iPhoneでYouTubeへアップロードする方法

iPod/iPad/iPhoneで撮影したビデオは、無料の動画共有サービスYouTube(ユーチューブ)へアップロードして世界中の人々に公開することができます。
iPhone iPod/iPad/iPhoneでビデオを撮影したら、 Photos(写真) アプリから、YouTubeへアップロードしたいビデオを選びます。
ビデオを再生中に アイコンをタップすると、このような画面になります。 表示しているビデオを、 AirDrop(エア・ドロップ)で、近くにいるiPod/iPad/iPhoneユーザーにワンタッチで送ったり、 EメールiMessage、MMSに添付して友達に送ったりできます。
YouTubeへアップロードするには、「YouTube」をタップします。
iPhone 「YouTube」をタップすると、このような画面になります。
YouTubeへアップロードするには、Gmailなどで使用する「Googleのアカウント」が必要です。 まだGoogleのアカウントを持っていないひとは、事前にパソコンで Googleのアカウントの作成のページ でアカウント(IDとパスワード)を獲得しておく必要があります。
Googleのアカウントが準備できたら、それを入力してログインしましょう。
iPhone Googleにログインすると、このような画面になります。 「許可」をタップします。
iPhone アップロードするビデオのタイトルや説明、タグ(検索キーワード)、カテゴリなどを指定します。 多くの人に見てもらうには、できるだけわかりやすく検索されやすいタイトルやタグを設定しましょう。
そして右上の「公開」ボタンをタップします。
注意:アップロードする動画は15分未満でなければいけません。これより長い動画をアップロードするには「アカウントを確認」する必要があります。
iPhone するとビデオの転送が始まります。
iPhone 数分待つとこの様な画面になり、公開完了です。世界中の人々に、あなたがiPhoneで撮影したビデオを楽しんでもらうことができます。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい