写真をアルバム別に見る/地図上に表示する

ここではiPhoneの写真アプリで、写真をアルバム別に見る/地図上に表示する方法を解説します。
アルバム
iPad iPhone (写真)のメニューから アルバムを選びます。 ここでは、写真を、アルバム(フォルダ)別に閲覧することが出来ます。
iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真・ビデオはすべて「カメラロール」に保存されます。 また写真の種類によって「ピープル(人物写真)」「ビデオ」「セルフィー(自撮り)」「パノラマ」「タイムラプス」「バースト」などにコピーが自動分類されます。
また「最近削除した項目」には削除した写真が30日間保存され、それまでであればほかのアルバムに戻すことができます。
パソコンから転送した写真も、その撮影日や撮影場所情報(あれば)に従って、iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真と同様に分類されます。 各フォルダをタップすると、写真の一覧がサムネイル(縮小)表示されます。 なお「カメラロール」は、iCloudフォトライブラリを有効にするとなくなります。

iPadの場合は、アルバムをタップまたは二本指でピンチアウトすると、アルバムの中身が一覧表示されます。 逆にアルバム一覧表示の時に二本指でピンチインすると、アルバム一覧表示になります。
「ピンチアウト/ピンチイン」などの操作方法については下記をご参照ください。
写真を地図上に表示
iPad iPhone 「撮影地」アルバムを開くと、写真を地図上に表示することができます(iOS10)。 地図は自由に拡大、縮小可能です。 どこで撮影した写真か一目瞭然です。
iPad iPhone 写真をタップすると、その写真を全画面表示できます。
全画面表示の写真を左右にフリックすると、次々と写真をめくっていくことができます。
をタップすると、この写真を「お気に入り」としてマークすることができます(iOS8以降)。 「お気に入り」というアルバムが自動生成され、そこに表示されます。
をタップすると表示中の写真の簡易編集を行うことができます。 詳しくは、iPhoneで写真を編集・加工する:Markupの使い方のコーナーをご覧下さい。
iPad iPhone 画面右上の「詳細」をタップするか、全画面表示された写真を上に向かってフリックすると、撮影場所が地図で表示されます(iOS10以降)。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい