりその画面を見せたりすることなどは禁止されています。
また、ベータ版には各種デバッグコードが含まれているため、正式版より処理速度が低下しています。 バージョンによっては消費電力が多いこともあります。 そしてiTunesを使った「復元」ができません。 iPod/iPad/iPhone本体での「リセット」ができるのみです。 復元するには、 リカバリモードにして過去のバックアップを使う 必要があります。 iTunesを使ったベータ版バージョンアップもできません。
なお、有料の「iOS Development Program」へ参加すれば、いつでも開発者向けベータ版を入手して自分のiPod/iPad/iPhoneにインストールして試すだけでなく、アプリの開発・公開も可能になります。

Apple Beta Software Programに参加する

無料のパブリック・ベータ版iOSを使うには、まず最初に「Apple Beta Software Programに参加」します。
iPhone まずはApple Beta Software ProgramにApple IDを登録します。 Apple Beta Software Programのページを開くとこのようになります。 画面をスクロールすると・・・
iPhone 「登録」というボタンがあります。これをタップします。
iPhone するとこのようになります。Apple IDとパスワードを入力し「Sign In」をタップします。
iPhone つづいてこのような画面になります。 画面をスクロールすると・・・
iPhone 「承諾」ボタンが現れるので、これをタップします。 これでApple Beta Software Programへの参加は完了です。 つづいてiOS Beta Software Profileのインストールへ進みます。 まだパブリック・ベータ版iOSが公開されていないときは、アップルから新しいベータ版iOS公開のニュースが届くのを待ちます。

iOS Beta Software Profileのインストール

最新のパブリック・ベータ版が公開された直後は、混雑などで、ベータ版ダウンロードの各ページでエラーが起きることがあります。 こんな時はネットのすいている朝などにやり直すか、何度かブラウザの最新の情報に更新(最新の情報に更新)ボタンを押してください。
iPhone パブリック・ベータ版iOSを使用するには、最初に一度「iOS Beta Software Profile」のインストールが必要です。 SafariでApple Beta Software Programのページを開きます。
なお、ベータ版iOSは不具合を含んでいる可能性があります。また初期化はバックアップからしかできなくなります。 インストール前に、iPod/iPad/iPhoneのバックアップを取っておくことをお勧めします。
iPhone 画面をスクロールするとこのようになります。 まだ登録していないときは「登録」をタップし、Apple Beta Software Programに参加するの手順に従って登録します。 すでに登録済みの場合は「サインイン」をタップします。
iPhone 「サインイン」をタップすると、このようになります。Apple Beta Software Program参加時に登録したApple IDとパスワードを入力し「Sign In」をタップします。
iPhone 「登録」が終わるか「サインイン」するとこのような説明のページとなります。 ベータ版iOSを使うに当たっての説明や注意点が書かれているのでよく読みましょう。 画面をスクロールすると・・・
iPhone 「お使いのiOSデバイスを登録」というリンクがあるので、これをタップします。
iPhone このようになります。 画面をスクロールすると・・・
iPhone 「プロファイルをダウンロード」というリンクがあるので、これをタップします。 またはSafariで直接https://beta.apple.com/profileのページを開いても構いません。
なお、プロファイルのダウンロードとインストールは何度実行しても問題ありません。 うまくいかなかったと思ったら、再試行してください。
iPhone Apple WatchとペアリングしているiPhoneの場合は、このような画面になります。 Apple Watch / iPhoneのどちらのパブリック・ベータをインストールするかを選択します。 両方ともパブリック・ベータにしたいときは、この画面を2回呼び出して、両方インストールします。 (ただし、通常Watch OSはパブリック・ベータ版は公開されていません)
iPhone このようになります。 画面右上の「インストール」をタップします。
なお、この画面で「詳細」をタップすると、インストールされるプロファイルの詳細を読むことができます。
iPhone 本体にパスコードを設定していると、このような画面になります。 パスコードを入力します。
iPhone つづいてこのようになります。ベータ版iOSの使用許諾書です。 画面右上の「インストール」をタップします。
iPhone つづいてこのようになります。 画面下の「インストール」をタップします。
iPhone プロファイルのインストールが完了します。 場合によってはこのように「再起動が必要です」と表示されます。このときは「再起動」をタップします。
これで「iOS Beta Software Profile」のインストールは完了です。 このプロファイルを削除しない限り、永遠に最新のパブリック・ベータ版iOSのインストールが可能です。
インストールされたプロファイルの内容確認と削除は、 設定(設定)-[一般]-[プロファイル]画面(iOS)、 設定(Watch)-[マイウオッチ]-設定(設定)-[一般]-[プロファイル]画面(WatchOS)、 から行います。

パブリック・ベータ版iOSのインストール

プロファイルのインストール完了後、しばらく(数十分から数時間)待つとパブリック・ベータ版iOSのインストールが可能になります。 ここから先は通常のiOS/WatchOSのバージョンアップの手順と同じになります。 ただしiTunesからのインストールはできません。iPod/iPad/iPhone本体の[ソフトウェア・アップデート]画面からのみ可能です。
iPhone パブリック・ベータ版iOSのインストールが可能になると「設定」アイコンに のようにバッジがつきます。
設定(設定)-[一般]-[ソフトウェア・アップデート]画面(iOS)、 設定(Watch)-[マイウオッチ]-設定(設定)-[一般]-[ソフトウェア・アップデート]画面(WatchOS)、 を開いて「ダウンロードとインストール」をタップすればインストールが始まります。
今後、ベータ版がアップデートされるたびに、通常のソフトウェア・アップデートと同様の手順でインストールできます。
なお、パブリック・ベータ版iOSには限定の壁紙が内蔵されています。 Settings(設定)-[壁紙]-[壁紙を選択]-[静止画]から選んで楽しんでください。

不具合・バグ情報をアップルに報告する

パブリック・ベータ版iOSには、不具合・バグ情報をアップルに報告できるFeedbackアプリ(フィードバックアシスタント)が搭載されています。 不具合やバグ、使いづらいと思うところを発見した場合はアップルに報告しましょう。 あなたの投稿が、より良いiOSの開発につながります。

ベータ版の使用をやめる/最終版(正式版)iOSのインストール方法

パブリックベータ版の使用をやめて、最終版(正式版)iOSをインストールするには、リカバリ・モードを使います。
iPhone 設定(設定)-[一般]-[プロファイル]画面(iOS)、 設定(Watch)-[マイウオッチ]-設定(設定)-[一般]-[プロファイル]画面(WatchOS)、 から「iOS Beta Software Profile」を削除します。
iPod/iPad/iPhoneに届く新たなパブリックベータ版へのアップグレード通知を無視して、現在使用中のベータ版が最終版として公開されるのを待ちます。
最終版が一般公開された後、iTunes上でそのデバイスをリカバリ・モードにすると、最終版がインストールされます。 詳しくは初期化(復元)・バージョンアップに失敗したとき:リカバリ・モード(DFUモード)の使い方のページをご覧ください。